XMTrading(XMトレーディング)MT4が動かないときに確かめるべきポイントを徹底解説!

XMTrading(XMトレーディング)MT4が動かないときに確かめるべきポイントを徹底解説!

XMTrading(XMトレーディング)MT4が動かないときに確かめるべきポイントを徹底解説!

XMTrading(XMトレーディング)MT4が動かない原因は?

XMTrading(XMトレーディング)MT4(以下MT4)が動作しない!といったトラブルは、MT4を利用しておりますとどのような人も1回はあるのではないでしょうか。ただ、なんら改善策をしないでも、ちょっとたつと何ごともおらなかったみたいに動くことも多いですから、ホッと胸を撫で下ろしていつも通りにトレードを行なっているといった方もいらっしゃることと思います。しかしながら、そのまんまの状態で放置していると、いざという一番大事なところで動作しなくなってお望みのトレードが行えなくなってしまいますケースもありますよ。そこでこちらでは、MT4が動かないときに確かめておきたい項目につきましてまとめています。原因を把握できれば、ある程度MT4の不具合は避けることができます!もし目下のところトラブルが生じていないケースでも、今のうちより学習をしておきましたら、何かあった際に慌てなくて済むのです。
FXトレードのベーシックなチェックポイント!
まずは、MT4が動作しない際にさしあたってチェックしなければならない大事な事をお伝えいたします。それは「MT4とは別の原因」です。 MT4が動作しないケースは、MT4そのものに原因がありまして動作しないといった以外に、FXのトレード環境が整っていないといった可能性がございます。例を挙げれば、土曜日日曜日祝日にMT4を起動すると、FXの市場そのものが機能していませんので、あたかもMT4が正しく動いておりませんように見えることがございます。この場合どれくらいMT4の状態をチェックしてみても、状況は変わりません。とりわけFXトレードスペシャリストになりたてだと、曜日感覚がなくなるケースが少なくありません。 MT4が動作しない!と思ったケースは、さしあたって慌てることなく今日が何曜日だろうか、祝日じゃないかをチェックしてみましょう。
ログインが正しくできていない
又、自らの口座にログイン出来ていないときもMT4は動作いたしません。 MT4のウィンドウの右下に「回線不通!」もしくは「無効な口座」というような表示をされているケースは、ログイン情報をチャックしてみてください。 「ファイル」より「取引口座にログイン」をチョイスし、正確なログインID、パスワード、サーバーをチョイスしてください。 間違いなくログインが行われ、MT4が正しく動作している場合には、右下の表示が「〇〇/〇〇kb」といった表示になります。 加えまして、価格のチャートもタイムリーに更新されていることと思います。万が一ログイン情報を失くしてしまったケースは、ログインIDにつきましては口座開設する際に受け取った電子メールに記載がされていますから、まだ電子メールが残っておりますとそこでチェックすることが可能です。 IDがわかればXMTrading(XMトレーディング)のサポート頁からパスワードのリセットができます。又、電子メールも紛失し、IDが分からないといったケースでも、サポート頁とか日本語ライブチャットサービスより問いあわせができます。 XMTrading(XMトレーディング)のサービスはレスポンスについても割りとスピーディーで、しっかりした対応を行っていただけるので、ログイン関連の他でも何か困った時はためらわないで問い合わせる思考が大事と思います。

MT4が重くて動作しない!軽くする方法を説明

MT4が全然動かないケースでは、先述したみたいなFXの市場関連とかMT4のログインでのトラブルが想定されます。ただ、回線は繋がっているのにもかかわらずチャートの更新がされない、動作のひとつひとつが遅いといったケースは、MT4とか自分の家のネット回線に負担がかかりすぎておりますことが考えられます。 MT4のサーバーには世界各国よりトレードのトランザクションが集中しております。 MT4そのものが正常だったとしても、使ってるPCのスペックとか回線の強さにより、遅れを取ってしまいますことがあります。ここからは、MT4が重くて動作しないといったケースに可能な対策につきましてお伝えして行こうと思います。
MT4の設定について再考してみる
まずは、MT4内の設定について再考してみることから始めましょう。デフォルト設定の状態で利用されているといった人も大勢いるかも知れませんけれど、MT4にはユーザーが使用しやすいようにカスタマイズ可能な機能がいっぱいございます。その為、ユーザーによりましては通常あんまり使用しない機能でもデフォルト設定ではオンになっていることがあります。そうしたよけいな機能を可能な限りオフにしていくことにより、PCに要求します負荷を軽くする事が可能です。
ヒストリー内の最大バー数、チャートの最大バー数を減らす
MT4が重い場合にまずチェックしたいのがこちらでございます。 MT4を軽くするには最も手っ取り早く、効果的でございます。ついでに申しますと、言葉の意味が分からないといったヒトでも設定はとてもイージーなので心配しないで下さい。一応言葉をカンタンに解説しておきますと、まず「バー」はチャートに表示されて居ります緑の四角のことでございまして、ある決められた時間足の価格変動を表したものでございます。 ついでに申しますと銘柄名の隣に時間足の表示がございますが、H4は4時間足といった意味になります。この表示時間足につきましてはウィンドウ上でカンタンに変える事が可能で、M1(1分足)及びM5(5分足)及びM15(15分足)及びM30(30分足)及びH1(1時間足)及びH4(4時間足)及びD1(日足)及びW1(週足)及びMN(月足)よりチョイスができます。そして、「ヒストリー内の最大バー数」につきましてはMT4内に保存される過去のバーのことでございます。すなわち、チャートの歴史(ヒストリー)をどの位保存しておくかといったことでございます。「チャートの最大バー数」につきましてはチャート上に表示されるバーの本数のことです。無論、これらのバー数が多いほど、PCにかかります負荷は大きいといったことになるわけです。チャートの予想をするにあたりましてこれまでの情報とか一度に表示できるバー数が大切でありますことは言うに及びません。しかしながら、普段そこまでこだわってトレードを行なっているというわけでもありませんでしたら、いくらか削減しましても問題はないと思います。そもそも、MT4でのヒストリー内の最大バー数・チャートの最大バー数のデフォルト設定は各々ずいぶん多めになっていますから、グッと減らしましてもぜんぜん問題ございません。設定のやり方は難しくなく、まず「ツール」→「オプション」とクリックいたしましてオプションウィンドウを表示いたします。 「チャート」タブをクリックいたしまして、「最下段のヒストリー内の最大バー数」、「チャートの最大バー数」に値を書きいれます。 ついでに申しますと、いずれも2000ありましたら十分と言われていますから、現在までこれを考慮したことが無いといったヒトでございましたらいずれも2000に設定しちゃいましょう。 しかるべき目的を持ってもうちょっとバー数がほしい、もしくはなんだか減らしすぎが不安といったヒトなら10000程度にセッティングしておいたら良いと思います。
不必要なチャート・インディケーターを減らす
MT4ではいろいろな通貨ペアのチャートとかインディケーターを表示しますことが可能ですが、同時にたくさんのチャートとかインディケーターを表示しておりますとその分MT4の動作につきましては重くなってしまいます。通常利用していない通貨ペアのチャートにつきましては表示せぬようにしましょう。又、左サイドにあります気配値表示もタイムリーに変動するものですので、いらない物を消しておきますと軽くなります。消し方につきましても難しくなく、左サイドの通貨ペアのどこでもいいので右クリックをいたしまして、「すべて非表示」をクリックいたします。 すると、現在チャート表示しております通貨ペアとは別の気配値表示が全部非表示になります。個別に消したいケースは、消したい通貨ペアの上で右クリックをいたしまして「非表示」をクリックいたします。
MT4の機能のアクティブ化は最小限に!
それ以外にも、詳細な部分で機能をオフにすることが可能な点が存在します。ひとつは音声設定であります。起動の際の音声等がこれにあたるのですが、それほど有用性を感じて居られません方も少なくないと考えられます。「ツール」→「オプション」→「音声設定」タブと順番に開きまして、「有効にする」のチェックを外してください。 又、チャート下部のニュースにつきましても自動更新でMT4を重くしますファクターのひとつです。日ごろから見ていらっしゃるヒトじゃなければ、ストップしてしまうことも手です。「ツール」→「オプション」→「サーバー」タブと順番に開きまして、「ニュースを有効にする」のチェックを外します。
自分の家のインターネット環境・PCのスペックを再考してみる
それでもMT4が重たくて動作しないといったケースは、はっきり申し上げてインターネット環境・PCスペックが水準に達していないことも考えられます。 MT4の他にブラウザとかソフトを立ち上げて居りますケースはそういったものを閉じるとか、可能な限りMT4の外に負担をかけさせないようにしてください。それ以外だと、無線LAN環境だったら有線LANにチェンジしてみたりとか、PCの動作とか通信を軽減するベーシックな手順を践んでみます他ないと思います。ケースによりましては、PCの変更とか回線の増設などを行なわないとスムーズにMT4を利用することができないことも考えられます。