XMTrading(XMトレーディング)は多くの金融局から認可されています安心の海外FX業者

XMTrading(XMトレーディング)は多くの金融局から認可されています安心の海外FX業者

XMTrading(XMトレーディング)は多くの金融局から認可されています安心の海外FX業者

ここではライセンス(認可)のお話しをしていこうかなと考えています。 FX業者やXMTrading(XMトレーディング)のライセンスのお話しですから、安心感が欲しい方は必読です!
FX業者に認可(ライセンス)は必要なのか
FX業者には認可が本当に必要なのでしょうか? FX業者は基本的に金融商品を売っています。ですから、その国で売買をするには、基本的にその国のライセンスがありますと安心感がありますよね。安心感があるというだけですので、ライセンスを持っていなくても営業はできます。どうしてかって言うと、拠点が海外だからです。拠点にしています国のライセンスや法律に従っているならば、別の国でも営業が出来ます。例を挙げれば、外国のウェブサイトでショッピングをするとしたら?日本の法律に則った特定商取引法の記載や認可が必要でしょうか?必要ではありません。現に自分自身も海外のウェブサイトでショッピングを行うことはございますが、書いてないサイトも多いです。
※消費者センターは書いてあるサイトで購入することを推奨していますが、法律違反ではありません。
海外FX業者も同じです。また、営業する国以外でライセンスを取得している業者も多数あるので、いずれの国のライセンスも取得していない業者は危険!と考えたほうが良いと思います。

日本と海外FX業者のライセンス

日本のケースは、認可する為に信託保全を付けないといけなかったり、審査が厳しかったりと、余り海外のFX業者に認可を降ろしません。と、いうよりは…… 日本はレバレッジ規制がありますので、そのレバレッジ規制をわざわざ受け入れる必要がない。というのが多くの海外FX業者が考えている事だと思います。更に、他の国で多くのライセンスを持っていましても無認可のFX業者と位置付けまして、「危ない!」「危険!」というようなイメージを与えている情報発信の仕方を行なっています。確かに、国内FXに対する安心感は計り知れません。確かに自分自身もスタートした時は日本国内のFX業者で口座開設を行ないました。それでも、海外FX業者を使っている今日現在、危ない目にあったり、トラブルにあったりということもございません。それは、複数の国のライセンスを取得しているFX業者をチョイスしたからでもあります。
何処の国のライセンスを持っていると安心か
では、何処の国のライセンスを持っていますと安心かお伝えしたいと思います。まず、単一のライセンスよりは、複数のライセンスを持っていると安心です!とりわけ登録が難しくて、なかなか取得できない国の認可を受けていれば十分に安心ができるFX業者と思います

XMTrading(XMトレーディング)は日本の金融局のライセンスを持っているのか

では、XMTrading(XMトレーディング)は日本の金融局のライセンスを持っているのでしょうか? XMTrading(XMトレーディング)は残念ではありますが日本の金融局(金融庁)より認可はされていません。返って、心配をかき立てるみたいで申し訳ないのですが、2015年くらいでしたでしょうか、金融庁から警告を出されています。ただ、言いがかりという様な感じで、セーシェルやキプロスに本拠地はないだろう、私書籍を置いてるだけだろう…って感じでした。 上記でお伝えした通り、XMTrading(XMトレーディング)も海外FX業者ですので、日本のレバレッジ規制やその他の取り決めは特段メリットではありません。敢えて取得していない可能性も考えられます。代わりに、複数の国のライセンスを取得しています!何処の国の金融局より認可されているのか、下記でお伝えします。

XMTrading(XMトレーディング)は何処の国の金融局から認可されているか

日本の金融ライセンスを取得していないのでしたら、何処の国の金融局から認可されているのでしょうか? XMTrading(XMトレーディング)はかなり多くの金融局よりライセンスを取得しています。多分、海外FX業者では最もライセンスを持っている業者と言いましても言い過ぎではないと思います!複数のライセンス、そして難関のライセンスも持っている、信頼の置ける海外FX業者と思います。
ライセンスの一部をご紹介します!
キプロスCySec
イギリスFCA
オーストラリアASIC
セーシェルFSA
※在住している国等により登録される金融局が異なります。

日本人は何処の国のライセンスになるか

XMTrading(XMトレーディング)は何処の国の金融局から認可されているのかを確認してみました。電子メールでも質問してみたのですが、日本の場合、セーシェルの金融局付けになるみたいです。
色々ありキプロスからセーシェルへ
元々は、とても信頼感のありますキプロスが日本人がXMTrading(XMトレーディング)に登録をする際の金融局でした。ですので、2015年までの人はキプロスの金融局付けですが、それ以降に口座開設を行なった人はセーシェル付けになっています。何故こんなことが起こったのかといいますと、まあ、色々あったんです…… まず、2015年くらいに日本の金融庁よりキプロスへ要請をかけました。次いで2016年にはESMA(欧州証券市場監督局)が、レバレッジを規制を命じました。
※因みに2018年はESMAがレバレッジ規制を実際にかけました。30倍程度までです。
この他にもXMTrading(XMトレーディング)に対してといいますよりは、FX業者に対しまして2015年くらいよりいろいろな制限を世界的にかける動きが出たんです。ただ、キプロスのライセンスはとても信頼性が高いため、キプロスには本社の拠点があります。日本向けのインターネットサイトや他、法律に乗っ取る必要がある国に向けましたインターネットサイトは、セーシェルに拠点を置き、セーシェルで運営を行っています。ハイレバレッジの魅力でありますとか今までのサービスを損なわないように早い内から各方面で対策を取っていたんですね。このようないきさつがありまして、日本人はセーシェルの金融局付けになりました。
滞在国によりライセンスが異なる
日本に住んでる外国籍の方や、海外に住んでいる日本国籍の方はどうなるのかな?と思いまして、電子メールで質問してみました。どうやら、国籍ではなく滞在国によって変わるそうです。日本在住であるなら日本のライセンス(セーシェル)で口座開設となり、海外在住なら海外のライセンスで口座開設になるとのこと。もしも、日本から国外に移住する・転勤するというようなことがありました場合は早めにXMTrading(XMトレーディング)に申請をした方が良さそうですね!!

認可数を考えますとXMTrading(XMトレーディング)がおすすめ

ここでは海外FXと金融局の認可につきましてお伝えしました。海外FXの業者をチョイスする際は、上記で説明したことも参考にされてみてください。 ……と言いましたが。多数の国の認可を受けていますXMTrading(XMトレーディング)はサービス面のことなども考慮しますとおすすめです。こうも推していますのは、現に自分自身が使ってるからでありまして、さらに言わせていただきますと、他の方にもその良さを知っていただきたいと考えてるからなんですけどね。こちらの記事のみではXMTrading(XMトレーディング)のいいところが伝わらないと思いますので、気になった方は別の記事もぜひ読んでみてください!