XMTrading(XMトレーディング)でCFD取引の人気銘柄「原油」につきましてビギナーでもわかりやすく

XMTrading(XMトレーディング)でCFD取引の人気銘柄「原油」につきましてビギナーでもわかりやすく

XMTrading(XMトレーディング)でCFD取引の人気銘柄「原油」につきましてビギナーでもわかりやすく

ここでは、CFD取引の原油につきまして、ビギナーでもわかりやすくお伝えていきます。 CFD取引で人気の「原油」ビギナーでも扱えるのか?扱いやすいのか?それを知るより前に、ビギナーの方はCFD取引が何かを知りましょう!

原油につきまして知る前にCFDの基礎を知ろう!

CFD取引の原油につきまして知る前に、ビギナーの方はCFDの基礎を理解しましょう。 CFDとは「差額決済取引」のことです。差額決済取引とは、ある商品(コモディティ等)の買値と売値の差を取引することをいいます。常に価格が変動しますさまざまな商品が取り引きの対象でございます。ですので、金でございますとか銀、ガスや小麦、チョコレート等いろいろなものが対象になってるんですよ。ユニークですよね。そして、それには先物取り引きと現物取り引きがございます。先物指数は、いわゆる将来の価格につきまして売り買いの約束をする金融商品で、現物指数はそのまま、「現物」をその場で売り買いする金融商品でございます。 イージーに言うと、商品の売る時の金額と買う時の金額の差で利益を得る方法が差額決済取り引きでございます。 FXとはどこが相違しているんだろう?と思われました方はかなりすばらしいです!実はFXは差額決済取り引きの一種でございます。大義的にCFDに含まれるんです。ちょっと驚くかもしれませんが、FXは外国為替を対象にしましたCFD取引のことなんです。ここでは、基礎知識としまして「CFDは変動するあらゆるものが対象の差額決済取り引き」で、その中の外国為替を対象にしましたものがFXであること。又、「先物取り引きと現物取り引きがある」と言ったことを頭に入れておけばオーケーです。

CFD取引でいう原油とは?原油の基礎

CFD取り引きで扱われて居ります原油でございますが、そもそも原油というのはなにか御存知ですか?自身は燃料くらいにしか考えてなかったのですが、CFDをスタートするにあたりまして意味というか、何であるかを調べてみました。要は純度の低い石油のことでありますよね。原油は石油。ということは、ガソリンでありますとか灯油・プラスチックでありますとかポリエステルなどなどいろいろな日用品に利用されて居りますことがわかります。むしろ、今の時代にはなくてはならないものばかりですございますね。人々のくらしに緊密に関わっていますが故に、原油はいろいろな要因で価格が変動します。
原油の価格が変動するファクター
人々のくらしに欠かせない原油。国内に限らず、無論海外でも原油は不可欠です。原油は世界的に使用され、輸入されましたり輸出されましたりして居ります。その為、国力でありますとか政治、国の原油使用量等に影響されます。原油を扱うときは、世界時事でありますとか原油使用量・生産量などを意識するといいでしょう。
原油の使用量
実際に、イラク戦争でございますとか同時多発テロ、リーマンショック等の際には、価格が大きく変動して居ります。いずれも米国を中心としました大きな世界時事でございます。これは、原油の使用量がダントツで米国が一位といったことが影響して居ります。使用量が多い国を把握しておきますことで、原油の価格変動を検討する事ができます。

代表的な原油を把握!有名でありますのは3種類の原油

お次に代表的な原油を把握しましょう。 3つの原油が有名でございます。
WTI原油
ブレンド原油
ドバイ原油
各々詳説していきますね。
WTI原油
West Texas Intermediate原油の略でございましてWTI原油と申します。この原油は、米国のテキサス州産とニューメキシコ産です。生産量は僅かなものの、質が良くて取り引き量も多いです。その為、原油価格の主な指標はこのWTI原油。米国でも主で使われているため、米国や世界の経済指標の1つでもございます。
ブレンド原油
英国の北海から取れます原油。英国の北海から取れますので、メインとして欧州の原油需要をまかなって居ります。その為、WTI原油に次ぐ取り引き量で、同じような値動きをします特徴がございます。
ドバイ原油
ドバイ原油は、その名前が示す通りドバイ産の原油でございます。メインとして、アジア市場で取り引きされます。荷渡等で使われる、短期的な取り引き=スポット取り引きが中心という特徴がございます。
主に取り扱いが多い原油は「WTI原油」
CFD取り引き業者であったりFX業者の多くが取り扱って居りますのがWTI原油です。他の原油は業者によりまして相違します。自身が取引したい原油を使っています業者を選択するといいでしょう。

CFD原油価格が変動しますファクター・理由=原油価格を決めるもの

原油の価格が変わるのはどんな方でも想像できると考えられます。しかしながらどうして変動するのでしょうか?この先原油でCFD取引をされますのなら、価格が変動するファクター(わけ)を知っておく必要がございます。又、それらを理解しますことでファンダメンタルズを把握しやすくなるため、キッチリと覚えておきましょう。 CFDの価格が変動します要因は大別すると2つ。需要と供給でございます。どれもそうですよね。 2つの側面から、具体的な内容をお伝えしていきたいと思います。
原油の価格を変動させる「需要」
需要を決める理由はいろいろございますが、とりわけ大きな要因は「経済指標」「再生エネルギー」2つです。
原油と経済指標
原油と経済指標は大きな関連性がございます。上記の項目でお伝えしましたが、原油は人々の暮らしに欠かせないものでございます。そして、であればこそ国力でございますとか政治、経済活動に大きく影響します。とりわけ、使用量の多い米国でありますとかサウジアラビア、ロシアの関連します経済指標・ニュースは注意を払っておきましょう。
関連します経済指標
米国のエネルギー情報局(EIA)週間原油在庫
世界の社会的出来事(ニュース)
景気・内政状況(回復・低迷・停滞・混乱などなど)
石油製品の需要増加(ガソリンでありますとかプラスチックなどなど)
原油と再生エネルギー
原油と再生エネルギー、消費と循環といった相反する物質でございますが、であればこそ原油の需要を決める要因となります。現在はまだ、再生エネルギーが大きく原油に影響を与えることは僅かです。しかしながら、原油に変わりますような再生エネルギーが発明・普及されるようになりましたら、原油の需要が変わってくる考えられます。その為、原油を扱うときは再生エネルギーにつきましても意識しましたほうが良いと思います。
原油の価格を変動させます「供給」
原油の価格を変動させます供給にも、さまざまございますが、3つの事柄が大きく影響いたします。 ひとつがOPEC(石油輸出国機構)と非加盟国、ふたつ目が地学的ファクター、みっつ目が内政的ファクターです。
OPECと非加盟国
OPEC(石油輸出国機構)の加盟国は、毎月産油量を発表しておりまして、それでどれだけの供給がありますかが分かります。産油量は、すでに加盟国のみで4割以上を上回っているため、加盟国の産油量の決定が、ほぼ直接的に価格決定に影響していると言いましても過言ではございません。又、その他非加盟国が5割を超える産油量を誇るため、OPECの発表だけではなく、米国やロシア等の産油量を意識する必要がございます。
地学的ファクター
地学的ファクターはそのままですね。例を挙げれば、でっかい台風でございますとかハリケーンなどが主要な原油関連施設に影響を与えましたり、地震でありますとか津波で同じような事がおこったケースなどです。言ってみれば天災・環境的ファクターといってもいいでしょう。大きな天災でございますとか環境被害はニュースになりますことも多いですから、意識する方が良いと思います。
内政的ファクター
内政的ファクターといいますのは、その国の政治状況です。又、その国に止まらず政治的影響がありますケースも、今回は含めています。例を挙げれば中東はテロでございますとか宗教問題等々がありまして、政治的に安定していないです。その為原油関連施設・産油量がどのようになるかは、それらのファクターが大きく絡んで参ります。政治に限ったことではなく、世界や国の経済状況によりましても変動します。
補足:オイルショックにつきまして
オイルショックといいますと、経済的ダメージが大きく、原油の価格が不安定になりやすいといったイメージがあると考えられます。しかしながらそれは飽くまでも消費国のみの側面です。別の角度から見れば、主な生産国にとりましては原油価格が高騰しますため、景気が上がります(経済が好調になる)。その為、うまくやりましたらCFD取り引きよりもFX等の取り引きで利益を得ることができます。

CFD取引の原油はビギナーでも扱いやすいのか?

ここまでのことを踏まえまして、CFD取り引きの原油はビギナーでも扱いやすいのか、自身の考えをお伝えいたします。経済に関心を持たれてるなら向いています。長い目で見ましたときのボラティリティもおいしい(と感じる)です。

CFD取引の原油で国内と海外の業者いずれがいいのか

CFD取り引きの原油では、国内と海外の業者のいずれを使いました方がお得だと考えますか?国内業者は信頼感がある、と考える方も多いかもしれませんね。稼ぎたいと思っているなら海外の業者を使いますことをおすすめいたします。どうしてかといえば、追証とレバレッジが国内の業者を使いますと制限がありますためです。制限といいますとちょっと違うのですが、レバレッジは最大でありましても20倍で、必要な証拠金の額が大きくなります。又、追証がありますということは、はっきり言って借金の恐れがあるということです。 (逆に、国内の業者といった安心感はございます) この2つのリスクを考えますと、スムーズな流れを作りまして徐々に稼ぐようにするには、ビギナーには難しいのでは?と感じております。逆に海外の業者のケースは、レバレッジが高いが為に早い段階で資産を作りやすく、必要になります証拠金の額が僅かですみます。又、追証がないため、借金のリスクがございません。僅かな額からの投資に向いてるんですね。このようなのわけから、CFD取り引きは海外の業者をおすすめしています。

CFDの原油で稼ぐならXMTrading(XMトレーディング)で口座開設するのがおすすめ!!

CFDの原油で稼ぐのであれば、自らが使っております海外FX業者XMTrading(XMトレーディング)で口座開設をしますのをおすすめします。海外FXの業者?と思われるかも知れませんけど、CFDとFXは似ておりますし、慣れてきた時にFXとCFDを併用して投資します。そうすることにより、資産を増やしたり、リスクヘッジをとったりすることができます。そして、どうしてXMTrading(XMトレーディング)がおすすめかと申しますと、約定力の高さでございますとか日本語対応がちゃんとされています海外FXの業者だからです。
XMTrading(XMトレーディング)の日本語対応
XMTrading(XMトレーディング)はウェブサイトは完全に日本語対応、そしてサポートも日本語に対応しています。カタコトの日本語でございますとか意味の通じない日本語ではございませんので、安心しまして取り引きをすることが可能なのはありがたいことだと思います。
XMTrading(XMトレーディング)の約定力
約定力と申しますのは、決済依頼をしてから金額が確定するまでの力イコールスピードのことを申します。原油のCFD取り引きは値動きが割と大きいです。仮に、約定力が弱い会社を使っていましたら、希望していたタイミングとは合わずに決済されまして、得ることができたはずの利益が得られなくなってしまうというケースもあります。逆に、約定力が強ければ、利益の損失が僅かで済みます。 XMTrading(XMトレーディング)はこの約定力にとても優れていまして、全取引の99%以上が1秒以内に決済するといった、驚くべき数字を持っています。それ以外にも無論おすすめしておくべき点はございますが、とりわけ約定力の高さおよび日本語対応に関しましては別の業者よりも際立っているので、お伝えしました。