XMTrading(XMトレーディング)リアル口座開設方法

XMTrading(XMトレーディング)リアル口座開設方法

勝ち組は海外FX口座XMTrading(XMトレーディング)

FXにチャレンジする場合、海外か日本の口座を用いるかによって大きな違いが生じます。最も大きな違いは、掛けられるレバレッジと追証なしというシステムです。国内口座は最大25倍まで、海外口座のXMは888倍までOK。すなわち、元手資金100万円ではじめるケースでは、国内口座では最高でも25倍分の取引しか出来ません。そういうわけで、XMを活用したら最高で8億8800万円分の取引可能になるということであります。それと追証なし、「ゼロカットシステム」を取り入れていますので仮に大きなマイナスが出てしまったケースでも、口座残高がマイナスになることなどありません。いちおしは、もちろんですが海外口座のXMだと思います。
口座のタイプはスタンダードがお気に入り
XM口座にはマイクロ口座、XM Zero口座(ゼロ口座)、スタンダード口座と3つのタイプがあげられます。
※いずれにしてもゼロカットシステムが採用されています
マイクロ 口座
わずかな資金でトレードOK、ということが特徴。最大レバレッジは888倍。しかしながら、スタンダード口座でも最低単価0.01Lot(100円くらい)で設定可能で、逆にマイクロ口座では最大100Lotまでしかエントリーが出来ませんので、スタンダード口座のほうがいろいろな用途にマッチしています。
XM Zero 口座(ゼロ口座)
1回のエントリーのたびに手数料を支払いスプレッドを狭くできる口座。しかしながら気を付けたいのは、この口座のケースでは、ロイヤリティプログラムというトレード毎に貰えるボーナスがないのです。それと、最大レバレッジは500倍までです。
スタンダード 口座
Zero口座(ゼロ口座)ではいただけないポイント(ボーナスに変換可能)が取引日数を重ねるとどんどん貰えます。レバレッジも最大888倍に設定OK。取引手数料がないところも多大な魅力です。

XMTrading(XMトレーディング)口座開設方法

それでは口座開設を実施して参りましょう。国内口座のケースでは、書類の郵送とかが必要になり大変ですが、海外口座開設はとてもイージーです。インターネット上で、ほんの2~3分で完了してしまうと思います。口座開設の過程はほんの3段階。
WEBサイトで必須情報の入力
確認Eメールを受信
口座登録完了Eメールを受信
そのあと、利用に際し、本人確認とトレード用ソフトのダウンロードが必要です。こっちの作業も10分くらいで終わるイージーな作業となるので安心してください。
本人確認
入金 ※省略可
MT4ダウンロード、ログイン
必要情報入力
リアル取引口座を開設する
XMTrading(XMトレーディング)オフィシャルペーシから口座開設を実施します。
情報の書き込みは、全部アルファベットでやります。
姓名
氏名は、例に倣って1番先の文字を大文字で入力します。
居住国
米国在住の場合ならXMを利用できませんが、日本在住だったら、「Japan」をチョイスしてOKです。
希望言語
表示される言語をチョイスできます。もちろんですが日本語でOKです。
電話番号
電話番号は、国際番号表記で書き込みます。ついでに申しますと、電話番号を書き込みますが、まずTELでのやりとりはやらないと思いますので、ご安心下さい。国際表記とは、先頭国番号を付け加えます。日本の国番は「81」になります。また、ケータイナンバーが「090-****-****」の時は国内通話を表す「090」の1番先の「0」を取り除いた「90-****-****」を使います。そのため、「+81-90-****-****」(※ハイフン不要)を書き込みます。
Eメール
ケータイやGmailなどのフリー電子メールアドレスも使用OK。ご希望のアドレスを書き込みください。
取引プラットフォームタイプ
ここでは、トレードに使うソフトウェアのバージョンをチョイスします。 MT4と比べてMT5のほうが新しいバージョンでありまして、ビットコインなどの仮想通貨はMT5のみでしか取引不可能になっています。現在のおススメは、MT4になります。MT5にはMT4で人気のあります機能 EA(自動売買)やインジケーターがMT5に互換できない関係で目下のところ量が多くないのが実情です。いずれ、MT5の使い手が増加して行くと考えられますが、仮想通貨の取引はやらないとすれば、MT4のほうが利便だと思われます。けれども、一番初めにMT4もしくはMT5用の口座を作成したあとからも、容易に追加口座の登録が出来るので、別バージョンにチェンジしたいケースでも対応できます。
口座タイプ
上記で述べた通り、相当な理由がないのなら、スタンダードタイプをチョイスしただいてOKです。
全部内容を書き込みしたら、「ステップ2へ進む」から次に移ります。 書き込みに於きましては、情報を書き込む順番に気をつけてください。
生年月日
日本語と逆の、日にち、月、年 の順番に書き込みます。 1950年1月3日なら「3, 1, 1950」となるのです。
住所
ルームナンバー、マンションなどのお名前、番地、市町村名、都道府県名、国名です。難しい方は、日本語アドレスを英語表記に変化するサービスが存在しますから、チェンジした後の表記をしっかりお確かめいただいた上で、利用してみてください。 JuDress(住所変換サービス)
郵便番号
郵便番号は日本語同様の順序で書き込みます。但し、ハイフンの書き込みは不必要です。
納税義務のある米国市民ですか?
米国在住じゃない場合は、「いいえ」をチョイスしてOKです。
口座の基本通貨
日本の円で取引したいケースでは「JPY」をチョイスします。そして、後ほど基本通貨をチェンジするケースでは、追加口座を開設することによって可能だと思います。
レバレッジ
まず、レバレッジは簡易に言うと「倍率」のことになります。 2万円の資金があった時、日本では最大25倍の50万円分の取引が出来て、このXMは最大888倍分の取引が可能だというわけです。レバレッジで設定した倍率が888倍のケースでは、利益、そして損出も888倍になってしまいます。因みに損出は口座から引かれるか、国内口座では追証(マイナス)になります。 XMでは、ゼロカットシステムが機能するので残高がマイナスになることはないのです。しかしながら、無茶をやり過ぎて資金が無くなり残高が0円に陥ってしまう心配も当然のことながらあると言えます。そのため、自分自身に適したレバレッジを設定するほうが良いと思います。ついでながら、登録後にレバレッジはチェンジできます。 ※XM側でアナログ変更するためいくらかの時間を要すると思われます
口座ボーナス
「はい、ボーナスの受け取りを希望します。」が良いと思います。ボーナス受け取りを希望を選ぶことがない場合、新規口座開設ボーナスや入金ボーナス等がいただけないのでお気を付けください。ついでながら、ボーナスはいただいてもいただかなくても、スプレッドが広がるなど取引には影響しません。
投資家情報
このことは、審査等に大きく影響はないと思われます。自身に該当する項目を入力して進行します。
口座パスワード
口座パスワードは、セキュリティーのハイレベルなものを設定しましょう。そして条件に記載された通り、小文字・大文字・数字の中で2つ以上を含めることが必要です。因みに、特殊文字は使用不可です。生年月日や123456789と言うような、パスワードはリスキーですのでやめた方が賢明です。
確認
まず、上段の項目です。ニュースレターでは、平日はXMウェビナーの案内や取引している商品に関するインフォメーションが来ます。無用な方はチェックを外しておきましてもいいと思います。それから、下段につきましては、きちんと自身がリスク等を理解した上で、チェックを入れます。「リアル口座開設」ボタンを押して、確認電子メールをチェックします。
受信電子メールから口座開設を完了する
「リアル口座開設」ボタンを押してスピーディーに登録した電子メールアドレスに確認電子メールが送られてきます。電子メールを開いて、「Eメールアドレスをご確認ください。」をクリックして登録完了になります。