海外FXのデイトレードとは?数分・数時間で全てが決まりますトレード手法!

海外FXのデイトレードとは?数分・数時間で全てが決まりますトレード手法!

海外FXのデイトレードとは?数分・数時間で全てが決まりますトレード手法!

デイトレードとは?

国内で生活してるなら、どのような人もいっぺんはデイトレといった言葉を聞いたことがあると思います。ひところはとても人気になったFXのトレードスタイルで、未だに人気な手法です。デイトレードは、その日に買った通貨をその日の内に全て売って収益を挙げる方法です。無論その反対もあります。売った通貨を買い戻して収益を挙げる方法もデイトレードです。どっちにせよ、次の日にはポジションを持ち越さないのが最も基礎的なこと。数時間程ポジションを持って決済しますので、1日の取引数はそれ程多くありません。上手いことトレード出来れば、割合短い期間で資産を作りやすいといった特性であったりファンダメンタルズ(その国の金融情勢等)や社会情勢等々の知識をいっぱいお持ちではなくても利益を発生させやすいなど、長所の多いトレードスタイルでございます。人気だということもうなづますよね!では、スキャルピングと比較して異なるところはどこにあるんでしょうか?解説してきますね!
スキャルピングとデイトレードの相違
スキャルピングとの異なるところは、とりわけ「ポジションを保持している時間」にあるのです。スキャルピングは数秒から数分のうちに取引するのとは異なって、デイトレードは数時間ポジションを保持します。大きな相違点はそれだけではなく、「利幅の相違」もあるのです。スキャルピングは薄く薄く利益の幅を狙っていきます。凡そ3から10pips程でしょうか。数秒から数分だとしたら利幅はそれ程になってしまいます。しかしその分数をこなして資産を蓄積していくんですね。一方デイトレードは10から100pips位と、スキャルピングよりも利益の幅が広いです。ポジションを数時間保持しているので、それくらいの利益の幅を狙えます。トレード数はそれ程たくさんなくても資産を作り出しやすいです。レバレッジが低い程資産をつくり出しづらくなると考えられますが、損失額も僅かですみます。ですので、デイトレードにしてもスキャルピングにしても習熟する迄はレバレッジを低目に設定する事を自身はおすすめしております。なれて無いにも関わらずトレードしても、マイナスを被ることが多くなるため、自身のかけがえのない資産を守るためにはレバレッジを低目に、ロット数を少なめにしましてトレードして行った方がいいと思います!

デイトレードプラス面とマイナス面

人気を博しているデイトレードでございますが、プラス面とマイナス面は当然ございます。人気だから・ビギナーにおすすめだからというような理由で安直に自身のトレードスタイルにするっていうのはリスキーです。プラスの面やマイナス面を理解するにとどまらず、トレード手法を知ったり、実践したりして決定して行ってください。ってことで、プラス面とマイナス面につきましてお伝えして行こうと思います。
海外FXのデイトレードのプラスの面
まずはデイトレードのプラスの面について見ていきましょう。多くのメリットがありますけれど、大きなプラスの面についてお伝えしていきますね。
メリット1.自身のタイミングで取り引きしやすい
デイトレードはポジションを数時間持って決済を行ないます。 1日の取引数が少なくなるということは必然だということです。ですので、時間に関しても余裕が生じるんですね。すなわち、タイム的制約のおっきいサラリーマンや主婦(主夫)、学生等々なにか長時間拘束される方が行ないやすいトレード方法と思います。チャートなどをちゃんと分析出来るようなったら、空いた時間にオーダーして、ちらっとチャートを見つつ、手のすいた時間であるとか仕事終わりに決済が出来ます。トレード数そのものも多くはないから、自らの時間も取りやすいと思います。このプラスの面というのはすっごく大きいと言えます。ず~っと画面に貼りついてるわけにはまいりませんから……
メリット2.相場変動のリスクに晒されます時間が短い
このプラスの面もデイトレードの特徴からくる良いところです。ポジションを保持している期間は数時間。売買はその日の内に全部完了させる。ですので、相場変動のリスクに晒される時間が長くないです。すなわちいきなり価格変動が発生したケースで損失になる確率が低減するということであります。ポジションを保持している内に価格変動が発生してしまうことになればそれまでですけれど、数時間といった短い時間ですので確率が下がるんですね。スイングトレードとか長期トレードは、デイトレードとかスキャルピングに比べてずいぶん上記の危険性が高くなります。これについては、ポジションを保持している期間がデイトレードとかスキャルピングよりも長いからなのです。ビギナーのうちは回避することができるリスクは可能ならば取らないほうが無難です。いっぺんに利益を出したい!リスクというものは関係ねー!といったヒト。自身は嫌いではございません。いっぺんに利益を出したい心の内も理解できます
メリット3.短期間のうちに資産をいっぱい増やせる可能性がある
自分次第になるのですが、利益の幅が割と大きいので一気に短期の間で資産を増やせるかも知れません。そのためにどのくらい海外FXの知識を積み重ねるか、チャートの分析が出来るようになるかが大事になってきます。又、普通のレバレッジでも短期の間で増やせる確率はありますが、どちらかといえば「ハイレバレッジ」にした方がスゴイ速度で資産を増加させることが可能だと思います。しかしながらハイレバレッジはリスクもでかいです。レバレッジが高いことから、資産を増やせますが、減ってしまう速度も早いんです。したがって、リスクはあんまり取りたくないといった方はハイレバレッジじゃない方法で資産を増やしていくのが良いと思います。
メリット4.ファンダメンタルズ分析とか社会情勢に秀でていなくとも良い
ファンダメンタルズと申しますのは、その国の経済状況の事。経済成長率(GDP)とか物価指数(CPIやPPI等)、雇用指数(就職率や失業率等)とか国際収支(貿易等)等々国の経済状況を数値にしているもの全てのことを指します。その国に限らず、金とか原油等の相場もファンダメンタルズに入ります。恐らく、始めのうちは難しいですし、あれもしてこれもして、プラスファンダメンタルズも……海外FX経験の浅い人ならパニクること間違いありません!でありますが… デイトレードのケースはそれほど知識を持っていなくてもいいと思います!保持している期間が長くないですし、翌日に持ち越すこともないといったポジション保持期間の短さが功を制しています。ってことで!ファンダメンタルズとか社会情勢というものに関しては幾らかは、かる〜くでいいと思います。これが、ビギナーでも使いやすいトレードスタイルと称されているわけのひとつなんじゃないかと思います。
海外FXのデイトレードのマイナス面
次いで海外FXでデイトレードをする際のマイナス面につきましてお伝えして参りたいと思います。
1.オーダーしてから完全放置という風にはいかない
確かに、デイトレードはスキャルピングよりもポジションを保持している時間が長いです。だとしても、チャートをまるきり見なくていいかというのは違います。できるのならどんな時でも見られる環境にあるとよいのですが、時々相場の変動が発生してないだろうかと、僅かでも見てあげる必要がございます。僅かでも見るのが不可能な環境おられます方は、見られる時間帯にトレードする方がいいと思います。例を挙げれば、仕事前にポジションを決済したり、仕事のあと、就寝するまでにデイトレードを行ったりといった感じです。
2.手数料が多くなる
スキャルピングに比べて取引数が多くないものの、デイトレードも他のトレードスタイルよりは取引数が多くなります。その分、スプレッドと取引手数料がかさんでいきます。取引した回数分引かれていくんですね。ということは、XMTrading(XMトレーディング)でドル円でデイトレードを行なうと最小スプレッドのケースで1pips、平均で1.8pipsの手数料が1回にかかります。例を挙げれば、ドル円のケース1pipは0.01円です。すなわち、最小だったら0.01円、平均値だったら0.18円の手数料がかかります。でも実際の取引している通貨量が違いますので、10万通貨取引しましたら一番低くても1000円の手数料がかかることになります。計算式:100000通貨×0.01円(1pip)=1000円取り引きのたびにかかるので、2回取引しましたら2000円、3回取引しましたら3000円と手数料が…増々積み重なります。損失が続きますとこの手数料がずいぶん痛くなってまいりまして、手数料貧乏状態に…… そのような状況は恐ろしいので、ちゃんとチャートの分析をしていきましょう!
3.損失が大きくなる可能性がある
短期の間であっという間に資産を生み出せることがあり得る逆に、損失を一気に発生させる可能性があるのがデイトレード。
※スキャルピングの他は全てそうです。
とりわけ知識が不足していて、経験も浅い海外FXビギナーは危険です。最初からデイトレードからスタートしてみるケースは、前もってそれなりの知識を持ってから取り組みましょう。スキャルピングからスタートしたビギナーのケースは、デイトレードを実践しながら、知識を増やしていってください。海外FXは知識があればあっただけいいです。更に実践でアウトプットすることによりまして身についてきます。学習はいやだ…と考えませんで、知識を増加していってもらえたらなと考えます。

ビギナーがデイトレをする際は知識の底上げが必須

ビギナーがデイトレードをする際は、これまで用いてきた知識の他にも必要なことが増えていきます。無くても不可能ではないです。けれど、あったならばあった分リスクを小さくして行くことができます。自らの資産があっという間にゼロになる。知識があれば回避可能だった…というようなことが、自らが教えてきた方々の中でも珍しくないです。ですから皆さんには知識の底上げをして欲しいと思います。多忙な中で知識をつけていくのはきついかも知れません。しかし、僅かずつだとしても自分のものにしていけば、損失が少なくなってくるということを感じると思います。
デイトレードで必要な知識
デイトレードで必要な知識はいろいろあるんですが、これは絶対頑張って!といったもののみ上げていきますね。といいますか、テクニカル分析系は全て頑張ってもらえると理想的です。
チャートの見方
サポートラインおよびレジスタンスラインの引き方
チャネルラインおよびトレンドラインの引き方
三角持ち合いの見つけ方
ヘッドアンドショルダーの見つけ方
順張りおよび逆張りにつきまして知る
※テクニカル分析じゃなく注文方法
逆指値およびOCO・IFO注文の仕方
※これはテクニカル分析じゃなく、注文の仕方です。
上記が完璧!もう問題ない!そんな状況だとしたらフィボナッチ波動理論等の理論系も学習して欲しいです。今書いたもの全部がテクニカル分析の基本の基本です。でも上記がわかれば、デイトレードで経験を積みかさねていくのみ!何がなんだか……と考えるかも知れませんが、ちょっとずつ学習していってください。
実践しながら知識を学んでいくこと!
ただ知識を身に付けるのみでは意味がございません。知識を得ながら実践することで、断然デイトレードの質がUPしてきます。知識はインプットのみでは身につかないんですね。インプットして、アウトプットするが故に自身のものになると思います。たっぷりやれば、多分2週間位でその効果のほどを感じることが出来ると思います。 ひと月もしたなら相当身についてくることになると思います。ですので、インプットとアウトプットは合わせて「学習」と思ってください。とりわけ海外FXをおこなうならその考えは欠かせません!

デイトレードのトレードルール

どのようなトレードスタイルでも、自身のルールを作っていきますと資産を増加しやすく、守りやすくなります!その指標になるような、基本の条件をお伝えしていきますので、目を通しながら自身はどうしようかと考えてみたりとか、実践しながら、自身のケースのルールを決定したりしていってください。
デイトレードの利食い条件
利食いとは、自身の利益になった際にトレードを決済しますことをいいます。デイトレードのケースは、10から100pips程が良いと言われております。ですので、ビギナーのうちはこの範囲で決めていきましょう。 10倍も差が見られるのは、デイトレードの性質上、数分から数時間と時間に差がある為です。ですので、自身は凡そ何分で終わらせるのか、何時間で終わらせるのかといった考え方から決定してみるということも有りだと思います。又、自身は1回で何pipsが良い、1日でこの程度だけ資産を増加させたいといった目標がございますのであればそれに従ったトレードをします。
デイトレードの損切り条件
ビギナーの間は使うことができる知識が多くない中で取り引きしなければいけません。その中でルールを決めないでトレードするのは、危険がございます。とりわけ損切りルールを決めないと、資産がすぐに尽きるということは目に見えています。それを避けるためにも、デイトレードではボリンジャーバンドを表示させる事をオススメしています。分かり易い指標だからでございます。ボリンジャーバンドの2σ(+or-)もしくは3σ(+or-)にタッチしたら、少ない場合でも2分の1は決済してしまった方がいいです。
※利益になっている状況のケース。
どうしてかというと、そこから損失になる可能性もあれば、利益になることもあるからです。利益になったら良いですし、損失になったとしても当初の2分の1は利益を確定しておりますので、損失が僅かで済みます。デイトレードはスキャルピングよりも長い間ポジションを保持するので、マイナスを被る幅も大きくなります。損切りは早めに行なうようにしましょう。海外FXビギナーのうちは可能な限り大きなリスクにならないようにした方がいいと思います。
※ただしその分、資産も増加しにくくはなります。
慣れて来たらそういうような方法を取らなくても良いです。

海外FXビギナーがデイトレードをする際の注意点

海外FXビギナーがデイトレードをする際の注意点が何個かあります。注意しなくても良いことではあるんですが、注意しておくことで資産の目減りが少なくなります。大事な資産ですので、可能な限り資産を減らないようにする事もFXでは大事なことです。自らがビギナーの頃やっておけばよかったな…という事でもございますから、恐らくみなさんの役に立つ事だと思います。
慣れる迄はレバレッジを低目に設定せよ!!
自分自身、海外FXの魅力はハイレバレッジトレードもあると考えています。しかし、資産がそれほど多くない場合とか超ビギナーのうちはレバレッジを低目に設定しておいた方がいいと思います。どうしてかというと、デカく稼げる一方で、デカく損失しやすいのがハイレバレッジだからです。とりわけビギナーのうちは知識もなければ、損切りに考えが向かない傾向があります。ぶっちゃけて言いますと損失が多くなる傾向にあります。しかも、スキャルピングよりは取引数が多くないとはいえ、1日に何回も行うので、都度手数料も発生します。それならばハイレバレッジでございますとか手数料で資産を削ってしまうより、レバレッジを低目にしまして慣れることや知識を活かすことに意識を持って行った方が現在もあとも楽になります!習熟してきたんじゃないか!?そう考えた局面で徐々にレバレッジをアップさせていくのを自身はおすすめします。
知識をとことんたたき込んで実践に活かせ!!
ビギナーの皆さん!知識をとことん叩き込みましょう!恐らく、チャートを見てるだけで、「なにがどうなってるんだ?」という様なことになっているだろうと思います。だからこそ学習してください。デイトレードは基礎・基本が出来ないといずれ失敗します。こちらのウェブログだけじゃなくって、別のウェブログさんとか本や動画等々、ともかくさまざまなことを学びましょう!はじめの方にもお伝えしましたが、インプットしたらアウトプットも忘れないで!実践にきちんと活かしていきましょう!とても大事です!アウトプットなくしてインプットなし!いっぱい学習していっぱいFXを実践してください!!
デイトレードでは深追いするな!!
デイトレードで深追いはNGです!デイトレードにしてもスイングトレードにしても長期トレードにしてもダメです!根拠があればOKなのですが、根拠を言うことができない・わからない間はNGです!!スキャルピングよりも資産が減りやすいのに、「まだいけるかも」というような「かも」で深追いなんかしてみて下さい…… 気が付いた時にはストップオーダーのロスカットで資産ゼロなんて状態になってかねません。資産がもったいない!根拠があるからこその取り引きです。

海外FXのデイトレードは知識が重要!

デイトレードで大事なことは、知識です。テクニカル分析に必要な知識。そしてアウトプットするために実践しましょう!スキャルピングも楽しいですけれども、デイトレードにはデイトレードの楽しさが存在します。知識が自分ものになってきた時、デイトレードもスムーズに出来るようになっておられると思います。その時、きっとデイトレードの楽しさに気が付くと思います。その楽しさと、資産が増加していく喜びをぜひとも味わってくださいね。ずいぶん長い記事にお付き合いしていただいて有難うございました!