海外FX「XMTrading(XMトレーディング)MT4」を使った取引方法を説明

海外FX「XMTrading(XMトレーディング)MT4」を使った取引方法を説明

海外FX「XMTrading(XMトレーディング)MT4」を使った取引方法を説明

ここでは、XMTrading(XMトレーディング)でのトレードの方法とかプラットホームの使用方法に関しましてお伝えしていこうと思います。

MT4(Mata Trader 4)を使用した取引方法を説明!

MT4(Mata Trader 4)と申しますのは、無料で配布されておりますFXトレードツールで、高機能だということにより数多く利用されております。いろいろな銘柄のチャートを表示可能な他、デフォルトでたくさんのインディケーター(トレードに活用できる指数)のデータも活用することができるだけじゃなく、自動売り買いも可能になっております。更に多言語に対応していて、日本語もサポートされているので、イングリッシュにさほど慣れていないヒトだとしても安心して使うことができます。 MT4を使用するとトレードはずいぶん単純な作業で行うことが可能でございます。例えば、購入するケースは、トレードを行いたい通過のペアチャートをチョイスし、クリックひとつで完了でございます。
MT4での新規注文方法
まず、MT4を起動いたします。お次に、起動いたしました画面上部のメニューバーにございます「新規注文」をクリックしてください。 そうしますと、「オーダーの注文」といった画面に移動いたします。この画面上で、
1.注文を行いたい通過ペアのチャートをクリックでチョイスいたします
2.メニューバーの「新規注文」をクリックいたします
※チャート上で右クリック→ 「注文発注」 → 「新規注文」でも注文可能
「新規注文」を選択しますと、次は「注文の発注」といったダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、先ほどチョイスした通貨が「通貨ペア」欄に選択しているかをチェックいたします。間違うことなくチョイス出来ていれば、「数量」の欄に取り引きを行いたいロット数を入力していきます。ちなみに、開設を行いました口座種類によりまして、1ロットあたりの数が変わってきますから、お気をつけください。ついでに申しますと、いずれの口座に於いても最小ロット数につきましては0.01ロットより取り引きが出来、例を挙げれば「マイクロ口座の0.01ロット」と申しますのは、「10通貨」を意味することになります。
取り引き通貨単位と申しますのは?
ここからは、取り引き通貨の単位に関しまして、もうちょっと詳細に解説していこうと思います。
例)ドル円が1ドル100円でスタンダード口座から1ロット取引をおこなうケース
1ロット(100,000通貨)× 100円 = 10,000,000円
上の方で記しました計算式から、10,000,000円分をドル円で取引をおこなうといった意味になります。しかしながら、XMTrading(XMトレーディング)につきましては「レバレッジ」があります。レバレッジを888倍にセッティングしているケース、必要証拠金(必要最低限の資金)につきましては下の方に記しましたようになります。
10,000,000円÷ 888(倍)= 11,261円
上の方で記しましたのと同じ条件で最大レバレッジ25倍の国内のFX会社を使うケースは、一番低くても必要証拠金が40万円以上必要となってきます。すなわち、国内企業におきましては40万円必要なのですが、XMTrading(XMトレーディング)を使うことにより1万円ぐらいで同様の100,000通貨を取り引きする事が可能といったことでございます。

成行注文方法(即時注文)

上部メニューバーにございます「新規注文」をクリックいたしまして、オーダー発注画面を表示させます。通貨ペアをチョイスいたします。お次に、数量を入力いたします。最後に、注文種別をチョイスしておきます。以上の3つをチョイスしました状態で待機しておきますと、ここぞといったポイントで注文を行うことが可能です。
成行注文で把握しておきたい注文種別
注文種別に関しましては二つの種類がございます。現在の価格ですぐに注文を行いたい、といったケースには「成行注文(即時注文)」をチョイスし、価格を指定しまして注文を行いたいケースは「指値あるいは逆指値注文(新規注文)」をチョイスいたします。又、「成行注文」をチョイスしたケースは、そのまま「成行売り」あるいは「成行買い」のいずれかの注文ボタンをクリックしたら、すぐに注文が完了いたします。まだ不安を抱いているといったヒトは、デモ口座を利用しまして練習してみるということも良いのではないかと思います。