経済指標カレンダーとは?FXビギナーも確認しておこう

経済指標カレンダーとは?FXビギナーも確認しておこう

経済指標カレンダーとは?FXビギナーも確認しておこう

みなさんは経済指標カレンダーというものを御存知ですか? FXを行なっていくのでありましたらば、ビギナーもしっかり確認しておく事をオススメするカレンダーであります。これを把握しておくとチャート等も判断し易いようになるのです。

経済指標カレンダーと申しますのは?

まず、経済指標カレンダーにつきまして知りましょう。経済指標カレンダーと申しますのは、想像できると思いますが経済の指標になりそうな情報をまとめましたカレンダーのことを申します。 (経済の指標の事を経済指標と申します) 決まった日に於いて発表されるので、よく知られた経済指標につきましては把握しておいた方が良いでしょう。経済の指標になります情報がまとまっている為に、国の通貨を取り扱うFXであったり株等にダイレクトに影響することがよくあります。
覚えておきたい経済指標
FXにおきましてはとりわけチャートに影響を及ぼす経済指標が複数ございます。覚えておきまして特に損はないので、自身のカレンダーに控えたり、アプリのカレンダーに繰り返し登録しておきますといいでしょう。アメリカ雇用統計(非農業部門雇用者数)につきましてはビギナーでも確認しておいた方が良いでしょう。それ以外にもFOMCであったり米国のGDP等も見て欲しい…と申しますと、とりあえずは米国の経済指標に目を向けていればオーケーかなっていった感じです。
米国の雇用統計(非農業部門雇用者数)
米国につきましては世界に対しまして影響力が消え去りはじめたと言う方もいらっしゃいますが、やっぱり今なお米国が世界経済のメインです。経済大国の米国の雇用統計につきましては景気に影響を与え、そのことが世界の景気にも結びついていきます。月に1度第一フライデーの22:30(夏時間21:30)ごろに発表されるため、意識しておいて下さいね。

経済指標カレンダーの見方につきまして

経済指標カレンダーの見方につきましては容易なので、すぐに見ることができるようになると思います。こちらの項目におきましては、経済指標カレンダーの見方をビギナーの方にむけましてご説明して行こうと思います。 項目をカンタンに説明して参ります。
通貨:経済指標に関係します通貨のことであります。例を挙げればJPYだったら日本円
重要性:3段階評価で表示されます。高ければ高い程重要になります。
指標:指標の項目名でございます。
実際:結果の数値であります。どれくらいの結果になりましたかを記載しています。
予測:予測の数値でございます。
前回:前の回につきましてはどれくらいの結果であったのかについて表示しています。
数値や重要性とチャートの関係性につきまして
重要性が高く、これまでの結果(実際)であったり予測、前回の数値が良い経済指標のケースでは、良いチャート状態になるって思われることが多いのでありますが、じつはいつもそうとは言えません。多くのケース、これまでの結果であったり予測が高いと上向きのチャートになるのですが、しかしながらやっぱりそのようにならないことだってございます。理由につきましては、さまざまあります。例を挙げれば、発表されてすぐになんか相違した…だったり、みんながイメージしている感覚と国の指標の方向性が相違した…だったり、ビックファンドであったりとてつもない資金力を有する方たちがお金を動かした…投資した…だったり。本当にさまざまあるので、申し訳ないのでありますが、これ!って言ったことをお伝えすることはできません。

ほぼリアルタイムの経済指標カレンダー

自らがオススメしておりますXMTrading(XMトレーディング)におきましても経済指標カレンダーを見ることが可能ですが、下記のリンクでも見ることができます!ぜひ参考にされてください。
Investing.com 日本によりまして提供されております経済カレンダー

FXで経済指標カレンダーを留意していこう

経済指標カレンダーを留意していきますと、FXのチャートが大きく動くわけが理解できてきましたり、ファンダメンタルズファクターを学習することができる良い機会になると思います。これまで分からなかったことについて分かるようになるだけで、FXのチャートでその知識を活用することが可能になるので、ぜひ留意していってください。