FXの移動平均線の見方とサイン、表示の方法を説明!

FXの移動平均線の見方とサイン、表示の方法を説明!

FXの移動平均線の見方とサイン、表示の方法を説明!

ここではFXビギナーの方に、移動平均線の基礎をお伝えして行こうと思います。

移動平均線と申しますのは

移動平均線と申しますのは、一言で言えば一定期間の終値の平均を折れ線で示しました線のことでございます。イングリッシュだったらMoving Averageと表記しますので、MAって略されて表示されますケースもございます。移動平均線は、上の方で伝えたように、これまでの平均ですのでチャートの目安になるんですね。目安になりますので、相場は常に変動しておりますが、移動平均線を表示しますことでこれから先の予測などを立てるということが可能です。又、このあとにご説明していくのですが、チャートと移動平均線で値動きするであろう法則・サインなんかもございます。こういうことから、移動平均線につきましては投資家達にとりまして1つの目安・指標であると考えられます。現実にその通りに値動きしますことも少なくないからです。ですので、FXビギナーは早い時期から移動平均線につきまして頭に入れておいて、実践でも使用できるようになっておいた方が良いでしょう。
移動平均線で把握できること
移動平均線で把握できる事は3つございます。
トレンド状況につきまして把握する
トレンドの流れにつきまして予測する
売り買いタイミングにつきまして判断する
前の方にて伝えたように、移動平均線につきましてはこれまでの平均値をグラフ化しましたものでございます。ですのでトレンド状況を把握しましたり、これから先はどういった流れになるのかを予測する事ができます。又法則であったりポイントを把握しておきますことによって、売り買いタイミングを判断する事でも可能でございます。
移動平均線の種類
実のところ移動平均線には種類がございます。チャートの分析を行っていくのに、各々に特化いたしました移動平均線が作られました。 各々カンタンに解説してまいりますが、基本的には単純移動平均線を使用していきます。又、指数移動平均線を使用することもございますが、ビギナーであったりごく普通の投資家はあんまり加重移動平均線につきましては使用しないことが多いです。
単純移動平均線(SMA)と申しますのは
普通、移動平均線と称されるのがこの単純移動平均線であります。
一定期間の平均をとりまして数値を表示いたします。
単純移動平均線のプラス面・マイナス面
プラスの面:トレンド状況を把握しやすい
マイナス面:飽くまでも平均値なので急な値動きなどに於いては参考にしづらい
指数移動平均線(EMA)と申しますのは
単純移動平均線のマイナス面をカバーします為に作られました移動平均線の1つでございます。チャート分析においては、単純移動平均線あるいはこちらの指数移動平均線を選り好みして使用する方が少なくございません。累積加重といった計算のやり方で算出されておりまして、直近の数値に価値をおいております。そういう理由から、トレンドの変換を見ますのに使用されます。
指数移動平均線のプラス面・マイナス面
プラスの面:直近のトレンド状況を把握しやすい
マイナス面:トレンドが弱い場合とレンジ相場の場合のダマシに弱い
加重移動平均線(WMA)と申しますのは
指数移動平均線と同じく、単純移動平均線のマイナス面をカバーいたします為に作られました移動平均線の1つでございます。移動平均線ではいずれの日も同様=平均されました情報なので、ウェイトが同様になります。しかしながら、実際の相場においては直近のほうが現在の相場と近く、ウェイトにつきましてはそっちに置きました方がいいと申せますよね。ですので、説明といたしましては価値の重みを過去に向けまして小さくしていって最終的にはゼロにするような説明がされてございます。急ではないトレンド状況のケースに使用しますと効果的でございます。
加重移動平均線のプラス面・マイナス面
プラスの面:急ではないトレンド状態の場合に使用しますと効果的
マイナス面:急な相場の変化であったりレンジ相場においてはほとんど使用できない
移動平均線の見方・ポイントにつきまして
お次は移動平均線の見方であるとかポイントにつきましてご説明して行こうと思います。
トレンドをチェックする
まず、移動平均線につきましてはトレンドをチェックするのに使用します。上昇トレンドであるのか、下降トレンドであるのかを確認していきます。 移動平均線が下がっておりますと下降トレンド、上がっておりますと上昇トレンドになっていますことが把握できると思います。
移動平均乖離率(かいり)を見る
移動平均乖離率と申しますのは、どのぐらい実際の相場が移動平均線と離れておりますかを数値化いたしましたもののことを申します。相場につきましては移動平均線同様な動きになることが多い性質はございますけど、勢いよく値下げしましたり値上がりします場合もございます。そんなケースは移動平均線より相場が大きく離れる状態になりますんですね。大きく離れております状態の事を乖離(かいり)と申します。この状態になりますと、相場は「値上がりし過ぎ」「値下がりし過ぎ」で移動平均線の価格帯に戻ろうとしますのです!こういった性質を使用して、順張りであったり逆張りを行なっていきますことで資産を増やしていきます事が可能なため、移動平均乖離率につきましては売り買いのシグナルとしまして使用できます。
ゴールデンクロス=買いシグナルにつきまして
買いシグナルとしまして移動平均線で有名なゴールデンクロスでございます。これはしっかりと頭に入れて欲しいサインでございます!ゴールデンクロスと申しますのは、移動平均線同士がクロスしました(重なりました)場所のことを申します。とりわけ短期移動平均線と長期移動平均線が重りました際の事を指すことが多いです。この状況が生じると……強い上昇トレンドが生じていきます!!ダマシも少なくないです。
デッドクロス=売りシグナルにつきまして
ゴールデンクロスと逆に売りシグナルとして知られるのがデッドクロスになります。短期移動平均線と長期移動平均線が重なりまして下降トレンドが生じていきます。ダマシも少なくないです。
グランビルの法則について
移動平均線につきましてはグランビルという方が生み出しました。そのグランビル氏が作り出しました法則という理由で、グランビルの法則と申します。グランビルの法則につきましては、チャートと移動平均線の関係性より売買各々4つずつ、合計すると8つのシグナルがございますという事を示しております。

MT4で移動平均線を表示させるやり方

移動平均線につきまして把握したら、実際海外FXなどにおいて使用されているプラットフォームMT4で移動平均線を表示させるやり方を把握していきましょう! (ついでに申しますと自らが使用しているXMTrading(XMトレーディング)においては14タイプのMT4・MT5を用意しているのでパソコンだけじゃなくタブレットであったりスマホ・TV等々いろいろな環境でトレードが可能です) 表示方法につきましてはイージーです。まずMT4をDLしましょう!MT4 / MT5プラットフォームDLしましたら、ログインをしてください。ログインするには海外FX業者より発行されますIDが必要になります。今のところ持っておられないヒトはまず業者登録しますことをおススメいたします。 MT4にログインしましたら、「挿入」の「インジゲーター」の「Moving Average」をチョイスしてください。 チョイスしたらパラメーターを入力していきます。
時間軸で移動平均線の種類を変えたい場合につきまして
時間軸によりまして移動平均線の表示する期間を変えたい場合があると考えられます。あると考えられるっていうか、必ずすると思います。そんな場合はパラメーターの隣にございます「表示選択」をクリックしてください。デフォルト設定においては「すべての時間軸に表示する」にチェックが入っておりますが、そのチェックを外しますと別の時間軸を選ぶ事が可能です。 好きな時間軸にチェックを入れましてOKをおしたらセッティングが完了いたします。
移動平均線を見ているチャートから消したい場合につきまして
移動平均線を見ているチャートから消したい場合のやり方も合わせてお伝えいたします。ツールバーの上の「チャート」をクリックして「インジゲーターリスト」をクリックいたします。移動平均線はインジゲーターというくくりですので頭に入れておきましょう! クリック致しますと、登録したインジゲーターの一覧が表示されます。 消したい移動平均線をチョイスして「削除」をクリック致しましたら移動平均線が消えます。
登録した移動平均線のセッティングを変更したい場合につきまして
登録した移動平均線のセッティングを変更するケースは、上記のインジゲーター一覧迄をさしあたって行ってみて下さい。そこまでできましたら次なる作業に移ります。変更したい移動平均線をチョイスして「設定」を押しますと、登録した情報が出てきますので、パラメーターで期間を変えましたり、表示する時間軸を変更しましたりしてOKを押したらセッティング変更が完了いたします。

さっそく移動平均線を意識しまして取り引きを行ってみてください

FXにおきましてもテクニカル分析で大事な移動平均線につきましてお伝えいたしました。難解な事はあまりないので、意識しまして取り引きを行ってみてくださいね。ビギナーの方はこれだけであっても予測ができてる!といった感動を体感できるのではないかと思います。ローソク足の見方と一緒に意識していきますことによって、より効果を感じることができると思います。こちらの記事がこの先FXで利益を獲得していこうと考えておられます方の力になりますように!!