【海外FX】XMTrading(XMトレーディング)の出金方法と注意点を理解しやすくご説明!

【海外FX】XMTrading(XMトレーディング)の出金方法と注意点を理解しやすくご説明!

【海外FX】XMTrading(XMトレーディング)の出金方法と注意点を理解しやすくご説明!

XMTrading(XMトレーディング)の出金方法につきましては大きく3種類!

XMTrading(XMトレーディング)でトレードを行って収益が発生しても、無論出金を行なわなければ使うことは出来ません。実際の所、XMTrading(XMトレーディング)では案外出金に関してのトラブルが多いです。しかしながら、それに関してはXMTrading(XMトレーディング)側の問題というより、ユーザ側が出金の性質を把握していないことが多いと考えられます。実際、XMTrading(XMトレーディング)につきましては、貰えるボーナスとかハイレバレッジの長所のみをチェックして、見過ごしてはならない出金の際のルールは流し読み…といった方も少なくないですね。 XMTrading(XMトレーディング)の出金方法は大きく3種類ございますが、それらを自由に選択できるというわけじゃなく、入金の際の方法によりいかなる出金方法になるのかが決定するのです。ここでは、「知らない」では済まされないXMTrading(XMトレーディング)の出金方法につきまして理解しやすくお伝えていきます。
入金額以内の出金につきましては、必ず入金の際の方法で出金される
さしあたって頭に入れておいて欲しいのは、マネーロンダリング防止する為に入金額以内の出金につきましては必ず入金の際の方法で出金されるといった大原則が存在します。すなわち、出金方法は入金した時点で決定してしまうということなのです。例を挙げれば、クレジットカードで10万円入金行ってトレードをしているヒトのケースでは、10万円以内の出金につきましては必ずクレジットカードの返金といった形での出金になるということなのです。このことはビットコインで入金を行ったケースも同様です。又、入金額以上の出金になるケースは、入金額分はクレジットカード(ビットコイン)、入金額を超過した分は海外銀行送金での出金となります。
複数の方法で入金していましたケース
もう解説をしました通り、出金方法は入金方法同様になるといった原則が存在します。ただ、複数の方法で入金を行っていたケースの出金方法はちょっとややこしくて、まずは出金方法の優先順位を把握しておくことが不可欠です。優先順位につきましては下に記しました通りです。
クレジットカード・デビットカード
ビットコイン
銀行送金
これのみだとまだ分かりづらいと思うので、実際に例をあげましてチェックして行こうと思います。まず、クレジットカードで20万円の入金、ビットコインで10万円の入金、銀行送金で5万円の入金を行なって、取り引きの結果残高が100万円になりそれを全額出金するケースを考えてみましょう。とても単純なケースですが、このケースではまずクレジットカードに20万円の出金、ビットコインで10万円の出金、あとの70万円が銀行送金での出金になるのです。 ふたつ目のケースとしまして、ビットコインで10万円の入金、クレジットカードで5万円の入金を行なって、取り引きの末に残高が10万円となってそれを全額出金します場合を考えてみましょう。このようなケースでも、まず優先順位の高いクレジットカードから入金額分の5万円が出金となります。そしてあとの5万円がビットコインでの出金になるのです。大事な事は、入金した順序は関係無しに、飽くまで前の方にてご紹介した優先順位で出金方法が決定するということになります。
最低出金額は5ドル相当より!しかしながら出金方法には注意
XMTrading(XMトレーディング)におきましては、最低5ドル相当よりの出金ができます。これほどの少額で出金を行うヒトはいないとは思われますが、もしも僅かな額の出金をするつもりがあるのであれば出金方法においては気をつける必要があります。と申しますのも、XMTrading(XMトレーディング)では出金方法によってかかる手数料が違ってくるからです。クレジットカードとかビットコインでの出金につきましては出金額に関わらず手数料は無料なのですが、銀行送金のケースでは手数料がかかります。銀行によって変わりますが、受け取ります際の手数料としまして凡そ2500円から4000円程度かかります。又、2万円未満の出金のケースではXMTrading(XMトレーディング)側の送金手数料(3000円程度)も負担する必要がございます。銀行送金での出金を行う際には、めったやたらに出金を繰り返さず可能な限りまとまった金額にするということが良いと思います。

XMTrading(XMトレーディング)の出金を行う場合に注意しなければいけないこと

XMTrading(XMトレーディング)の出金のルールをご説明しましたが、出金の際に知っておかなければいけない注意点につきましては他にもございますからお伝えていきます。
ボーナスは出金出来ない
XMTrading(XMトレーディング)に関しましてはボーナスが手厚いことによって知られております。しかしながら、新規口座開設・入金ボーナスにつきましては証拠金としましての利用のみとなっておりますから出金しますことは出来ません。
出金額と同じ割合のボーナスが消滅!
このことも気を付ける必要があります点で、把握していなければびっくりしてしまうと思います。XMTrading(XMトレーディング)では出金の際に口座内のボーナスが消滅するといった仕様なので、消滅するボーナスの額は出金します金額(割合)により決定します。例を挙げれば、口座残高の全額(100パーセント)を出金したケース、ボーナスも全部(100%)消滅いたします。口座の2分の1(50パーセント)の出金のケースは、ボーナスも2分の1(50パーセント)消滅いたします。口座の全額を出金してしまいますとボーナスも全部なくなりますので、そのあとも取り引きを続けていく為には又入金が必要となりますから気を付けましょう。
証拠金維持率が150パーセントを下回りますと出金はキャンセルに
XMTrading(XMトレーディング)では、ポジションを持っていましても出金が可能となっております。しかしながら、証拠金維持率が150パーセントを下回ってしまうことになりますような出金の申請はキャンセルされてしまいます。急に専門ワードが出てきて困惑かも知れませんが、可能な限りカンタンにお伝えしますね。まず、ポジションと言いますのは、何かしらの通貨(ドル等)を購入しまして保持しています状態のことを意味します。すなわち、その通貨の価格変動しだいで利益になりますのか損失になりますのかまだハッキリしない状態の事ですね。そして、証拠金維持率と申しますのは、口座に入金しております金額とポジションを維持しますために必要な金額の百分率になります。例を挙げれば口座に100万円ございまして、ポジションの維持に20万円必要だとしますのなら、証拠金維持率は100万÷20万×100(パーセント)=500パーセントになります。この状態で口座より80万円の出金をしようとしましたケース、出金後の証拠金維持率は20万÷20万×100(パーセント)=100パーセントとなりまして、150パーセントを下回ってしまうことになりますので出金は許可されません。このケースでは証拠金150パーセントをキープする為には口座の残高が30万円必要になりますから、最大出金額につきましては70万円といったことになりますね。はじめはちょっと分かり辛いかも知れませんけど、XMTrading(XMトレーディング)では証拠金の計算ツールが使用できるので、実際にご自身の証拠金を計算してみますといいと思います。
クレジットカードでの出金(返金)につきましては時間を要する
まず、XMTrading(XMトレーディング)では出金リクエストより出金処理の完了迄のバロメーターは24営業時間後とされております。 24時間後じゃなく24営業時間後ですので、休日前に出金リクエストを行なっても処理は休日明けとなりますから気をつける必要があります。しかしながら、この24営業時間後と申しますのは飽くまでXMTrading(XMトレーディング)側の処理の完了迄にかかります時間になりますから、実際にこちらへ入金される迄にはさらに時間がかかります。ついでに申しますと、ビットコインのケースは数時間以内、銀行振り込みのケースは2から5営業日程度での入金になります。しかしながら、クレジットカードにおける出金のケースは締日等の関係により1ヶ月程度かかるケースがあるのでお気をつけ下さい。デビットカードのケースは7営業日以内に入金されることが多いですが、それでもカード以外の出金方法と比較して時間がかかります。カードでの出金を行う場合にはゆとりのある出金手続きが必要になる事を頭に入れておくようにしたいものです。又、クレジットカードによります入金につきましてはショッピング枠を使っており、出金手続きはそのショッピング枠のキャンセルといった形を取っております。そのため、例を挙げれば1万円、3万円、2万円と何回かの入金を行なっていたケース、その全額を出金しようとした際の出金処理も1万円のキャンセル、3万円のキャンセル…とわけて行なわれます。これは数日で完結しますケースもあれば数ヶ月に渡ってしまうこともございます。この仕組みを分からないでいますと、6万円の出金リクエストをしたにも係わらず1万円のみしか入金されなかった!とあたふたしてしまいますことがございますから頭に入れておいて下さいね。ついでに申しますと、その時点では既にXMTrading(XMトレーディング)側での出金処理は完了しておりますので、あとどれほどで残りが入金されるのだろうかといった情報につきましてはカード会社の方に問い合わせるしかございません。
出金に対応しておりません国内銀行もございます
XMTrading(XMトレーディング)は、日本の金融庁の認可を受けておりません。なので、何社かの銀行におきましてはXMTrading(XMトレーディング)よりの出金を拒否されるようになっております。具体的には下記に記しました6つでございます。
・新生銀行
・みずほ銀行のネット支店
・ゆうちょ銀行
・ジャパンネット銀行
・じぶん銀行
・セブン銀行
上記の銀行を送金先の銀行に設定しておりますと出金リクエストは通りますがいつまでも着金されません。XMTrading(XMトレーディング)側の問題じゃございませんので、上記以外の銀行を送金先に設定して下さいね。