XMTrading(XM トレーディング)のパスワードを忘れた!ログインできないときはどのようにしたらOK?

XMTrading(XM トレーディング)のパスワードを忘れた!ログインできないときはどのようにしたらOK?

XMTrading(XM トレーディング)のパスワードを忘れた!ログインできないときはどのようにしたらOK?

XM Tradingにログイン出来ない!パスワードを忘れてしまった場合どのようにする?

XM Tradingにログインしようかなと思ったのにパスワードが間違っていてログインすることができない、もしくはパスワードそのもの忘れ去ってしまった、というようなトラブルは多いようです。ログイン出来なければ、取引はおろか口座残高のチェックさえ出来ません。パスワードを忘れないということが無論一番ではありますけれど、扱っているのが人間であるのなら、100%の管理ということは難しいです。そういうわけでここでは、XM Tradingにログイン出来ないときに確認すべきこと、もしもパスワードを忘れ去った際にどのようにしたらいいのかにつきまして解説していこうと思います。
さしあたってID・パスワードをよく確認する
まずは、パスワードを入力しているつもりだというのにログイン出来ないといったケースからです。ベーシックなことですけど、入力したパスワードが正しいものであるかどうかをきちんとチェックしてみましょう。 XM Tradingのログインパスワードは大文字・小文字の区別がありますから、ノートなどを目にしながら打ち込んでいるケース等にはとくに注意してチェックしましょう。それと、キーボードのCaps Lookが効いていると、普段であれば「Shift+キー」で大文字入力になるはずがその反対に小文字になってしまいます。メモ帳等のテキスト入力で正しく打てているのかをチェックするといいでしょう。因みに、XM Tradingのパスワードは口座開設する際に自身で設定するので、最初はXM Trading側からパスワードを受け取ることはないです。自身で頻繁に設定しているパスワードを持っているのであれば、それらを当たってみるというのもひとつの方法です。それと、IDを間違えていたときも、パスワードの誤入力時と同じエラーメッセージが出ますから、IDのチェックも行なっておきましょう。
ログインできない別の原因はないのか確認する
XM Tradingにログイン出来ない理由は、パスワードの誤入力の他に大きく2つあげられます。まずは一つ、XM Trading公式WEBサイトのメンテナンスの際にはログイン出来ません。 XM Tradingでは、安全な取引の為に定期的にメンテナンスをしています。原則として取引時間外の土曜日日曜日に行われていますが、内容により月曜日迄延長してしまうということがあるのです。ウェブ上で情報収集したら、メンテナンス中かそうでないのかは確認がとれると思います。また、それ以外にも事前勧告無しの短時間メンテナンスが始まる場合があります。 10分以内に終わることが多いですので、ちょっと時間を開けてログインを試して下さい。もうひとつは、口座が凍結されてしまっているケースです。 XM Tradingの本口座は、90日間利用しなければ、残高があろうが無かろうが事前の予告なく凍結されます。残高ない場合は口座を新しく開設するのが早いですが、もし残高があるケースではXM Tradingのサポートに問い合わせて凍結を解除してもらう必要があります。基本24時間以内に対応してくれます。デモ口座のケースでも、最終ログインから120日経過した時点で口座が閉鎖されます。こちらは凍結とは異なり閉鎖になるので、新しくデモ口座を開設する他ありません。
デモ口座を開設する
パスワードを忘れた場合XM Tradingの日本語サポートへ連絡
ここまでの手順を確認してもログインする事が出来ない、パスワードを100パーセント忘れ去ったといったケースですが、ここからは2通りに分かれます。
IDは分かるけど、パスワードを忘れた
このケースでは、まずログイン画面下の「パスワードをお忘れですか?」をクリックして下さい。 MT4/MT5のID、登録時の電子メールアドレスを書き入れる画面になりますから、それらを書き入れて「送信」をクリックします。 すると、入力した電子メール宛にパスワードをリセットする為のURL付電子メールが届きますから、そちらからNEWパスワードを設定して下さい。もしも手順の通りに行ってみてもパスワードのリセットがうまくいかない時は、XM Tradingのサポートへ問合せましょう。
IDもパスワードも共に忘れた
このようなケースでは、まず自身のIDを手に入れる事が先決です。 MT4/MT5のIDは口座開設の際に自動送信される電子メール内に記載されているので、その時の電子メールが残存しているのであればそれを確認してください。因みに、電子メールのタイトルは「XMへようこそ」です。電子メールが確認できない状況であるならば、XM TradingのライブチャットあるいはサポートメールにID紛失の旨を問合せましょう。 IDが確認できるならば、前述の流れでパスワードのリセットを行って下さい。

自身の利用しやすいパスワードへ変更する

パスワードのリセットは、パスワードを忘却した際の応急処置に過ぎません。また忘れたくないからとしょっちゅう他で用いているパスワードと同様にしたり、覚えやすいイージーな文字列にしてしまいがちです。しかしながら、XM Tradingではあなたの大事な資産を扱っていますので、セキュリティーにもしっかりと気を配ることが欠かせません。さしあたってログイン出来るようパスワードをリセットする事は良いですが、その後はじっくりと考えた安全性の高いパスワードに再度設定しておくようにしましょう。
XM Trading会員ページからのパスワード変更
ウェブブラウザでXM Tradingを利用している方のケースです。会員ページより、「パスワードの変更」をクリックしてください。「取引口座のパスワード」タブより、現在のパスワードと、新しいパスワードを書き込んで、「送信」をクリックしてください。ついでに申しますと隣のタブの「読み取り専用パスワード」は、注文は出来ないが口座の状況がリアルタイムで確認できる口座です。例としてマネージャーが顧客に結果をチェックしてもらうため等に使われます。しかし、個人ではほとんど使用機会がないので、ピンとこなくてもOKです。さらにその隣の「電話パスワード」は電話で注文を行なうときに使用するパスワードの設定で、こっちの方もほとんど使用することはないと思います。ただ、これを間違えると元も子もございませんので、「取引口座のパスワード」になっているということをしっかりチェックしてパスワードの再設定をしてください。
PC版MT4/MT5からのパスワード変更
続きまして、PC版のMT4/MT5アプリを使用している人のケースです。まず、上部ツールバーより、「ツール」→「オプション」とクリックしてください。 オプションウィンドウが表示されますから、「サーバー」タブから「パスワード変更」をクリックしてください。 今現在のパスワードと新しいパスワードを書き込み後、「OK」をクリックすればパスワードの再設定は完了です。 このとき、パスワードの変更ウィンドウで「マスターパスワードの変更」にチェックが入っている事を確認しておいてください。下の「パートナー(閲覧専用)パスワード」にチェックが入っていますと、ウェブブラウザでいうところの読み取り専用パスワードの設定になってしまいます。
パスワードを紛失しないために
ここまで読んでいただけていまたら、パスワードの再設定は完了できたのではないかと思います。そして、これからはまたパスワードを忘れることがないように留意していただく他はありません。ラストに、パスワードをうまく管理する為の方法を何箇か紹介しますので、参考にしてみてください。
紙で管理
紙等の物理的媒体に記載して置くのがとても簡単でかつ安全にパスワードを管理できます。無論、付箋にメモしてPCのディスプレイに貼り付けて置くなどという事は非常に危険なのでやめるべきです。カギのかかる引き出しやカギ付きの電話帳等に記載して置けば、ハッキングによる流出の不安もありません。
パスワード管理アプリ等の活用
近頃はパスワード管理が出来るアプリ等が充実していることから、それらを使うこともいいです。それぞれのサイトで全く違うパスワードを使っていたとしも、簡単に参照可能なのがメリットです。しかしながら、その開発者等が悪意を持ってパスワードをハッキングするとかの可能性も全くない訳ではありません。新しいアプリとか、利用している人が多くないアプリはそのようなリスクが高いので、キチンと評価されていて信頼のおけるアプリを利用するということが鉄則だと思います。
Excelワークブックで管理
Excelのワードブックで管理するという手法もおすすめです。じつは、Excelファイルにはパスワードをつけることが可能です。 Excel用のパスワードは頭に入れるかメモして置く必要がございますが、自分ではない人に不用意に開かれることはないのです。さらに、Excelならばパスワードの他にもログインページのURL等も同時に貼り付けられます。日常的に必ずそのURLを使用しておけばフィッシングサイト等にひっかかる危険も低下させることができます。