【FXを始めたばかりの方に不可欠な知識】ローソク足の見方とサイン【チャート】

【FXを始めたばかりの方に不可欠な知識】ローソク足の見方とサイン【チャート】

【FXを始めたばかりの方に不可欠な知識】ローソク足の見方とサイン【チャート】

ここではFXを始めたばかりの人だったら必ず不可欠な知識!チャートの見方で大切な「ローソク足の見方」につきましてご説明していきます。

ローソク足と申しますのは?

ローソク足と申しますのは、その時間で通貨の価値がどのぐらい変わったのかということを示しました指標でございます。ローソク足につきましては、始値・高値・安値・終値より構成されておりますことにより、ひとつのローソクで4つの値動きを把握できます。ビックリすると思いますが、ローソク足の起こりは国内でございます。江戸時代に米取り引きの為に作られてから、現在ではFXの世界でいろんな国の方々がローソク足のチャートを使ってございます。

ローソク足の構成につきまして

お次はローソク足の構成につきましてです。ローソク足につきましては始値・高値・安値・終値より構成されておりますと説明いたしましたのですが、それらの他にも陽線であったり陰線といった種類があって、ひげといったものもあります。
ローソク足を構成して居りますもの
陽線
陰線
始値
終値
高値
安値
ひげ
各々の言葉につきまして解説して行こうと思います。はじめに始値でございますが、その時間にスタートいたしました価格のことを申します。逆に終値につきましては、その時間でラストに取り引きが終了しました価格を指してございます。陽線というものが白い棒でございます。価値が上がった際に表示されまして、前より高い金額でスタートしておりますことを示します。なので、始値は下になって、終値が上になるのです。陰線が黒い棒になります。価値が下降・下がった際に表示されますので、前よりも低い金額でスタートしましたケースに表示されます。ですので、始値が上になりまして、終値が下になるのであります。ローソク足より出ております細長い線がひげになります。この線は、安値や高値との差を示しております。

ローソク足の詳しい見方・サインにつきまして

ローソク足の基本をご説明したところで、お次は詳しい見方であったりサインにつきましてご説明させていただきます。。本当のことを言うと自分自身がFXビギナーでありました頃、ローソク足をここまでちゃんと見ることが出来ませんでした。この見方であったりサインを把握しておくのみで、はじめのうちはFXの分析であったり成果が異なってくると思います。きちんと把握しましょう!ローソク足につきましては、全体の流れであったり前の時間・直近の時間の価格差などにつきまして見ていきます他に、サインを読み取りましてポジションを持つか、決済をおこなうかを判断してまいります。判断をおこなうためのサインにつきましては上昇サイン・下落サイン・トレンド転換サインの3つがございます。
上昇のサインにつきまして
上昇のサインを見つけることができると、チャートがグングン上がっていくことになりますので上手にトレンドに乗るということが可能です。 FXでトレンドに乗れると順張りのみでも上手に利益を出せるようになると思います。
下ひげが長い場合
まず下ひげが長い場合でございます。下ひげが長いと価格が一度大きく下がってから、終値の値段が始値よりも上昇したということであります。勢い付いている証拠になりまして、チャートも上がっていきます。
陽線が長い場合
ふたつ目ですが陽線が長い場合がチャートの上昇のサインでございます。始値より終値迄価格を上げ続けた結果、陽線が長くなりますので、これからもチャートが上がるのではないかと予測をおこなう事ができます。とりわけひげがございません大陽線のケースはその傾向が強くなると思います。
下落のサインにつきまして
下落のサインを見極めるということは、この先価格がドンドン下降していくという事を把握するのに不可欠です。又、逆張りの際に上手にチャートを見れますようになったら、逆張りでも利益を得ていくことができるようになると思います!
陰線で上ひげが長い場合
陰線の上ひげが長いというのは、始値で大きく値段を上げたということが把握できます。そして陰線ですので、始値より終値が下落しているということも把握できます。大きな値下がりがありましたので、この先もチャートが下がっていく事が在りうるって予測できるのであります。
陰線が長い場合
ふたつ目が陰線が長い場合でございます。陽線が長い場合と反対で、陰線が長いと下落のサインになります。一気に価格を下げる勢いがついてしまいましたのでございますね。
トレンドが転換するサインにつきまして
FXの世界に於いてはトレンドが大事だと言われおりますのですけど、チャートでトレンドが転換するのを予測していくということが可能です。
陽線に於いても陰線に於いてもひげに於いても全て短い
陽線に於いても陰線に於いてもひげに於いても全て短いケースは、トレンド変換のサインと言えます。相場におきましてはトレーダー(投資家)の意思が影響を及ぼすということもわずかではないのです。その状況がこのサイン状況でございます。と申しますのも、「迷い」の状況が短さに現れているからでございます。価格があんまり動かないというのは、投資家がタイミングを考えておりまして、方向性が定まらない状況になっております。この状況を保ち合いと申しますのですが、長く続きますとレンジ相場(保ち合い相場)といった相場状況になるのです。その相場状況、チャート状況よりブレークしますと、一気にトレンドが変化していくので、この状況を見分けることによりデカく利益を挙げられるケースがございます。

ローソク足につきましてはチャートの最も基本的なこと

ローソク足の見方であったりサインにつきましてご説明してまいりました。このページでご説明した中身につきましては、FXでチャートの分析をおこなっていきますうえで、最も基本的なことであります。さまざまな条件が重なり合っていきますので、サインどおりに全部がすすむわけじゃないです。そのことは頭に入れておいてくださいね。ローソク足が読めてこそ、テクニカル分析におきましての知識であったり技術が活かされます。 FXビギナーの方は、こちらではまずローソク足の読み方について把握していきましょう!