XMTrading(XMトレーディング)MT4で24時間取り引きを行うならVPSを活用しよう!

XMTrading(XMトレーディング)MT4で24時間取り引きを行うならVPSを活用しよう!

XMTrading(XMトレーディング)MT4で24時間取り引きを行うならVPSを活用しよう!

XMTrading(XMトレーディング)で自動取引を行う方におすすめしたいVPSの導入

追証無しのハイレバレッジ取り引きが可能な海外FXのXMTrading(XMトレーディング)は、充実した日本語サービス等も相まって国内で利用する方につきましてもより一層増加しています。又、XMTrading(XMトレーディング)はブラウザ上でのトレードの他にも、MT4といった取り引きツールを利用しますことで自動売り買いも可能です。サイドビジネスとしましての利用や、FXトレードのためにPCの前にへばりついておれないといったヒトでもチャレンジしやすいと思います。しかしながら、自分の家のPCを使用して完全放置自動トレードを行なっていると、1日中PCを起動しつづけておかなければなりませんので、電気料金も軽視できませんよね。そこでおすすめでありますのが、リモートで動き続けるVPS(Virtual Private Server)の導入であります。 VPSを使用したら自分の家のPCを切っていましても、MT4での自動取り引きは24時間続くのでとても便利ですよ。ここでは、XMTrading(XMトレーディング)で使用できるVPSにつきましてお伝えして行こうと思います。
安定した回線強度とアクセス速度が大きな強み
VPSと申しますのはバーチャルプライベートサーバーの略語で、かいつまんで言えば仮想の自身専用のサーバーのことでございます。個人のPCでトレードを行なっている人も少なくないと思われるんですが、そのケース、自分の家の停電やPCのフリーズなどが起こるとトレードは完全にストップしてしまいます。局面によりましては、大事なポジションを保持したまま復旧を待つといったことになる可能性もあります。しかしながら、XMTrading(XMトレーディング)で採用されておりますVPSはロンドンにございますXMTrading(XMトレーディング)データセンターの近くに厳重なセキュリティーの元で管理されていますから、仮に国内の至る所が停電になってもサーバーは無事であります。 MT4の自動取り引きも動き続けてくれますので、狙ったトレードもしっかりとできます。又、アクセス速度の格段な向上といったこともVPS導入のでっかい長所でございます。普通、海外FX業者でのトレードは日本のサーバーより外国のサーバーへアクセスしまして行なわれます。しかしながら、XMTrading(XMトレーディング)でのVPSを利用する事で海外のサーバー同士のアクセスになるので、取り引きに要します時間が短縮されます。日本国内サーバーの状況にもよりますが、VPSを利用しておりますとだいたい30倍の速度でアクセスが可能でございます。日本国内サーバーを利用しますよりもセーフティーに早くトレードが行えるのが、XMTrading(XMトレーディング)でのVPSの持ち味だと言えます。
VPSであれば監視の為にPCを起動する必要なし
MT4の自動取り引きをしようと思いますと、無論自分の家のPCを1日中起動させておく必要がございます。そうなると、場所や契約条件にも左右されますが電気料金が10000円をオーバーしてしまうことだって珍しくございません。又、PCも消耗品なので、多くの時間起動し続けておりますことによって予想外のトラブルが生じてしまう危険も上昇します。しかしながら、XMTrading(XMトレーディング)のVPS上でMT4を起動して自動取り引きを始めれば、あとはロンドンのリモートサーバー上でMT4の自動取り引きを行なってくれますので、自分の家のPCの電源はスイッチオフにしてもオーケーです。スマホにつきましてもVPSにはアクセスができますので、あとは気になりました場合のみチェックするだけで良くなります。 VPSの導入をしますことによって、電気料金のセーブとかPCの温存にもなるということですね。
XMTrading(XMトレーディング)で採用されていますVPSに関しまして
XMTrading(XMトレーディング)で申し込みができるVPSはBeeks社といった海外業者のサーバーになります。 VPS業者は他にも数多くございますが、その中にあってもBeeks社は唯一エクイニクス社と契約しましてNY4データセンター内にサーバーを設置しております業者になります。エクイニクスと申しますのは5大陸44都市にまたがるいわば世界各地をネットワークで接続しております大企業であります。XMTrading(XMトレーディング)で利用しておりますVPSにつきましてはNY4内のデータサーバーですが、Beeks社のデータサーバーにつきましては国内でも東京及び大阪に存在しております。又、NY4と言えば大きな規模の金融サービスでございますとか電子商取り引きエコシステム等が密集したデータセンターで、とてもタフで高速な通信サーバーが高く評価されていることで知られてございます。 XMTrading(XMトレーディング)で採用されておりますVPSにつきましては、通信の安定性とか速度につきましては別のVPSと比較しても水準が高く、信頼の置けるVPSだと思います。メモリ1.5GB、ハードドライブ容量20GB、600MHzの安定しましたCPU電源及び、サーバーのスペックも十分に高いです。
VPSを導入する条件は?代金は必要になる?
XMTrading(XMトレーディング)でのVPSサービスはどなたでもお申し込みが行なえます。お申し込みの際に、口座残高が5000USD以上(その他通貨での相当額でありましても可)、もしくはひと月に最低でございましても往復5ロット以上の取り引きがございますケースはVPSのサービスを0円で受けることが出来ます。いくつかの口座を持っているケースは、全部の口座を合算しましての判断になります。この条件を満たしておりませんケースは、ひと月28USDでVPSサービスを受ける事が出来ます。ついでに申しますとXMTrading(XMトレーディング)の他にもVPSの料金なしのサービスを受ける事が可能な海外FX業者は存在しますが、ひと月に100ロットのトレード実績が必要であったりと、XMTrading(XMトレーディング)と比較しますと条件が容易ではないところが少なくありません。 XMTrading(XMトレーディング)では割りと楽に0円での申請が可能ですので、自らの取り引き実績をチェックしてぜひ利用を考えられてみてはいかがでしょうか。又、月額利用するケースには申し込みの際のログイン口座から引き落としされますので、いくつか口座がございますケースは残りの金額に余裕がある口座にログインしまして申請するようにしましょう。 VPSの導入は取り引き実績によりましては月々の維持費が必要になりますが、自動取り引き用のPCを購入する必要もなくなるし、完全に浮く毎月の電気料金を考えましたら十分におトクと思います。現段階でスペックのあまり良くないPCを使用していましても実質に動作するのはVPSですので、PCのスペックを気にしないでよくなるというのも良いところですね。又、VPSの維持費につきましてはサーバーの利用料金としまして確定申告の際に経費としまして申告することが可能です。節税といった点から見ても、VPSを利用しますプラスの面はでかいですよ。又、同水準のVPSをBeeks社よりじかに契約しますとひと月4750円(約43ドル)しますので、XMTrading(XMトレーディング)より申込をする方がずいぶんオトクであるといったことも把握しておきましょう。

XMTrading(XMトレーディング)でVPSを導入するマイナス面はある?

VPSは自分の家のPCを起動することなく1日中の自動取り引きを可能にします画期的なシステムでございますけど、XMTrading(XMトレーディング)でのVPSの利用に関しましてマイナス面がないといったわけではございません。それは、「日本語サービス」及び「プランの制限」といった大きく2点でございます。ラストに、VPSの利用の際に把握しておきたい点につきましてお伝えて行こうと思います。
XMTrading(XMトレーディング)内の日本語サービスの対象外
日本語サービスの手厚さが高く評価されているXMTrading(XMトレーディング)でありますけれど、VPSのサービスにつきましてはXMTrading(XMトレーディング)の日本語サービスの対象外となってございます。 VPSの申請に関しての問合せはXMTrading(XMトレーディング)内でのサービス対象になりますが、申請後は全部VPS提供会社のBeeks社にサポートが移ります。 Beeks社につきましては日本語サポートがございませんので、VPS利用中に何かしらアクシデントが発生して問い合わせたい事が生じたケースにつきましては、メールサポート等にイングリッシュで問い合わせる必要がございます。開設以来殆どトラブルは起こっておりませんが、英語力に心配のございます方にとりましては万が一の際の対応に難があると言えると思います。
XMTrading(XMトレーディング)経由でVPSの契約を行うとプランが選択できない
又、XMTrading(XMトレーディング)よりVPSの契約を申請しますと、Beeks社のVPSサービスのブロンズコースレベルのVPSの利用が可能になります。 ビギナーには十分すぎる程のスペックなのですが、自動取り引きの設定銘柄数とか取り引き量が増加してきますと少し物足りなくなることもあるのではないかと思います。しかしながら、XMTrading(XMトレーディング)内のVPS申請の場合はそれ以上のコースにプランチェンジする事が出来ません。 XMTrading(XMトレーディング)で申込をする方がプライスは安価なのですが、もしメモリ1.5GB以上のVPSを利用したいケースはBeeks社公式から申し込み直す必要がございます。現時点の取り引きの量とか将来のビジョンを考慮して、Beeks社のブロンズコースではもの足りないといったケースには、XMTrading(XMトレーディング)の窓口じゃなくBeeks社公式より申込みをすることがおすすめです。