XMTrading(XMトレーディング)のロスカット・証拠金維持率と他の海外FX業者を細部にわたって比較

XMTrading(XMトレーディング)のロスカット・証拠金維持率と他の海外FX業者を細部にわたって比較

XMTrading(XMトレーディング)のロスカット・証拠金維持率と他の海外FX業者を細部にわたって比較

海外FXにチャレンジするケースでは、どのような方でも「証拠金」や「ロスカット」という言葉を耳にした経験があると思います。将来的に海外FXをスタートしようとしている人には呪文みたいに感じている方もおられるかもしれないですね。何を隠そう、自分自身もスタートする際はそんなふうに考えていました。けれども、FXにチャレンジするならばこれらに関しましては避けて通れません。ロスカットや証拠金などベーシックな事を把握し、FX業者を選択しないと損をするケースがあります。こちらの記事では証拠金やロスカット、海外FX業者と自分自身がお勧めしているXMの比較をしていこうと考えています。基礎知識としての把握と、業者選択にお役立てください。
こちらの記事で把握できるポイント
証拠金の基礎知識
ロスカットの基礎知識
XMTrading(XMトレーディング)と海外FX業者の証拠金維持率の比較

証拠金・ロスカットとは?

それでは証拠金やロスカットに関しましてシンプルに説明したいと思います。
証拠金とはFXをする為に必要な最低限のお金
そもそも証拠金というのは、何等かを契約する時に担保ということで預けるお金のことをいいます。しかしながら、FXのケースでは担保とは少々異なります。FXはわずかな額で巨額なお金を動かすということが可能ですよね。その取引する為のベースのお金を証拠金と言うのです。そういう理由から、FXの口座を開設したら証拠金を入金しなければトレードすることは出来ません。
証拠金維持率・ロスカットとはFXで取引が可能な最低ライン
お次は証拠金維持率とロスカットに関しましてです。証拠金維持率とは、全体で取引をしている金額に対しての割合を示したものです。どういうわけでそういったものがあるかと言いますと、FXは持っているお金よりも大きい金額を扱うので、現在所持しているポジションが証拠金(口座残高)より大きくなりすぎるのを防止する目的があるからなのです。また、その割合が近くなっているのを教えてくれるのをマージンコールと言うのです。そのタイミングで入金したり、決済したりしたら良いのですが、業者が決めた証拠金維持率を割ってしまうことになればポジションを強制的に終了させる「ロスカット」がおこります。証拠金維持率もロスカットもFX業者と利用している人が損しないためにあるということですね。

XMTrading(XMトレーディング)と他海外FX業者の証拠金・ロスカット比較

証拠金とロスカットの関わりの解説を行いましたが、1社1社異なってくるのが実情なのです。これらが相違するということは、どこまで取引ができるかは業者次第ということ。 FX業者を決めるのにレバレッジや口座のタイプ、取引通貨の種類等によって決める人もいらっしゃるようですが、証拠金維持率も業者を決定する要因となります。こちらのページでは、自分自身がオススメしているXMTrading(XMトレーディング)を筆頭に、日本人に高評価の海外FX業者を比較していこうと思います。
XMTrading(XMトレーディング)
日本人に特に人気を博しているXM。インターネットサイトもサポートもすべて日本語対応といった所や最大888倍のハイレバレッジと言う点、ボーナスが豊富ことがうれしいところです。しかし、優良海外FXの中でもいくぶんスプレッドが広くなっています。 XMの証拠金維持率は20%です。自身ははじめ国内FXを行なっていたので、証拠金維持率は40%くらいだろうと考えていました。XMは国内FXでロスカット対象になる40%でマージンコールが入ります。因みに、約定速度が早いので、仮に20.00000001%で決済してもロスカットが起きることは極めて稀と言えます。スレスレまで粘るのがいいかと言われると状況次第ではあると思いますが、スレスレまで粘ることのできる海外FX業者です。
リアル取引口座を開設する
Axiory(アキシオリー)
Axioryは日本語対応で、ひところは評判のありました海外FX業者です。入金方法も多数あり、約定スピードもスピーディーです。FXビギナーにとっかかりやすい要素いっぱいの反対に、必要最低入金額が2万円という点が難点だと言えるかもしれません。この頃顔認証も必要になり、いくらかの手間暇が掛かる様になりました。証拠金維持率は20%以下でロスカット。50%でマージンコールです。
FBS(エフビーエス)
FBSは海外でもユーザの多い海外FX業者です。最大3000倍という超ハイレバレッジや初回100%入金ボーナス等々魅力的です。とっても魅力的ではありますが、日本語対応はしているものの翻訳が甘いところがあると言えます。さらに、日本円で口座開設ができなくて、国内銀行送金も行なえません。ビギナーにはそれなりの困難さがあるのかな、ということなのです。証拠金維持率は20%。海外FXの基本水準レベルです。40%の段階でマージンコールがあります。
Tradeview(トレードビュー)
Tradeviewは取引コストがとっても安いのが魅力の海外FX業者と評価されています。スプレッドが非常に狭く、多分海外FXのなかではNo1だと思います。証拠金維持率は100%。国内FXと比較しても高いです。因みに、マージンコールも100%なので、実質マージンコールがないと考えていいでしょう。それだけでなくボーナスが存在しなくて、国内銀行送金が不可能なこと、初回の最低入金額は10万円以上ということを考慮すれば、この先海外FXにチャレンジしてみようというビギナーには余りオススメできません。それとは逆に自身で計算ができて、プラスポイントとマイナスポイントに納得した上で取引できるならば有効活用が可能になる業者とも言えるでしょう。
iForex(アイフォレックス)
海外FXに於きましてとりわけ歴史がある業者がiFOREXです。初回入金は100%のボーナスがあります。しかしながら、日本人アカウントは信託保全の対象外で、MT4も非対応なのです。証拠金維持率は0%で、マージンコールが0.25%という驚きの数値となっています。良い所がとっても魅力である海外FX業者ではありますけれど、上記で述べた通り信託保全対象外、MT4非対応、自動売買不可等々のデメリットもあることから、じっくりと検討してから利用するほうが良いと思います。
GemForex(ゲムフォレックス)
GemForexは、XMと同じく日本語対応とサポートがある海外FX業者です。最大1000倍のハイレバレッジで、ボーナスもあります。かつては金融ライセンスを取得しておりませんでしたが、今では取得している業者です。証拠金維持率は20%(2018年12月10日から)。マージンコールは50%です。しかし、プラスの面はあるのですが通貨ペアがいくぶん少なめかつDD方式を採用しているので、ビギナーはやはり手を出さない方が安心だと思われます。

トータル的に何処の海外FX業者が良いか

証拠金維持率やほかの事実を比較した時、トータル的に何処の業者が望ましいかは人によってです。自分としては、トータル的に見てもXM Tradingが一番いいと思います。 NDD方式、最大888倍のレバレッジ、ロスカットは世界標準クラス、ボーナスも充実している等々長所がいっぱいだからです。