FXのトレンド相場と申しますのは?ベーシックな見方とチェックすべき点

FXのトレンド相場と申しますのは?ベーシックな見方とチェックすべき点

FXのトレンド相場と申しますのは?ベーシックな見方とチェックすべき点

ここではFXのトレンド相場につきましてお伝えしていこうと思います。相場の状況を把握する事は、FXを行うにおいてずいぶん大事なことになるので、ビギナーさんには必見の内容でございます!

トレンド相場と申しますのは?

トレンド相場と申しますのは上下を繰り返しつつ上がっているか下がっているかの相場状態の事を申します。とてもわかりやすい相場状態ですから、ビギナーさんだとしましてもすぐに見分けられます!又、トレンド相場においても種類があリます。上昇しておりますトレンド相場の事を「上昇トレンド」下降しておりますトレンド相場の事を「下降トレンド」と申します。
上昇トレンドにつきまして
上昇トレンドにつきましてはジグザグを描きつつ価格が上昇していっています状態です。後程お伝えいたしますが、順張りをやった方がFXで勝ちやすいです。
順張りと申しますのは?
順張りと申しますのは、トレンドに従いましてポジションを保持することを指します。と申しますと、ずいぶんと教科書的な答えでありすよね。簡単に説明すると、上昇トレンドの際はそのあとしばらく価格が上昇していきますので、その収益を狙いましてポジションを保持することを申します。FXの世界に於いては次のような言葉がございます。「トレンド・イズ・フレンド」というような言葉でございます。直訳いたしますとトレンドは友達、になりますよね。この言葉から把握できるようで把握できにくいと思うのですけど、トレンドに逆らわずに乗っていきますことが大切!といった意味がございます。実際、トレンドに乗ることによって本当に利益を作り上げていきますことが可能なので、この考え方につきましてはたくさんの投資家たちに意識的でございましても無意識的でございましてもインプットされております方が少なくないと思います。
下降トレンドにつきまして
下降トレンドにつきましてはジグザグを描きつつ価格を下げております状況です。逆張りといった手法を使用した方が利益を挙げやすいトレンド相場になってございます。
逆張りと申しますのは?
逆張りにつきましては順張りと反対の位置にございます売り買い手法であります。相場が下降しております状況で買いポジションを保持しまして、上昇するタイミングで売ってしまうのです。テクニカル分析などがとても大切になる手法でございまして、ビギナーのうちは手を出さないほうが無難だと思います。とは言いつつも、上手くやりますととても利益を挙げられるということから、逆張りのみで利益を得てる投資家さんもいる程でございます。
トレンド相場の見方とポイントにつきまして
上昇トレンドと下降トレンドにつきまして把握したら、トレンド相場の見方とポイントに関しまして把握しましょう!トレンド相場につきましては知識としましてはずいぶん簡単だったのではないでしょうか。上に向かっていましたら上昇トレンドで、下に向かっていましたら下降トレンドという具合でございます。基礎知識だけじゃなく、見方であったりポイントを把握することによって、より実践でトレンド相場を見れるようになっていきます。トレンド相場の見方の基本につきましては2種類ございます。ローソク足で見るやり方と移動平均線を使用して見ていきますやり方でございます。
ローソク足でトレンドの判断をおこなう
ローソク足はその時その時の価格の値動きを示しております。ですので、それを見ながらどういったトレンド状況になっているのだろうかを判断すればオーケーです。又、1本1本を見ていきましたり、直近のローソク足を見ることでそこに「サイン」が発生しているケースがございます。サインがあると、上昇トレンドや下降トレンドがデカく動きましたり、そもそもトレンドそのものが変化したりするのです。
ローソク足におきまして上昇のサインを見る
ローソク足におきましてトレンドが上昇していきますのかを判断するやり方につきましては2つございます。
下ひげが長い場合
陽線が大きい場合
各々勢いのあります状況ですので、チャートが上昇していきます場合が多いです。
ローソク足におきまして下降(下落)のサインを見る
上昇の場合と同様に、トレンドが下落していきますサインも2つございます。
陰線で上ひげが長い場合
陰線が大きい場合
もし順張りを行なっていたとしましても下降のサインをすぐさま見つけられる事が可能ならば、損失を防ぐことが可能ですよね。反対に逆張りを行うのであれば、下降のサインにつきましてはちゃんと見分けられるようになっておくようにしましょう。
ローソク足におきましてトレンドが変化するサインを見る
トレンドが変わっていくというのは、例を挙げれば上昇トレンドより下降トレンドに変わってしまうとか、下降トレンドより上昇トレンドに変わってしまうということでございます。順張りでございましても逆張りでございましてもトレンドが変化するサインは見逃せません。キッチリとトレンドが変換するサインを把握いたしましょう!トレンドが変化するサインにつきましては、ひげが短く、陽線や陰線も短い状態でございます。この状況は投資家が売り買いにおいて悩んでいる為に、拮抗しました状況になっておりますんですね。あんまり値段変動のない状況ですので保ち合いと言われております。この相場状況の事についてレンジ相場(保ち合い相場)と申します。レンジ相場の際はブレークしました場合(相場より抜け出した場合)に於いては大きく弾ける特徴がございます。
移動平均線でトレンドの判断をおこなう
移動平均線につきましては、一定期間の終値の平均を折れ線で示しました線のことを申します。これまでの平均ですので、目安になりますのですね。移動平均線につきましてもトレンドを把握するのは難しくなくて、移動平均線が上向きだったら上昇トレンド、下向きだったら下降トレンドって判断いたします。基本的に、移動平均線につきましては短期・中期・長期の3本表示しますと分析が行ないやすくなります。
トレンドの変換サインにつきまして
やはり移動平均線においてもトレンドの変換サインはございます。ローソク足と同様で、横ばいみたいな状況になるのでございますが、移動平均線に下の方に記しましたみたいな特徴がございます。
短期線が横ばいになる
中期・長期線につきましては上昇あるいは下降になる
期間が長くなりますと中期・長期線も横ばいになっていく

ビギナーはさしあたってトレンド相場と仲良くなろう

ここではトレンド相場の見方であったり意識すべきサイン・ポイントにつきましてご説明いたしました。トレンド相場につきましては把握しやすい相場状況でありますし、はじめにご説明いたしました「トレンド・イズ・フレンド」というほどですのでトレンドに乗るのみで収益を獲得しやすくなります。現在どういったトレンドであるのか、この先どうなっていくか、まずはこのページでお伝えしましたローソク足であったり移動平均線で見ていけますようになるといいでしょう。 ちなみに、この先FXをスタートしようとお考えの方につきましてはレバレッジ888倍で稼ぎやすいXMTrading(XMトレーディング)をオススメしてございます!ドリームであったり目標の為に利益をあげるもよし、わずかなお給料・お小遣いの上乗せしにするために利益をあげるもよし。ちなみに借金のリスクにつきましてはほぼございません!