海外FXで勝つための通貨ペアの選択方法とビギナーにおすすめの通貨ペア

海外FXで勝つための通貨ペアの選択方法とビギナーにおすすめの通貨ペア

海外FXで勝つための通貨ペアの選択方法とビギナーにおすすめの通貨ペア

こちらではFXで勝つための通貨ペアの選択方法とビギナーにおすすめの通貨ペアの選択方法をご説明したいと思います。なんで通貨ペアが重要かといえば、通貨ペアを選択しないとトレードが行なえないのでなんですね。それで、この通貨ペアが海外FXでトレードするのにずいぶん大事になってくるのです。

通貨ペアの基礎知識につきまして

まずは、通貨ペアと申しますのはなにか?といったところよりお伝えいたします。通貨ペアと申しますのはその名前が示す通り、通貨同士のことを申します。 FXにおきまして売り買いをおこなう2つの国の通貨同士のことで、ドル円であったりポンドドルなど日頃の生活におきましても目にしたことがあるのではないでしょうか。自分自身は案外こちらのウェブサイトではドル円であったりユーロ円であったり略式で書いてるのでありますが、正確な書き方につきましては「通貨名/通貨名」というのが正式でございます。 /の左サイドが基軸通貨といいまして、支払う通貨になります。右サイドが決済通貨と称され、基軸通貨と反対の購入します通貨を意味いたします。
通貨ペアを決定するうえで不可欠な通貨の知識
通貨ペアを決定していくうえで、通貨に関しての知識につきましてはやっぱり不可欠です。そのワケは、FXというのは通貨の差益で資産を作っていきますからでございます。ってことは、それなりに通貨同士の特徴を把握しておくことによって、トレードを優位に進め易くなりますといった事が理解できると思います。ですので、海外FXビギナーが通貨ペアを選択する際は通貨同士の特徴を調べてみるほうがいいと思います!少しだけ通貨ペアの特徴をまとめてみましたから、参考にされてください。
ドル円(USD/JPY) アメリカドルと日本円といったよく知られて居ります通貨ペアでございます。値動きが緩やかで、テクニカル分析を行ないやすい特徴がございます。ファンダメンタルズファクターにも案外影響され易いのでありますが、慣れるとやりやすい通貨ペアだなぁと思います。
ユーロドル(EUR/USD) 取り引き量が世界1位の通貨ペアになります。 22時以降がデカく値動きをしますが、基本的に上昇するにしても下降するにしても急なことも少なくございません。値動きがそれなりにございますので、収益は割りかし生み出し易いイメージがございます。
ユーロ円(EUR/JPY) ドル円の次に日本人に人気のございます通貨ペアであります。ドル円とユーロドルも一緒に見ていますと扱い易いように思います。 1日の内に於いては欧州の取り引き時間に値動きが大きいです。
ポンド円(GBP/JPY) かつて、ずい分と人気のございました通貨ペアであります。ボラティリティが高いことから、ビギナーは気持ちレバレッジを低目にセッティングすると安心かなぁと考えられます。
ポンドドル(GBP/USD) 取り引き量におきまして世界第3位の通貨ペアでございます。値動きが大きく、テクニカル分析のみならずファンダメンタルズにつきましても留意しておいた方がいい通貨ペアでございます。リスク管理をおこなったうえで取引をおこなうほうがいいと思います。
日本円が絡みます「クロス円」
クロス円と申しますのは、ドル円以外の日本円が絡みます通貨ペアのことでございます。例を挙げれば、ユーロ円であったりポンド円でございますね。日本円と他外国の通貨の組み合わせですので、日本人が扱い易いと申されてて、発行数が多いということも特徴でございます。どういうわけで「クロス円」というような名前であるのかと申しますと、世界の基軸通貨が関係しております。現在、世界の基軸通貨につきましてはアメリカドルでございます。アメリカドル以外と円の通貨ペアのトレードをおこなうとなりましら、下記の手順を踏むんですね。
円でドルを買う
買いましたドルで買いたい通貨を買う
そこからトレードがスタートする
わずかばかり面倒じゃありません?わかりづらいし。この面倒な感じを解消するのに、レートを掛け合わせまして、アメリカドル以外と円の通貨ペアのレートを算出するようにしたんです。ですので、クロス円と称されてるんですね。例を挙げれば、ユーロ円であったり、ポンド円なんかはその関係で、ユードロルであったりポンドドルなんかも一緒に見ますととトレードがぐっと行い易くなります。
クロス円の例につきまして
ユーロ円
ポンド円
スイス円
加ドル円
豪ドル円
NZドル円
等々
USD(アメリカドル)が絡みます「ドルストレート」につきまして
ドルストレートと申しますのは、アメリカドルが絡みます通貨ペアのことでございます。ドル円の組み合わせはドルストレートですので頭に入れておいてくださいね。日本と馴染みが深い米国の通貨は、扱いやすく、主要通貨としましてトレードをおこなう方が少なくないです。説明につきましてはこれだけでありますが、クロス円が少し簡単ではなかったので、あっけないような気がしますね笑
ドルストレートの例につきまして
ユーロドル
ポンドドル
トルコリラドル
ドルスイスフラン
ドルランド
ドル香港ドル
等々

通貨ペアの選択方法につきまして

お次は通貨ペアの選択方法をご説明してまいります。一般的に、下の方に記しました4つで通貨ペアを決定する方が少なくないかなと思います。
通貨ペアの決定方法の種類
トレード量で決定する
トレード方法で決定する
通貨同士の強弱で決定する
金利差(スワップポイント)で決定する
各々説明してまいります。
通貨ペアの取り引き量で決定する
通貨ペアの取り引き量で決定する方法がまず1つ。取り引き量が多いというような事は、取り引きに参加しております方の数も多いといったことでございます。安定しました動きを見せる為、テクニカル分析について行ない易い傾向にあるんですね。ですので、テクニカル分析を主にしたい方につきましては取り引き量で決定するといいかもしれません。
トレード量が多い通貨ペアにつきまして
ユーロドル(EUR/USD)
ドル円(USD/JPY)
ポンドドル(GBP/USD)
豪ドル米ドル(AUD/USD)
米ドル加ドル(USD/CND)
ドル人民元(USD/CNY)
ドルフラン(USD/FRN)
等々
トレード方法によりまして決定する
トレード方法と申しますのは、トレードする時に使用する型みたいなものでございます。海外FXにおいては、大別すれば短期トレードと長期トレードがございます。各々トレードの方法が大きく相違します。ですので、その特性を活かしました通貨ペアを選択することによって資産を増加しやすいようになりますので、トレード方法により通貨ペアを決定するというような考え方がございます。
短期トレードに向いております通貨ペアつきまして
短期トレードと申しますのは、短期間で取り引きをおこなうトレードスタイルでございます。メインとして、スキャルピングとデイトレードの2つがございます。短期間で取り引きをおこなうといったことは、短い間で収益を獲得出来るというような通貨ペアを選択することが大事です!又、短い間で一日の内に何度もトレードをおこなう為、スプレッドが狭い通貨ペアを選択しないとコストがかさみます。それに関しても留意していきましょう。
短期トレードで通貨ペアを選択する方法
トレード量が多い事
1日で値動きが大きい事
スプレッドが狭い事
このことを踏まえますと、ビギナーのうちはドル円であったりユーロドルがオススメなのかなぁと思います!
長期トレードに向いて居ります通貨ペアにつきまして
長期トレードと申しますのは、想像できると思いますが時間を掛けてトレードを行う方法です。スイングトレードと長期トレードの2つがございます。スイングトレードにつきましては数日ぐらいポジションを保持しますのに対しまして、長期トレードにつきましてはそれ以上に更に長い、何ヶ月・年単位で保持し続けます。ですので、それに合いました通貨ペア選択がずいぶん大切なのは想像がつきますのではないでしょうか?
長期トレードで通貨ペアを選択する方法
トレード量が多い事
値動きが大きい事
金利差が大きい事
トレンドが生じている通貨であります事
長期トレードの良いところはスワップポイントが長期的にもらえることでございます。ですので、選択する基準に金利差が大きいといったことも含めますと、二倍うま味がございます。ユーロドルであったりポンドドル、ポンド円等々いろいろな通貨ペアがございますので、自分なりに調べまして選択してみましたらといいと思います!
通貨同士の強弱で決定する
自分もFXをスタートした際には通貨に強弱が存在するなど考えもしなかったのでございますが、通貨には強弱が存在するんですね。で、通貨の強弱でいつも取引をおこなっている方たちもおりますわけです。その方たち曰く、「最も強い通貨と最も弱い通貨の差益でラクショーじゃないのか?」とのこと。わかりやすく言うと、その日最も強い通貨を買いまして、最も弱い通貨を売ればいいと。なんだそりゃ!?って感じではございますが、実際にこのトレードを行っている方達もいらっしゃるので通貨ペアの選択方法で紹介しています。
通貨の強弱で通貨ペアを選択する方法
その日最も強い通貨を見つける事
その日最も弱い通貨を見つける事
オススメの通貨ペアにつきましては特にございません。その日によりまして異なってきます。
金利差(スワップポイント)で通貨ペアを決定する
こちらのウェブログにおきましては基本的に通貨ペアの売り買いで収益をあげいきますのを主にお伝えして居りますが、実際のところ金利差(スワップポイント)で資産を増やすやり方も海外FXにおいてはございます。通貨同士の金利の差が、ポジションを保持し続けますともらえるんですね。その金利差をスワップポイントと申します。金利差があります通貨ペアを選択した方が利益が大きくなります。
金利差(スワップポイント)で通貨ペアを選択するやり方
金利差が大きい事
新興国(マイナー通貨)よりになりすぎない
金利差につきましてはマイナー通貨の方が大きくて利益を得やすくはございますが、いきなりの変動等もありますから気を付ける必要があります。基本的に損切りを決定しておく等リスク管理が重要になってきます取り引きであると頭に入れておきましょう!ついでに申しますとオススメの通貨ペアにつきましてはユーロトルコリラおよびドルトルコリラおよびドルメキシコペソなどであります。

勝つための通貨ペアの選択方法

海外FXで勝つための通貨ペアの選択方法につきましてお伝えしていきましょう!!勝つ=資産を増加させるということであります。このことは皆さまよくよく承知に違いありません。そのための通貨ペア選択ですので。選択方法につきましては、もし今もってFXを行なわれていない方であったり海外FX経験の浅い人は、気になった選択方法を試して取引してみますのがなによりです。自らにマッチした通貨ペアが見つかったら、それのみで資産の増加し方が異なってきます。もしFXやったことのある人でしたら、こちらの記事を参考に、自分なりにさまざまな事を組み合わせまして決定することです。ビギナーとは異なり貴方は経験があるはずでございます。これまでの経験が通貨ペア選択に活きてまいります。経験を目一杯に活用してください。それのみでございます!人それぞれに本当に合うとか合わないがございますから、そうとしか言えないのであります。でも、「自らにマッチした通貨を見つけますために行動を起こす」ということはとても大事なことでございます。現在負け続けております通貨ペアを使用しも、損失が増加していくだけです。それでしたら自らにマッチする通貨を見つける取り引きをおこなった方が有益だと考えませんか?
勝つための通貨ペアを選択する方法
経験なし・FX経験の浅い人→気になった選択方法を実際に試してみる
やったことのある人→こちらの記事を参考に組み合わせて見つける
どちらにしても「自らにマッチした通貨を見つけるのに行動を起こす事」は大事!

海外FXビギナーにおすすめの通貨ペアにつきまして

海外FXビギナーでしたら、まずこれから試してみたらどうだろう?といったオススメの通貨ペアをお伝えいたします。無論、上の方でお伝えしました通り、気になりました選択方法を試してみてもらってもオーケーです。ただ、中にはどうしたらいいかわからない、自ら見当がつかないビギナーさんもいらっしゃいます。ですので、オススメの通貨ペアをお伝えしようかなって考えました!まず、海外FXビギナーのケースは、できたらトレードスタイルより選択して、その後に通貨ペアを選択するとセレクトしやすいのではないでしょうか。オススメの通貨ペアをカンタンにまとめましたので、そちらの方を参考に決めてみてくださいね!
スキャルピング
数秒から数分の間でトレードをおこなう、超短期トレードでございます。 1回の利益はわずかではありますが、回数を多く行なうので総額はそれなりになる。ビギナーから中初級者におススメでございます。ドル円およびユーロドル等
デイトレード
数分から数時間の間でトレードをおこなう短期トレード手法でございます。その日に買いました通貨を当日中に売却しまして利益をあげる。人気を博しているトレード手法でございます。ドル円およびユーロドル等
スイングトレード
数日から数週間の間の長期トレード手法でございます。スワップポイント等も得られるが、リスク管理についてもそれなりに必要になる。

海外FXで勝ちたいとしたら自らにマッチした通貨ペアを見つけよう

海外FXで勝ちたいと考えるのでしたら、実際のところさまざまな事を学習して実践して身につけていきますことが不可欠です。でも、通貨ペアがマッチしていなければ、すごく勿体無い状況になります。どれだけ他の人よりいいと言われたとしても、相性が良くなければ資産を増加させることが困難でございます。相性が良くなります可能性を待ちますよりも、自らにマッチした通貨ペアを探しにいくことによって他にも発見できることがございます。敬遠していました通貨ペアが実のところマッチしてただったり、実はこのトレードの方が向いてただったり。そうやってさまざまな発見ができるのも自らにマッチした通貨ペア探しの面白いところでございます。自らの希望する暮らしであったりドリーム、理想の為に、まず通貨ペアを探すところよりスタートしみてはどうでしょうか?