FXを行うなら把握しておきたい重要な経済指標

FXを行うなら把握しておきたい重要な経済指標

FXを行うなら把握しておきたい重要な経済指標

ここではFXのファンダメンタルズ要素で大事な、経済指標などに関してお伝えします。

経済指標とは?

経済指標と申しますのは、各国が発表します経済に関してのデータの事。物価とか金利、景気とか貿易等の数値をデータにしまして、その国の経済状況を把握することができる指標でございます。簡単に申せば「その国の経済統計情報」ですね。経済の状況を世界に開示することになりますので、景気の良いか悪いかとかこの先どうなるのかなどをつかみやすくなります。ですのでそのタイミングで各国の通貨の価値が変動しまして、FXのチャートも動いて行くのです。

FXでチェックしておきたい大事な経済指標

FXでは少なくとも押さえておきたい経済指標が存在します。とりわけ、世界の経済のメインである米国の経済指標はFXを行なっているたくさんの人が確認している項目になります。トレードする国の通貨の経済指標は言うまでもなく、米国の経済指標もしっかりとチェックするようにしてください。
トレードする国でチェックしておくべき経済指標
トレードする国の通貨……例を挙げれば日本-英国のケースでは、日本と英国の経済指標をチェックしておきますと、チャートが動くタイミングも把握しやすいです。下記で掲載されている経済指標のみならず、その国においての特色・特徴に合わせた経済指標は確認しておくようにしたいものです。
国内総生産(GDP)
国内総生産。聞いたことがある方が多くはないでしょうか。スクールの授業でもやりますしね。その年、国の中におきまして作られたサービスとかモノの付加価値の合計が国内総生産。その国の成長率を示す数値ですので、とっても注目&重要性が高いです。 GDPは四半期ごとに発表されますので、カレンダー等にメモしておくといいかもしれません。
※カナダは毎月発表
小売売上高
小売売上高と申しますのは、国内で販売されている商品の売上合計の事。どうしてこれが指標になるのかと申しますと、消費者がどの位お金を使っているのか把握できるので、経済状況が判断できます。前の月やそれより前と比較し低下しているか、上昇しているのか等を見てチャートが変動していきます。発表時期はいずれの国も毎月行っております。
国際貿易(貿易支出)
国際貿易の事を貿易支出とも申します。どっちかと言うと貿易支出と申す方のほうが多いかもしれません。この国際貿易(貿易支出)は、輸入と輸出の数値を掲示したものでございます。収入の方(輸出)が大きいケースが黒字、支出(輸入)が大きいのなら赤字です。黒字のケースは通貨の価値が高くなり、赤字のケースは通貨の価値が下がるので、FXのチャートにもダイレクトな影響を与えます。国際貿易(貿易支出)につきましては毎月発表されます。
消費者物価指数(CPI)
消費者物価指数(CPI)は、対象の商品の価格(物価)が前年・前月比等に比較し何パーセント変動しているのかを示しました数値になります。前回の数値などを参考に、その国がインフレになるのかそれともデフレになるのか等を判断しまして投資などを検討してまいります。消費者物価指数につきましては毎月発表されます。
生産者物価指数(PPI)
生産者物価指数といった言葉よりも、PPIなどといった言葉をニュースで聞いた経験があると思います。生産者物価指数(PPI)は、商品を出荷しました時点の価格の変動値でございます。業種とか商品、製造段階等で分類されております。とりわけ価格が変動しやすい食品とかエネルギー等の項目を抜いた「コア指数」と申しますものが注目されます。生産者物価指数(PPI)につきましては毎月公開されております。
失業率
失業率は、ちょっと言い方がよろしくないのですけど、仕事する意思と能力があるのだけれど職に就いていない人の割合のことを指します。実のところ国により基準がまちまちですので、数値を目にしたのみで安易に比較できるものじゃありません。しかしながら、失業率の高低に関しましてはその国の経済状況が把握できるので、よくチェックされます。失業率につきましては毎月公開されます。
米国の重要な経済指標
米国の重要な経済指標はたくさんございますが、今回はその中でもとりわけ重要な経済指標を紹介していきたいと思います。
雇用統計
米国の経済指標で何より注目していただきたい項目が「雇用統計」でございます。雇用統計と申しますのは、雇用に関しての情報を10項目以上に渡り詳細に数値化しました統計情報でございます。その中でもFXをおこなっている方たちは「非農業部門雇用者数」および「失業率」に注目しております。非農業部門雇用者数は想像できると思いますが、農業に従事しておりません人の雇用状況を示したものでありまして、失業率は前述した通りになります。毎月第一金曜日に発表されます。時間に関しましては午後10時なのですが、サマータイム中につきましては午後9時半になります。
FOMAC政策金利発表
FOMACでは米国のこれからの金融政策の方針を話し合います。そこで政策金利につきましても決められるので、通貨の価値の変動が生じます。通貨の価値が変化するといったことは、チャートにもダイレクトに影響がございますのでFXをおこなっている方たちはこのFOMACの発表を都度チェックしてるんですね。年8回。大体6週間に1回発表されております。
国内総生産(GDP)
GDPにつきましては前項で解説致しました。米国のGDPはとても重要なので、自身が取り扱っている通貨ペアにドルが含まれていないとしましても確認するようにしてください。 1月、4月、7月、10月の四半期に一回発表されます。午後10時でサマータイム中につきましては午後9時半に発表でございます。
ISM製造業景状感指数(旧全米購買部協会指数・NAPM)
ISM(供給管理公社)が、全米のおよそ350の製造業者の購買と共有管理者(役員クラス)に、アンケートを行なって各項目をパーセンテージで示しておりますのがISM製造業景状感指数でございます。 50パーセントをオーバーしているケースにつきましては好景気とされ、それより下でございましたら景気が後退していると判断されております。とりわけ50パーセントを下回りますと景気が良くないということになりますので、通貨等の価値が一気に下落しやすくなるのです。こちらの数値につきましては毎月発表されます。
小売売上高
小売売上高は想像できると思いますが、スーパー等の小売業の売上高をまとめました数値でございます。米国はGDPのうち個人消費率が7割をオーバーいたします。このことは世界と比較しても高い数値になります。個人消費率が多いといった事は、景気の良いか悪いかに繋がります。急激な価格変動は生じにくい項目ではございますが、たくさんのトレーダーに注目されております項目になります。発表につきましては毎月第9営業日にされます。
消費者信頼感数(CCI)
消費者信頼感数は、米国の全米産業審議委員会が発表しております、景気状況とか雇用・所得につきまして、楽観しておりますか悲観しておりますかといったアンケート結果でございます。前の回と比べて高いのなら景気が良くなっている、低いのなら景気が悪化していると判断いたします。米国は前述した通り、個人消費率が高い国でございます。一般消費者の声がそのまま景気につながっていると考えられる為に、FXをおこなっている方たちからはすごく注目されております数値であります。発表につきましては毎月25日から月末あたりにされます。

経済指標はFXビギナーも意識しておこう

ここではFXに必要な経済指標に関してお伝えしました。ファンダメンタルズファクターとしまして、ずいぶん大事な項目になるので、ビギナーのうちから頭に入れておきましょう。自身の持っている通貨の国の指標を確認しておきましたらとても良いですね。僅かでもみなさんの役に立てる記事でしたら幸いです。