【海外FX】XMTrading(XMトレーディング)でマイナンバーの提出を求められた!どのようにしたら良い?

【海外FX】XMTrading(XMトレーディング)でマイナンバーの提出を求められた!どのようにしたら良い?

【海外FX】XMTrading(XMトレーディング)でマイナンバーの提出を求められた!どのようにしたら良い?

海外FX業者のXMTrading(XMトレーディング)でマイナンバーの提出を求められることがあります。求められるとちょっと心配になってしまう人もいらっしゃることと思います。ここでは、XMTrading(XMトレーディング)でのマイナンバー事情をマイナンバーのベーシックな知識と共に解説していこうと思います。XMTrading(XMトレーディング)でのマイナンバーの扱いにつきましては国内FX業者との相違も大きいですので、押さえておきましょう。

XMTrading(XMトレーデディング)でマイナンバーの提出は義務ではない

XMTrading(XMトレーデディング)を利用していますと、「XMはお客様に国籍および納税者番号(TIN)に関する情報をご提供いただく必要がございます」といったような通知が来ることがありますよね。納税者番号といった言葉も馴染みがないでしょうし、いったいどのようにするべきなのか戸惑ってしまう人も大勢いると思います。また、納税者番号を提出しなければどうなってしまうのかといった所も知っておきたいところでしょう。納税者番号(TIN)といいますのはマイナンバーの事をさします。そして、XMTrading(XMトレーデディング)を利用してマイナンバーを提出しないといけないといった義務は2018年6月現在はございません。マイナンバーを提出しなかったからといいまして、取引が不可能になる、口座が凍結されるといった罰則もございませんから、ご安心下さい。
マイナンバーの基本的な知識
マイナンバーという制度は、2016年より始まりました。年金や保険、収入や納税等を個人を特定する番号に紐付けることで、国内所得の正確な把握や行政の効率を良くする為の制度になります。マイナンバー自体はすでに全国民に配布されまして、希望する人は「マイナンバーカード」の交付を受けることが出来るようになっています。身分証として使用出来るだけではなく、コンビニエンスストアで住民票を取得することができる等の便利ないいところがあります。しかしながら、2年以上たちました現在でもその普及率は10%ぐらいと低迷が続いています。事実、こちらの記事を読んでいる人の中でも、自身のマイナンバーをすぐに出せるといった方の割合は少ないと思います。しかしながら、銀行口座の開設や確定申告等、手続きにマイナンバーを必須としているものも徐々に増加しており、無関心のままではいられなくなってきていますのもまた実情です。将来的にはさらにいろいろな手続きにマイナンバーの義務化が増えると考えられます。これを機に、今後のマイナンバーの取り扱いにつきましてアンテナを張っておきますと、いざといったときに乗り遅れる事がなくなるのではないかと思います。

国内FX業者はマイナンバーの提出が必須

日本におけるマイナンバー導入の大きな目的のひとつとしまして、国民個々人の収入の流れを統括して正しい納税を促すということがあります。その為、金融庁は国内のFX業者に利用者のマイナンバーを提出するよう義務づけています。その結果、今や国内のFX業者で新規口座開設する場合にはマイナンバーの提出がほとんど確実に求められます。むしろ提出しなくてはいけないというのが現在の状態です。昔に作りました口座でも、今後取引を続けるにはマイナンバーの提出が義務づけられており、無視し続けますとアカウントの凍結等の措置が取られてしまいます。もしも、なにかしらの理由でマイナンバーを提出したくないといった場合は、国内FX業者を使用することは諦めるよりありません。ひょっとすると徹底的に探し回ればマイナンバーの提出が義務化ではない国内FX業者も見つかるかも知れないですけど、逆にそのFX業者はいろいろなリスクが伴います。と申しますのも、金融庁に認可を受けているFX業者はマイナンバーの提出が義務化されていますので、マイナンバーが要らないFX業者=金融庁に認可を受けていないFX業者といったことになるからです。マイナンバーを提出しないで安全なFX取引を行いたい方は、XMTrading(XMトレーディング)等の海外FX業者をチョイスするよりありません。

XMTrading(XMトレーディング)でマイナンバーを出さなくても納税は国民の義務

こちらの記事に目を通してる方は多分マイナンバーはなるべく提出したくないというのが実際のところだと思います。 XMTrading(XMトレーディング)は海外FX業者ですから、日本の金融庁に利用者のマイナンバーを通知する義務も無論ありません。ですので、XM Tradingに自身のマイナンバーを提出する義務は、現時点ではありません。その点につきましては安心して下さい。ですが、XM Tradingでは現在、2018年1月より欧州で施行された第二次金融商品市場指令に準拠するようになっています。結果として、イギリスFCA、キプロスCySEC管轄の取引口座を利用している人は納税者番号(TIN)の提出が義務づけられるようになりました。 TINというのは各国々でそれぞれの形式がございますが、日本でいうところのマイナンバーにあたります。ということは、結局のところマイナンバーが必要なのか?といった話しになりますが、ご安心下さい。日本人のXMTrading(XMトレーディング)利用の際に開設される口座はこれら2つとは相違する「セーシェルFSA」管轄の口座になりますから、この義務の対象には当たりません。 XMTrading(XMトレーディング)側は全ての利用者にTINの提出を求めるメッセージを送っていますので、TINの提出を求める通知は届きます。しかし、日本で利用している皆さんはマイナンバーを提出したくない場合は「後で通知する」をチョイスすればオーケーです。
脱税を踏まえてマイナンバーを提出しないというような考えは不可
脱税といった語り口はオーバーに聞こえるかも知れないですが、FXで利益が出たら確定申告等で申請をする必要があります。しないという段階で脱税になってしまいます。とりわけ、マイナンバーを提出しなければFXで利益が出ても税務署に気付かれないのではないかといった考えはNGです。当然のこととして、利益分で発生する税金はちゃんと納めるのが国民の義務になります。現在、海外の銀行口座等の開設時にもマイナンバーの提出が求められるようになってきています。XMTrading(XMトレーディング)で得た利益は、世界各国のどちらの銀行に出金してもその瞬間にあなたのマイナンバーと紐付けられます。その気になったら簡単に調べられてしまいますし、脱税が発覚しますと最大で7年まで遡って課税されることもあります。数万円の利益の脱税では税務調査が入るといったことは殆どのケースであり得ないかもしれないですが、そういった問題ではありません。あるときに大きな利益が出て確定申告をした際に、それまでの脱税が逆に発覚してしまうといったことも起こりうるのです。毎年きちんと利益を整理しまして、きっちりと確定申告をしておくといったことがなによりです。

自身のマイナンバーが分からない場合はどのようにしたら良いか?

XMTrading(XMトレーディング)にはマイナンバーの提出をしなくても問題がないといったことは分かりましたが、無論提出しましてもオーケーです。むしろ提出した方がのちのことを考えるといいでしょう。また、ここでの話しを読んであえて提出をしないというのも気持ちが悪いといった人もいるかもしれないですね。ひょっとしたら将来的に、海外FX業者にもマイナンバーの提出が義務づけられる可能性だってあります。そうなってしまったら、無論貴方もマイナンバーを提出することになります。しかし、日頃の生活におきましてはマイナンバーをほとんど使いませんので番号を記憶している人はまずいないと思います。そして、ご家庭内をさまよいながら「あれ?何処へマイナンバー通知カードしまったっけ?」と困る人も少なくないでしょう。そういった方の為に、ご自身のマイナンバーがどうしてもわからなくなってしまった際の対処法を解説しますので参考になされてください。
マイナンバー通知カードの再発行をする
1つ目がマイナンバーカードを再発行するという方法です。マイナンバー通知カードは2015年10月より順次国民に簡易書留で送付されていて、既に全ての国民に通知が完了しています。緑色のカードで、個人番号(マイナンバー)や氏名、住所、生年月日、性別等が記載されているものになります。もしも、受け取った記憶がない、受け取ったけれど捨ててしまった、失くしてしまったといったケースには、自身が住んでいる市町村窓口で再発行が可能です。マイナンバーの再発行には下にあげた4つが必要です。
再発行の申請に必要なもの
手数料500円
顔写真付きの身分証明書1点、あるいは顔写真付きでない身分証明書2点
通知カード紛失届(窓口にて記入)
通知カード再交付申請書(窓口にて記入)
ただし、手続きが無事に終了しましてもマイナンバー通知カードは即時再発行されるわけではないですから注意が必要です。後日、再び受け取りにくるか、住民票に記載されています住所に転送不要扱いで送られることになっています。受け取るまでは、申し込み受け付けの時期等にもよりますが3週間から1ヶ月というのが平均的な期間になります。すなわち、必要な状況になってから慌てて申し込んでもなかなか受け取る事が出来ません。そういう理由から、既にマイナンバー通知カードやマイナンバーカードの行方がわからなくなっている場合、今のうちから再発行を申し込んでおく必要があります。再発行は時間がかかるといったことを頭に入れておきましょう。
番号のみを知りたいケースは住民票を発行する
お次に、番号のみを知りたいケースについて説明していこうと思います。マイナンバー通知カードの再発行の手続きにつきまして解説をしましたが、「3週間も待っていることができない」「ともかく番号のみでも早く知りたい」といった人もいるかもしれませんね。そういったケースは住民票を発行することで即日、マイナンバーを知ることができます。住民票発行の際に「マイナンバーの記載あり」という項目にチェックを入れて申請しますと、マイナンバーが記載された住民票を受け取ることができるのです。住民票であれば申請当日に受け取る事が可能なので、とにかく番号だけ知りたいといった人はこっちの方が手っ取り早くてラクだろうと思いますのでおすすめです。

出さなくても良いが出しておくのをおすすめします

XMTrading(XMトレーディング)にマイナンバーの提出を求められた際の対処方法から、マイナンバーの再取得方法などについてお伝えしました。本音を言えば、マイナンバーを取得したくない人や各機関等に出来る限り出したくないといった人も多いと思います。しかしながら、いずれマイナンバー等の提出を海外FX等にも義務付けられたことを考えますと、出来るだけ出しておく方が無難ではないでしょうか。と言うものの、個人情報の繊細な部分ではありますので、自身でどうすればいいのかをお考えになって判断していくといった考え方が1番ではないかと自身は感じています。