XMTrading(XMトレーディング)の口座開設から取引をする迄の過程

XMTrading(XMトレーディング)の口座開設から取引をする迄の過程

XMTrading(XMトレーディング)の口座開設から取引をする迄の過程

FXを自分自身がスタートした時に、どうすれば良いのだ?と考えるところが多くあったんです。そのことは理解じゃなく、もっぱら新しいものをスタートした時に、どこからおこなっていいのか分からないというそれでした。 XMはわりと次のステップを教えてくれるきめ細かいFX業者だと思いますが、やはりそうであってもFXビギナーにすれば不安になるケースがあると考えられます。そのことから、ぜひともこの記事を見ながらXMをするようにしてみたらいいと思います。

XMTrading(XMトレーディング)の取引する迄のひととおりの手順

XMで取引にチャレンジするのが、海外FXで将来においてイメージしている毎日を過ごしていく為のスタートだと考えられます。その理由は、取引しないと利益が生じないからだといえます。けれども、そこに行き着くまでにやらなければならないステップを紹介するのがこれらの記事になります。それではそのスタートに行く迄の大方の流れをお教えしますね!
口座開設より取引開始するまでの流れ
1 デモ口座開設をする
2 MT4をダウンロードします
3 デモ口座を試みる
4 リアル口座開設をする
5 リアル口座を有効化します(入金する)
6 MT4で取引する
まあ概ねの流れです。1つ1つしっかりと詳説して行きますので、ご安心くださいね!

口座開設から取引迄に必要な日にち
口座開設から取引までの必要時間や、それぞれを試す時間はどれほどか?というような質問を稀に受け取ります。スピーディーな人なら1〜6を3日程で終わらせられるというのが自身の考えです。のんびりといこうと思う人は1週間半程でしょうか。その期間が相違するところは、デモ口座を試みる期間とリアル口座開設で本人確認に要する期間、入金に要する期間等があるからです。
自身のお勧めは、
いち早く取引を始めたい人→1日半〜2日
早めに取引を始めたい人→3日〜4日
のんびりとXMを始めたい人→1週間〜1週間半
という期間の内容が良いのではないでしょうか。ついでに申しますと、デモ口座登録はわずらわしい!いち早くリアル口座に進みたい!というような方は1と3はスキップしてしまいましょう。
デモ口座を開設する

1:XMTrading(XMトレーディング)でデモ口座を開設する

さしあたってXMでデモ口座を開設してみましょう。デモ口座とは、XMをスタートする前に、取引を試みることの出来る口座になります。この口座を有していると、専用のプラットフォームを使って大方リアルの環境で取引する事が可能となります。「スタートから本番は不安だ」 「FXってどういったもの何でしょうか?」というような懸念を払拭できたり、開始するにあたり学習している人は不明部分が明確になったりと良い点がいっぱいあると言えます。ついでに申しますとデモ口座なので完全無料なのです。お金は掛かりませんのでご安堵を。
デモ口座開設にかける期間・時間
デモ口座開設に必要な時間はわずか1分! (文字書き込みになれていない場合でも3分程度) 海外FX(XM)スタートしてみたいと思う、どうしようかなぁと戸惑っている内に登録できちゃいます。かえって、考え込んでしまうのであればお金がかからないのでデモ口座登録してしまえ!とにかくそれからだ!という程度の短さでできてしまいます。

2:MT4をダウンロードする

デモ口座登録が済みましたら、MT4をダウンロードしましょう。 XMで使っている専用のプラットフォームです。MT4 / MT5プラットフォームウィンドウズの方は「PC対応MT4」をMacの方は「Mac対応MT4」をチョイスして下さい。 XM内のMT4紹介ページに飛ぶので、そちらのページにあります「ダウンロード」をクリックするようにしましょう。その後ダウンロードできましたら、セットアップしてプラットフォームの用意が完了します。
MT4 / MT5プラットフォーム

MT4ダウンロードにかける期間・時間

MT4のダウンロードに必要な時間ですけれども、それほどいっぱい時間はいりません。早い場合は3分ぐらいで完了します。 ※PC環境によっては時間を要する可能性もあります。しかしながら、Macユーザーの人は、がんらいMT4がWindows対応のこともありまして、文字化けしてしまうケースがあります。文字化けをしてしまった時は、10分〜30分ぐらい修正に時間がかかるということを頭に入れておいてください。

3:デモ口座を試みる

さしあたって申しましたが、デモ口座が仮想&無料であるがためにお試しでリアルな取引ができます。海外FX(XM)がどういったものかを実感しやすいようになっているのです。デモ口座を試みるには、インストールしたMT4を開いて、デモ口座開設する際に送られてきたサーバー情報とID、パスワードを使用しましてログインいたします。 ※自身はEnglishでMT4を使用しているのですが、初めのセッティングで日本語を選択すると日本語で表示されます。自らが取引したい通過ペアのチャートを表示させて、MT4のツールバーにある新規注文をクリックすると取引画面が出てきます。この取引画面(新規注文画面)に入力して、取引を実施していくのです。
容易にやり方を説明します。
取引したい通過ペアをチョイスします
どれくらいの数量を購入するか決めましょう (ロット数。1lot=10万通貨、0.1lot=1万通貨)
決済逆指値と決済指値を入力しましょう
※注文種別で「指値または逆指値注文」の時に入力します
注文種別をチョイスしてください
売るか買うかを決めてクリックしましょう!これで取引が完了します。 「わずらわしい」「買うタイミング等アドバイスして」 「売るタイミングもアドバイスして」 ……そうですよね。自分自身もそういった風に考えます。かつて、判断できなかったですもん。しかし、こちらに記載すると長くなりますので 他の記事でもっと詳細にお伝えします!

デモ口座を試みる期間・時間
デモ口座をMT4で試みるスパンは個人個人でその人その人異なってきます。4~5時間や半日でもいいですし、1〜2日でもいいです。3〜4日程度とってもいいです。自らが満足できるまで活用してみるか、これでうっすらと分かったからリアル口座を開設しよう!と思ったら次のステップに進んいきましょう!!
デモ口座を開設する
リアル取引口座を開設する
MT4 / MT5プラットフォーム

4:リアル口座を開設する

デモ口座で取引した人や、スタートからリアル口座開設を行う人等双方おいでになると思いますが、リアル口座開設はデモ口座開設と同程度くらいイージーです。いくぶん入力内容は増加しますが、面倒なことはないので、サッと登録できてしまいます。リアル口座開設に必要な期間・時間デモ口座に比べるといくぶん入力項目が増加しますが、ぱぱっとできてしまう人で5分程度。なんとなしに英語が不得手だなといった人だったら8分、必要だとしても10分程度で行なえてしまうと思います。登録後、電子メールに書かれています認証用のURL(アドレス)をクリックしまして本登録が完了です!
リアル取引口座を開設する

5:リアル口座を有効化(入金)する

リアル口座を開設したら口座を有効化しましょう。一定の金額以下だったら、有効化しないでも取引が可能ですが、出金する際には有効化の作業が必要不可欠です。後ほど行なうよりも登録時に行ってしまった方がイージーなので、先に有効化を行なうことをオススメしてます。
リアル口座を有効化するためにかかる期間・時間
リアル口座の書類提出等は意外と簡単なのですが、本人確認作業は大事な作業ですから、人力でしてるのであります 。本人確認の結果は24時間以内に電子メールが届けられます。 (自身は7時間程度で届けられました!) したがって、およそ余裕を持って1日から1日半位かかると念頭においておくようにしたいものです。

6:MT4で取引をする

6で最後ですが、3とあんまり異ならないので難解だと感じないと考えられます!リアル口座のケースでは、デモ口座で登録したIDやサーバーではなくリアル口座用のIDとサーバーが用意されているので、電子メールに届けられた情報を入力してください。取引方法は3と違いはありません。
MT4で取引をする期間・時間
これからがはじまりです!お疲れ様でした。取引する期間や時間に限定はないかと思われます!実践すれば実践しただけ自身の力になるはずです。知識をアップして着々とイメージしている人生に向かって行きましょう!

口座開設から取引開始迄が始まりの始まり

上記で述べた通り、海外FX(XM)でイメージしている人生を作っていく始まりの始まりです!実際にビギナーさんであれば難解だとイメージしてしまったり、PCに手慣れてなくて困難だと感じてしまったりするかも知れません。そういったケースでは、理解ができないことを理解できないままにしないで調べてみた方が良いと考えます。知識についてはこちらのブログで必要な情報をお伝えしていきたいと考えています。詳細な知識はいずれドンドン更新していこうと思います!