XMTrading(XMトレーディング)リアル口座開設の前にデモ口座で心の準備

XMTrading(XMトレーディング)リアル口座開設の前にデモ口座で心の準備

XMTrading(XMトレーディング)リアル口座開設の前にデモ口座で心の準備

XMTrading(XMトレーディング)リアルトレード前にデモ口座で練習

ここまで、XMのリアル口座開設の仕方につきましてご説明してまいりましたが、 XMはリアル口座の他に、「デモ口座」も開設する事が可能です。デモ口座は、「海外FXってどうしても心配・・・」「国内でのFXトレードはやったことあるけれど、海外FXは未経験・・・」「レバレッジ888倍っていうのはどうなの・・・?」というふうに、関心はあったとしても懸念があってはじめの一歩を踏み出すことができない、といった人におすすめです。そこで、ここでは本番のトレードをスタートするよりも前に、デモ口座で雰囲気をつかんでおきたい!といった人に向けての解説をして行こうと思います。
1. デモ口座で自分の資金ゼロのトレード練習
デモ口座は簡単な情報を登録するのみで開設OKな上、0円で利用できます。実際のリアルトレード同様の環境で、仮想資金を使用しましてトレードします。すなわち、自己資金を使用することなくにトレードの練習が可能なシステムです。デモ口座の良さをシンプルにまとめると・・・
・自己資金を使わないで、実際のトレード練習が可能
・口座開設する為に書類提出等を必要としない
・MT4は勿論、新しいプラットホームであるMT5にも対応している
・インジケーターやEAが試すことができるので、トレードを検証することができる
・リアル口座同様の取引商品に対応している
等、新たにトレードを開始する時にずいぶん役に立つシステムになります。ゼロカットのXMで勝負するにしても、必然的に元本となる自分の資金が必要になります。わずかであろうとムダなくより良いスタートをするには、デモ口座を開設して練習しておくことが大切だと思います。
2. デモ口座を開設するマイナス点
正直マイナス点というマイナス点は無いと思います。しかしながら、あえて挙げてみますと・・・
・損失もないけれど、利益もない
※仮想資金を使用してトレードを行うので、利益がでても自己資金は全然増加しない。
・利用できる期間に制限がある
※一定期間ログインのなかった口座は解約される可能性がありますけど、仮に解約されても、ふたたび手続きを行えば開設する事ができます。超ビギナーの人は、プラットフォームに慣れる目的も込めてトライされるほうが良いと思います。
3. デモ口座を開設する前の注意点
①対応する口座が限定されている。
XMのデモ口座は、「スタンダード口座」と「ZERO口座」だけ対応していまして、「マイクロ口座」は非対応なのです。しかしながら、マイクロ口座とスタンダード口座の違うところは、エントリーの最小単位の相違しかありません。
・マイクロ口座:最小単位10通貨
・スタンダード口座:最小単位:1000通貨
デモ口座のおススメは?前述の相違しかない為に、やっぱりスタンダード口座がおすすめです。
②バーチャルでありまして、リアル市場と完全に連動していない
デモ口座での取引は、仮想のお金を使用したトレードでありまして、リアル口座での取引とは全くの同じじゃないということです。リアル口座の市場と完全に連動していますわけではありませんから、場合によりましてはデモ口座とリアル口座のレートに差がでてしまうこともあります。また、リアル口座と取引するサーバーが異なるので、約定力・通信速度もリアル口座と全くの同じじゃありません。メンタル的にも、「練習どおりにしたらうまくいく・・・」といった考えで、デモ口座と同様にリアル取引でトレードしてしまうと、デモ口座で得た良い結果と、全然異なる結果になってしまうといった可能性もありえます。である為、デモ口座を利用する際にあくまでバーチャルであり、メンタル的プレッシャーもないことからスタートから勝てる可能性が高いと頭に入れておいておくことが大切だと思いです。デモ口座取引は、「仮想トレード」でありまして、「トレードに慣れる為の練習にすぎない」と認識しておいてください。
③開設後にレバレッジの変更は不可。
一度開設したデモ口座のレバレッジの変更は出来ません。開設の際にチョイスしたレバレッジでデモ口座のトレードを行うことになります。もし、途中でレバレッジを変更したくなった際は、デモ口座を開設し直すことになります。これといって拘りを持っていないのならば、はじめから最大レバレッジでの口座開設がおススメです。
④追加入金やリセットは不可。
デモ口座は追加の入金をしたり、資金が底をついたからリセットしたいと考えてもそれが不可能な仕様となっています。もしも、仮想資金が底を突いてしまう場合は、デモ口座を新しく開設し直す作業が必要になるということです。 ③と同じく、デモ口座を開設し直すといった手間を掛けずに済ませる為にも、デモ口座を開設する時は口座残高の上限5000万円で申請する事が良いと思います。