海外FX口座の資金管理ルールの作成法につきまして

海外FX口座の資金管理ルールの作成法につきまして

海外FX口座の資金管理ルールの作成法につきまして

資金管理ルールっていうのは把握されているでしょうか? FXを行ううえで、たくさんの投資家が作っておりますルールでございます。どうして資金管理ルールを作成しますかと申しますと、自らの資産を守りますためであります。こちらでは海外FXあるいはXMTrading(XMトレーディング)の資金管理ルールの作成方法につきましてFXビギナーの方々にご説明していこうと思います。さしあたってお話しておきますけど、ここでお伝えいたします資金管理ルールにつきましては少しでも早く作成していくことをおススメいたします。

資金管理ルールと申しますのは

資金管理ルールと申しますのは、そのままではありますが自らの資産を守っていきますのに決めるルールのことでございます。このルールでありますが、ビギナーの間は作成する方につきましては多くないんです。また、反対に中堅になってきますと作成しない方も増加します。そのような方のケースは、既に慣れっこになってきて感覚で行なっている方ですので、資金管理ルールなどは作成しないなくても行えるよ、なんてビギナーに話すこともございます。しかしながら、ビギナーであればこそよけいに資金管理ルールを作成していただきたいのですね。知識であったり経験があまりないからこそ、指針的なものが存在することで、「やばい!」を避けることができるパーセンテージが上昇します。

どうして資金管理ルールを作成するのか

皆さんわかると思います。自らの資産を守りますが為に、でございますね。ようやっと増加した資産をおじゃんにしてしまうことになれば無意味になります。しかしながら予めルールがあったら、資産0といった事になりにくいです。資金管理ルールにつきましては、資産を守りまして損失を少なくします目的で存在します。はじめは損も少なくないもしれないですが、ドンドンブラッシュアップさせていきますことによって収益を生じさせ易くなっていくと思います。
なぜ資金管理ルールを作成するのか
自らの資産を守るという目的で
=リスク回避の為
収益を一層増加させるという目的で

資金管理ルールの作成の仕方

資金管理ルールにつきましては7ステップで作成してまいります。
資金管理ルールの大まかな作成の仕方
資金管理ルールの基礎を把握する
資金を落とし込む
トレードスタイルを決定する
損失額を決定する
実践をおこなう
ブラッシュアップをおこなう
繰り返す

資金管理ルールのすごく基本

資金管理ルールの基本なのですが、資産を守る為に作成していきますということが鉄板でございます。それは至極当然、とお考えなんじゃないでしょうか。でも、現実は作成したルールを守りましても損失が生じてしまうこともございます。どうしてかというと、その際の感情であるとか経験の少なさであるとか学習不十分であるとかさまざまなファクターで、ルールを守りましても損失が増加し続けるケースがあるんですね。だから、資産を増加する為に作成するなら、その時々の自らの状況に合致したバランスがとても大事なんです。ようは、3つのバランスを考慮しながら、資産を守ります為に資金管理ルールを作成していく!ということであります。
ではその3つのバランスにつきましては何かと申しますと……
性格・感情
経験および知識
資金状況
上記の3つになります。これのみではわかりづらいと思いますので、各々お伝えて行こうと思います。
性格・感情
無理強いをして自らの性格にそぐわない資金管理ルールを作成しますと苦しむことになると思います。例を挙げれば、比較的ざっくりした性格にもかかわらず、細部に至るまでさまざまな事をノートに取りまして、支出入等の事を書いていこうと考えたら多分続きません。ハナから決まり事を守らなくなるパーセンテージのほうが大きいと思います。その他にも、はっきり言ってせっかちで案外即結果を求めます人間にもかかわらず、のんびりと構えますみたいな資金管理の決まり事を作成してしまうと、そのことも又ストレスで続かなくなってしまうに違いありません。自らの性格であったり感情の出方を考慮しながら、資金管理の決まり事を作成していくことが自らの資産を守っていくという事を忘れないでください。
経験および知識
自身のウェブログで度々ご紹介しているのでありますが、FXにつきましては本当に経験および知識がものをいいます世界でございます。しかしながらビギナーの間は、経験でございましたり知識につきましてはほんの僅かでございます。それにもかかわらずちょっとレベルの高い事を行なってみようと考えて使用してみても、ぜんぜんわけがわからなくなりまして失敗してしまうでしょう。ですので、自らの把握している知識であったり経験のレベル、調べたり学習したりしましたことを踏まえながら、現在より少し上の技術レベルでルールを作成していきますほうがいいと思います。
資金状況
例を挙げれば、保証金(資産)が500円の場合と10000円の場合とでしたら、同等のロット数・レバレッジでも取り引きをおこなえる金額が異なるということはわかると思います。 500円の資産状況で、ビギナーが888倍のレバレッジで取り引きをおこなうというのは、資金管理の面におきましてはとてもリスキーでございます。 1発でなくなってしまうことも考えられます。(ダメと申してるのじゃなくて、資金管理の面に於きましてはよろしくないということであります)反対に、500円の資産でありますが実のところ余剰金がまだございますのならば、もうちょっとレバレッジを低くしまして、様子を見ながら投資をおこっていくといったやり方も普通に考えられます。ですので、自らの資産状況にマッチするトレードのやり方・資金管理のやり方を考えていきますことが必要でございます。
資金(生活余剰金)を落とし込む
次に、自らが使用できる資金を落とし込んでいきましょう。自身は生活余剰金を使用することをオススメしております。生活余剰金と申しますのは、自らの生活費を圧迫しませんお金を指します。常日頃から家計簿であったり明細をつけて居ります方は多くないと考えられますが、前もって余剰金等の金額が把握できている方はこの作業は必要ございません。いくらくらいのお金をFXで使用できるのだろうか、毎月どれくらい海外FXに回すことが可能なのかについてはっきりさせていきましょう。無論、貯金より資金を出してもOKです。 (すべての金額ぶっこむというようなことは行なわないでくださいね……) この時に決定した余剰金は、昇給するとかボーナスをいただいたりしなければ増やしてはいけません!追加追加……としていきますと、将来的に暮らしを圧迫しかねませんし、トレードをおこなう際に慎重さが無くなってまいります。そういった状況になりますと資産を増加させるのが困難になる為、自らの資産と生活費等は線引きをきちんと行なうようにしましょう!
トレードスタイルを決定する
資金管理のことであるというのにトレードスタイル?と考えるかも知れないのですが、トレードスタイルによりまして資産の増加し方であったりトレード回数等が違ってきます。すなわち、トレードスタイルを決定しますことによって、ある程度そこにかかる取り引きコストであったり、資産の増加ペース等、お金に関わりますことが見えてくるのでございます。例を挙げれば、XMTrading(XMトレーディング)のケースですが、スキャルピングを行うのであれば1日10回以上はトレードをおこなうとしまして、取り引きにかかりますスプレッドの平均は1.6pips程なので、16pipsは1日に少なくてもかかるな……というような計算が可能なんですね。それを踏まえましたうえで、取り引き額を決定したり、現在の資産状況だとしましたら他の通貨ペアにした方が良いな、だったりさまざまな事が決められます。っていったことは、トレードスタイルを決定する段階におきまして他のことにつきましても決めなければならないのはわかりますのではないでしょうか。ただガチガチに決めすぎますと融通が効かなくなりまして、行いづらくなってしまいますのでそれに関しましてはケースバイケースでいきましょう。
損失額を決定する
1日の損失額も決めていきます必要がございます。決めることによって取り引きの損切りルールを決めることができるからでございます。損失額をpipsで決める方も居りますが、できたらパーセントとかで決めました方が良いかなって思います。pipsだとしたら状況によりましてさまざまな変えられませんので……。パーセントで何を決めますかと申しますと、総資金よりの損失額でございます。このパーセンテージでありますが、割と本でございましたりサイトさんでございましたり人によりまして異なる為、自らが行なってみて一番損失がわずかな損切りの値が見つけられますといいです。え?経験の浅い人に全く優しくない……とお考えでしたらそのとおりに違いありません。自らがFXビギナーでこの記事を目にしてたら、役立たないインターネットサイトだと考えてしまいます笑ですので飽くまで目安をお伝えいたしますね。それでイメージを作っていきまして、自らに置き換えましておこなってみてください。目安としましては1日の損失額を総額の1から2パーセントより下に設定いたします。実際2パーセントルールというのがございますくらいですので、2パーセントの方が少なくないかもしれないです。 (ときどき4パーセントとかの方もおられますが、資金がいっぱいあるんだろうと思います) (反対に1パーセントであったり0.5パーセントの方もございますよ!) 例を挙げれば、証拠金が10万円だとしたら、1日2000円(100000円×0.02)まで損失していいといったことになりますよね。無論、トレードスタイル等によりまして1度の取り引きでどこまでいきましたら損切りをおこなうか等の目安もありますので、そういうものと合わせまして考えていきますことが必要でございます。損切りといった言葉が不明な方につきましては、ビギナー向けの基本用語に目を通してください。
ブラッシュアップは必ずおこなう
ブラッシュアップは必ずおこなってください。自らで決めましても結局いまいち合いませんでしたり、どういうわけか損失が増加してしまいましたりすることがあるからでございます。原因を探しまして、なにがダメだったのかについて明確にしましょう。ついでに申しますと現在では問題なくできておりますが、自身はびびりでありまして損失額を1パーセントに設定しておりました。その筈が、計算ができず、4パーセントほどになって居りました時は驚きました。変だなと考えてたんです。どうしてかって言うとどんどん資産が減少していくんですから。そのことに気が付きまして直した時は、ずいぶん損失が減るようになりまして嬉しかったです。
結局は経験およびトライアンドエラーがものをいう
資金管理ルールも、他のFXに関係いたします決まり事作成も、結局は実践→検証→修正→実践というふうに、トライアンドエラーをおこなっていくことになります。その中で積み上げました経験であったりトライアンドエラーの考え方が、FXの取引に生きてまいります。多くの経験をいたしましていっぱいトライアンドエラーを繰り返しましょう!

細々面倒な方へ

正直資金管理ルールであったり細々面倒だし、考えましたら頭変になりそうだし、行いたくない……すぐさま実践のみを行ないたいと考えておられます方は、必ずおられるでしょう。その理由は自らがビギナーの際にそのように考えてたからです。これだけはとりあえず守っておきましたた方がいいよ、といった資金管理ルールと、学習しておいていただきたいことを下の方にまとめました。
ルール作成がめんどうな方は資金管理につきましてはこれだけ守っておきましょうリスト
1日の損失額につきましては2パーセント、できるなら1パーセントにおさめてください
トレード方法決定して利食いと損切りの目安は把握しておいてください
トータルして収益になります事を考えましてトレードをおこないましょう

資産を守ります為にできるだけ早く資金管理ルールを作成しよう

資産を守りますための資金管理ルールの作成方法につきましてお伝えいたしましたが、早く作成すれば早く作成するだけ役立ちます。はじめは資金管理のことなどは全然わからないかも知れません。わからないなりにこちらの記事に目を通しましたり、別のインターネットサイトさんであったり書籍で調べましたりしつつ作成していきましょう。そうすることにより、FXをおこなっていきますうえで欠かすことができない知識が資金管理ルールを作成しますことで身に付きますので、FXビギナーにとりましては一石二鳥でございます。又、早い内に作成しますことによって早くにリスク回避に対しての意識が向きますようになると思います。すると、資産の減りもドンドン減っていくといったことに気が付いていくことと思います。 (作成後きちんとブラッシュアップをおこない続けましたケースですけど) ぜひFXビギナーの方においては、できるだけ早く資金管理ルールを作成していただきたいと思います。