確定申告ってなに?XMTrading(XMトレーディング)でFX取り引きをしたら必ず必要なの?

確定申告ってなに?XMTrading(XMトレーディング)でFX取り引きをしたら必ず必要なの?

確定申告ってなに?XMTrading(XMトレーディング)でFX取り引きをしたら必ず必要なの?

XMTrading(XMトレーディング)で利益が出ましたら確定申告が必要でございます。

XMTrading(XMトレーディング)での取り引きで生じた利益には、税金がかかります。「海外」FXで発生した利益だったら日本の税金とは無関係と思ってしまうかも知れないですが、日本に在住しております限りは納税の義務からは逃れることはできません。 1年間にいくらくらいの利益が発生したのかを「確定申告」して、必要な税金を納めることが大切であるのです。フリーランスのヒトだとしたら確定申告の手続きも慣れたものだと思います。しかしながら、サラリーマンがサイドビジネスではじめたケース等の場合は、これまで確定申告を行ったことがないといったヒトも多いと思います。納税は義務なので、忘れてしまっていたとか手続きの方法がわからないでは済まされません。ここでは、XMTrading(XMトレーディング)とは切っても切り離せない確定申告につきましてお伝えていきます。
確定申告とは?いつ行なうの?
確定申告と申しますのは、自身が納めることが必要な所得税の納税額を確定する手続きの事なのです。前の年の1月1日から12月31日迄に得ました収入および支出および各種控除を自身で計算することになります。確定申告の期限は、毎年2月16日から3月15日の1ヶ月間でございます。この間に確定申告の提出、納税をすませる必要がございます。サラリーマンの方のケースは、会社が所得税を給料より天引きします「源泉徴収」といった方法でちゃんと納税を行っていますので、給与以外に収入がない方でしたら確定申告の必要はございません。しかしながら、XMTrading(XMトレーディング)でサイドビジネスとしまして利益を得ているケースはその分の納税が済んでいないため、自身で申告する訳です。無論、収入がXMTrading(XMトレーディング)だけという方も、確定申告ならびに納税の義務が存在します。しかしながら、XMTrading(XMトレーディング)で取り引きを行なっている全ての方が確定申告せねばならないわけじゃないのです。
確定申告せねばならない方の条件
・会社に勤務されております方(副業でXMTradingを行なっている方):20万円をオーバーする利益が生じたとき
・専業主婦でございますとか収入がXMTrading(XMトレーディング)だけの方:38万円をオーバーする利益が生じたとき
確定申告のベーシックな手順につきまして
それでは、確定申告の手順につきましてお伝えていきます。まずは必要となります書類を準備いたします。確定申告には詳細な金額の記入が必要なので、しっかり書類を見ながら書き込みをしてください。
必要な書類
・源泉徴収票(給与があります方)
・各種控除の証明書
確定申告には、その年の全部の収支を書き込む必要がございます。本業のお仕事がありますケースは、XMTrading(XMトレーディング)での収支だけの記載では不完全なので、かならず源泉徴収票を用意しましょう。又、控除を受けているケースにはそれらの金額も必要になります。 1ヶ月といった決められた期間に書き入れて提出しないといけませんので、確定申告の時期が迫ってきましたら早いうちに書類の準備をはじめるようにしましょう。
ありました方がいい書類
・XMTrading(XMトレーディング)の年間取引収支証明書
・経費に関します領収書
確定申告にはXMTrading(XMトレーディング)での取り引きに関します書類を添付する必要はございませんが、正確な取引き額の把握のためにはございました方がいいです。とりわけ海外FXでの利益におきましては後々に税務署等より詳細につきまして問合せがあるケースも少なくありません。そのようなときに、ミスが露呈したり慌てることがないために、事前にきちんと確認しておくのがおすすめです。 XMTrading(XMトレーディング)の取引利益の頁より日付を指定しまして一覧を表示出来ますから、参考にしてください。又、確定申告では、利益より経費を差し引いた金額が課税の対象になります。すなわち、いかにしてたくさんの経費を認めて貰うのかが節税にデカく関わりましてくるということです。PCやモニターの購入費とかセミナー費といったもの、XMTrading(XMトレーディング)に関係していることも考えられます経費に関しての領収書はちゃんと取っておきましょう。セミナー会場に至るまでの交通費等も必要経費としまして認められる可能性もありますので、日常的にきちんと意識して領収書の管理を行なっておきましょう。領収書がないとどのような経費も証明が出来ませんから、気を付けて下さい。
確定申告書の作成
確定申告書は税務署にも置いてございますが、近頃ではインターネット上で作成することが一般的になってきています。国税庁の確定申告書等作成コーナーより、「作成開始」で始められます。 「e-Tax」または「書面提出」が選択できますが、これはご希望の方でオーケーです。 e-Taxはインターネット上で完結します確定申告になるので添付書類も必要ございませんで手続きが簡便でございます。その代わりマイナンバーカードが必要です。書面提出はe-Taxが使えませんヒト向けなのですが、添付書類が必要でございましたり実際に書類を郵送する手間がありましたり等のマイナスポイントが存在します。いずれを選択しても確定申告であります点については相違ありません。
納税の手続き
確定申告書を提出しましたら、後は算出されました納税額を納税しまして手続きは終了でございます。確定申告書の提出のみで満足して納税を忘れ去ってしまうことになれば本末転倒になりますので、気をつけなければなりません。又、確定申告後に税務署よりの納付書の送付とか通知がくるといったこともございません。確定申告は全部、自身で申告しまして自身で納税をします必要がありますことを頭に入れておきましょう。
納税方法につきましては、下記の4種類でございます。
・現金
・クレジットカード
・e-Taxでの電子納税
・振替納税

XMTrading(XMトレーディング)での確定申告は厳しい追求がある?

XMTrading(XMトレーディング)での取り引きは日本からの監視の目が行き渡りにくい海外投資になります。そういう理由から、日本国内の税務局はとても関心を持ち注視しております。とりわけ近頃の国内FXのレバレッジ規制後は海外FXへの流入の激しさもすごいものがございます。狙って脱税をおこなう方も少なくなくて、海外FX業者での取り引きという理由だけで疑いの目を向けられてしまうといったこともございます。不確かな確定申告では、逆に税務署より厳しい追及をうけまして痛い目を見る可能性もあります。であればこそ、ちゃんとした手続きで正確な確定申告を行うことが、自らの身を守る結果にもなるのです。
利益がなくても海外送金の額はかさむ
XMTrading(XMトレーディング)では入出金は海外口座で行われることが多いと考えられます。例を挙げれば、100万の入金を行なって30万円の利益が生じて130万円全額の出金をしましたとします。これを5回繰り返したとしますと、利益は150万円でございますが、口座からの出金分につきましては130×5=650万円にも達します。これは国内業者のケースでは問題になりませんのですけど、海外FXを利用しているケースは注意が必要でございます。 XMTrading(XMトレーディング)等の海外FX口座より自身の国内口座への送金額が1回100万円を超えているケースは、都度口座最寄りの管轄の税務署にレポートが送られるようになっているのです。頻度が多ければ、後に税務署より出金額の詳細に関しての説明が求められる場合もございます。とりわけ、確定申告後にその内容と整合性がとれていませんケースには、かなり厳しく指摘されます。海外FXを利用します際は、単純な利益のみならず送金額全体に注目しておきます必要がございます。
XMTrading(XMトレーディング)以外の雑収入も忘れずに
XMTrading(XMトレーディング)での利益は、他の雑収入と合算する必要がございます。例を挙げれば、XMTrading(XMトレーディング)の外にも別の海外FX業者を利用されているなら、そちらの収入に関しましても確定申告には必要でございます。仮想通貨での利益とか損失がありますケースにはそれも合算します。最初に示しました確定申告が必要な方の条件でございますが、これらの合算がどのようになるかで考えてみてください。 XMTrading(XMトレーディング)で40万円の利益が生じたとしても、別の海外FXで30万円のマイナスが生じているのであれば、確定申告は必要ございません。
XMTrading(XMトレーディング)を利用した節税方法は存在しない!
なんとかしてうまい事税金を払わなくても済むようにする方法はないだろうかと考える方も少なくないようですが、XMTrading(XMトレーディング)に関しまして特別な節税方法はございません。全てにおきまして正しく記載し、できる限りの経費を計上します事が、実質的に何よりの節税方法でございます。最初からちゃんとした確定申告を行うのが何よりです。XMTrading(XMトレーディング)で取り引きをスタートするのであれば、確定申告の手続きを見据えた書類管理も同時におこなっておくことが大切です。