XMTrading(XMトレーディング)でMT4を使いこなそう!インジケーターを追加する方法を詳しく説明!

XMTrading(XMトレーディング)でMT4を使いこなそう!インジケーターを追加する方法を詳しく説明!

XMTrading(XMトレーディング)でMT4を使いこなそう!インジケーターを追加する方法を詳しく説明!

MT4には便利なインジケーターがいっぱい

XMTrading(XMトレーディング)でも公式プラットフォームとしまして紹介されておりますMT4では、イージーな操作でハイクオリティのFXトレードすることが可能となっております。そのMT4でのハイクオリティのトレードを支えておりますのが、インジケーターと称される便利プログラムであります。インジケーターをうまく使用してチャートをより詳しく解析することで、より勝つ確率の大きいトレードすることが可能なようになります。 MT4には初期の段階の時に複数のインジケーターが入っていますが、インターネット上にはMT4に追加できるインジケーターがいっぱいございます。使いこなすことによりトレードの勝つ確率も上昇して行くことになると思います。実際、FXトレードの上級者になるにともなって、そのようなカスタムインジケーターを利用していらっしゃるヒトのパーセンテージも増加します。そこでここでは、インジケーターの基礎的知識と、MT4へのインジケーターの追加の方法を説明して行こうと思います。ぜひ、インジケーターを使いこなせるようになっていただきたいと思います。
インジケーターってなんだろう?そもそも必要なの?
まずは、「インジケーター」とは一体何なのかといったことからお伝えていこうと思います。今までインジケーターを利用した経験が無いといったヒトは、「そもそも必要なの?」と考えている場合もあるでしょうから、その大切さも理解しておきましょう。インジケーターと申しますのは罫線分析ツールとも呼ばれていて、チャート上に移動平均線とかボリンジャーバンド等のテクニカル指標を表示しますプログラムになります。テクニカル指標と申しますのは統計を利用しました指標のことでございまして、表示されているチャートに統計学的な確率とか解釈を付与してくれます。時間足のチャートのみご覧になっていては分からない客観的な傾向を知ることが出来るので、より確実性の高いトレードをすることが可能です。 FXの価格予想につきましては、サイコロの次の目を的中させることとはわけが異なります。過去のチャートは世界各国の経済状況のこれまでの歴史が如実に現れておりますので、そのチャートを深く分析することが、長期的なFXで成果を得るには大事なのです。
最たるインジケーター
それでは、実際にインジケーターとはどういうものであるのか、最たるものからお伝えしていきます。
移動平均線
いちばん知られているインジケーターで、MT4にもハナから搭載されております。ある期間までのレートの終値を平均化しまして、その数字を結んだ線のことでございます。例を挙げれば、5日移動平均線でありましたら、当日より4日前までの終値を平均しましたものが当日の移動平均値になります。あくる日になれば4日前の終値を切り捨てて新しい終値をプラスして移動平均値といたします。そうやって算出しました移動平均値を結ぶと、移動平均線になります。移動平均線は為替レートの単純な平均値を結ぶ線ですので、連日価格が上がっていれば傾きが正に、下がっていれば負になります。すなわち、移動平均線のインジケーターを入れることで、為替レートのトレンドを把握できるわけです。
ボリンジャーバンド
こちらもよく知られているインジケーターで、統計学における標準偏差、正規分布の考えに基づきました指標になります。標準偏差と申しますのは、ある期間中のある一日の価格がその期間の平均値とどれくらいばらついているのかといったものを求めたものになります。 平均値からのばらつき具合をσといった記号で示しまして、平均値±σに入る確率が68.26パーセント、平均値±2σでは95.44パーセント、平均値±3σでは99.73パーセントといったようになっています。偏差値で例えますとしましたら、+σが偏差値60、+2σが70、+3σが80といった感じです。受験勉強をした経験があるヒトだったら理解が難しくないのじゃないかと思います。例を挙げればその日の価格がボリンジャーバンドで+2σのところにあったのならば、この先もっとそれをオーバーする確率は標準偏差の考えでは数パーセントです。すなわち、いずれ平均値に向かって下がってくるんじゃないかと予想が立てられるというわけです。
MACD
日本語にしましたら「移動平均収束拡散法」という難解な印象ですが、通常はマックディと称されております。 MACDは短い期間の移動平均線と長い期間の移動平均線の差で表されます指標になります。前の方でお伝えした移動平均線を2種類組み合わせてトレンドを算出します方法であります。短い期間の移動平均線がマイナスでありましても、それよりも長い期間の移動平均線がプラスでありましたら、為替レート的には依然上昇傾向にあると見なせます。ですので、MACDがプラスでございましたら上昇トレンド、マイナスでございましたら下降トレンドといった解釈になります。
MT4に初期搭載されておりますインジケーターにつきまして
インターネット上でDLできるものを含めると、インジケーターは数千といった種類が存在します。調べてはみたけれど、いったいどういったものをDLしたらいいのかわからなくて、迷ってしまうのも理解できます。しかしながら、MT4にはハナから30種類を越えるほどのインジケーターが搭載されております。使用したいインジケーターをMT4上でチョイスすればすぐに使用できますし、無論タダで使い放題であります。ビギナーから中級者までなら、これだけであっても十分なくらいです。まずは、はじめから搭載されておりますインジケーターを使用してみて、「更にこういった機能が欲しい」といった具体的なニーズが出てきたら、それをキーワードに探せばいいでしょう。使用法は、MT4のウィンドウから「挿入」→「インジケーター」で、お好みのものをチョイスするだけです。因みにですが前の方でお伝えした移動平均線、ボリンジャーバンドにつきましては「トレンド」より「Moving Average(移動平均線)」、「Bollinger Bands(ボリンジャーバンド)」で入れる事が可能です。 MACDにつきましては、「オシレーター」から「MACD」をチョイスしてください。

MT4にインジケーターを追加します方法を解説

MT4にはじめから搭載されておりますインジケーターを使用してみますと、やはりそれ以外にもインジケーターを追加してみたいと感じると思います。無料でも非常に便利なインジケーターがいっぱいありますので、追加できるようになっておくとトレードの戦略の幅が広がるのではないかと思います。ここからは、MT4にインジケーターを追加するやり方をお伝えて行こうと思います。上手くいかないケースの対応策もまとめておりますので、ぜひとも参考にしてみてください。
MT4のバージョンにより入れ方が相違する!
まずは、いま利用中のMT4のバージョンをチェックしてください。と申しますのも、MT4はバージョンによりインジケーターの入れ方が相違するからです。 MT4のウィンドウから、「ヘルプ」→「バージョン情報」でチェックすることができます。 Version〇.〇〇、Build〇〇〇〇といった表示が出てきたのではないかとおもいますが、この頁でお伝えしているのはBuild600以降のやり方になります。Build600未満のバージョンのヒトにつきましては、XMTrading(XMトレーディング)公式WEBサイトからMT4の再DLを行いましてから、続きをご覧になってください。
インジケーターの追加方法
MT4のバージョンがチェックできましたら、さっそくインジケーターの追加に取りかかりましょう。手順は大きく2つでございます。順番にお伝えていきたいと思います。
まずはMT4のインジケーターフォルダに追加
MT4にインジケーターを追加しますには、まずDLしたインジケーターのファイルをMT4の規定フォルダ内に追加します必要がございます。まずはMT4を起動させまして、「ファイル」→「データフォルダを開く」とクリックいたします。 MT4の関連フォルダが開きますので、「MQL4」フォルダを開きます。 更に、「Indicators」フォルダを開きます。 するとインジケーターファイルがいっぱい表示されるはずですので、そこに追加したいインジケーターファイルをドラッグ&ドロップで追加を行ってください。コピー&ペーストでもOKです。追加できましたら、MT4の再起動を行ってください。これで、第一段階は完了でございます。
MT4のチャートにインジケーターを追加
MT4内にインジケーターを追加できたら、あとは任意のチャートにそのインジケーターを表示させましたらいいだけです。表示方法につきましては、「挿入」→「インジケーター」→「カスタム」とクリックいたしまして、追加しましたインジケーターをチョイスしてください。
・インジケーターの追加がうまくできないときは
ラストに、手順通りに行なっているのにも関わらず上手くインジケーターが追加できない、といったケースにチェックして頂きたい点をまとめました。基本的にトラブルの原因は下に記しました3つであると思われますから、ひとつずつチェックしていきましょう。
MT4のバージョンをチェック
まずは、追加手法の最初でお伝えしたとおり、MT4のバージョンが古くないだろうかどうかをチェックしてみてください。はっきりしないケースは、公式頁から再びDLすることが手っ取り早いんじゃないかと思います。
インジケーターが対応しておりますかチェック
インジケーターにはMT4対応のものとMT5対応のものに大別されます。 MT4にはMT4用のインジケーターのみしか入れられませんので、いま追加しようとしておりますインジケーターが対応しているか否かをチェックしてみてください。
ファイルを正確な場所に保存しているかチェック
インジケーターファイルを格納するフォルダを誤っているといった場合も少なくありません。とりわけ、いくつもの口座があるケースはインジケーターのフォルダも口座の数だけございますから、混乱してしまうことが少なくありません。ファイルのエクスプローラーから探してしまうと間違ってしまう可能性が少なくありませんので、追加したい口座のMT4から「データフォルダを開く」でフォルダを開きますのがいちばん確かな方法でございます。又、ファイルの追加後のMT4の再起動をしていないといったこともインジケーターが使えない原因のひとつですから、忘れることなく再起動を行ってください。