【ビギナー】FXの基本用語集

【ビギナー】FXの基本用語集

【ビギナー】FXの基本用語集

ここではFXの基本用語をビギナー向けにまとめました。

FXの用語を把握するのみで幅が広がる

FXの用語というのは、ビギナーにとりましては難しいことが多いと考えられます。自分自身だってそうでしたので。しかしながらほったらかしにしてたらわからないままでございますし、FXの書籍であったりインターネットサイトを見てもどういう事を言ってるのだろうかわからないし目を通したくなくなります。理解できないままでFXを行なっていても、資産を増加させることができない状況が続いてしまいますので言葉に関しましては理解できなくなりましたら直ぐチェックすることが大事です。知識であったり用語が増加するのみで、トレードの幅がドンドン増加していくのを感じていただけると思います!ですので、こちらの頁をドンドン活用してください。

かなり基本中の基本用語

FXを行なううえでの最も基本的な用語を記載しました!
FX
日本語においては外国為替証拠金取引と申します。海外ではForexと呼ばれることがよくあります。
FX会社・FX業者
FXを行なうのに口座開設を行なって投資家としまして登録する会社・業者の事。 FX取り引き業者であったりFXディーラーとも申されてございます。
国内FX
日本国内のFX業者のことでございます。よく知られた業者につきましてはDMM.com FXであったりGMOクリック証券などがございます。信託保全が義務付けられて居りますため、投資家の資産が守られております安心感が存在します。 ※最大25倍のレバレッジですので、コツコツと利益を出したい方向けでございます。
海外FX
海外のFX業者のことでございます。数百倍から数千倍でハイレバレッジで資産を増加しやすいということが特徴でございます。自分自身がオススメしておりますのは XMTrading(XMトレーディング)と申します海外FX業者でございます。 ※信託保全を採用しております業者を選択する事。
信託保全
信託分別管理というようにももうされているFX独自のシステムでございます。 FX業者の資産と自らの投資の資産を分けて管理しまして、業者が何かあった場合に範囲内で資産を返金してくれるシステムのことになります。
外貨為替
日本円とドルを交換する等、2つの通貨を交換する事でございます。 Foreign exchangeはこのことを申します。
為替レート
通貨を交換する際の交換比率のことでございます。普通にレートと呼ばれることもございます。
為替市場
国であったり地域の通貨の売り買いをおこなう場所でございます。マーケットと申されることもございます。ここでFXに関連しますさまざまな事が決まっております。
先物取引
将来の価値(金額)を今のうちに決めておきまして売り買いの権利を今の時点の金額で獲得いたしまして、将来的に売りますことで収益を得る仕組みのことでございます。
CFD取引
差金決済取り引きのことでございます。 現物の受け渡しをしないで、売り買いの差額を決済いたします。株であったり金、原油であったり債券などいろいろな投資対象がございます。
コモディティ商品
鉱物資源であったり農畜産物の事でございます。ひとことで言えば、原料になるもののことでございます。例を挙げれば原油、金、銅、小麦であったり大豆等幅広いものが対象となっております。

FXの口座開設関連用語

FXの口座開設に関連いたします用語をまとめました!
口座
FXを行なう際に使用します口座のことでございます。
口座開設
FXを行なう際に口座の開設をおこなうことでございます。使用したいFX業者で口座の開設をおこないます。
デモ口座
お試し口座のことでございます。デモ口座登録をおこなうと使用できるようになります。リアル口座とあまり違いがない環境でのケースが多いですが、やっぱりリアル口座と少し環境が異なります。
リアル口座
本番の口座のことでございます。実際の環境のため、自らの資産(証拠金)を使用してトレードを行っていきます。
証拠金
FXのケースの証拠金につきましてはトレードしたいお金を維持するために必要なお金のことでございます。
余剰金
余っておりますお金のことでございます。そのままでありますが、使用しても良いお金のことでございます。自分自身は日常生活に困ったりしないように生活余剰金での取り引きをオススメしております。
口座の有効化
口座を正式に使用できるようにすることでございます。本人確認書類等の提出が必要になります。
ボーナス
口座開設後に受け取れますボーナスでございます。 FX業者ごとにボーナスにつきましては相違します。
口座の基本通貨
口座で基本的に取り扱う通貨のことでございます。業者によって相違しますが、 JPY・EUR・USD等々のメジャー通貨が多いです。
口座タイプ
口座の種類のことでございます。 FX業者ごとに異なるので、開設をおこないたい業者の口座タイプをチェックしましょう。
取引プラットフォームタイプ
取り引きに使用するプラットフォームの種類のことでございます。業者によりましては1種類しかないため、選択をおこなわなくてもも良いケースがあります。
投資家情報
投資家の情報のことでございます。口座開設の際に投資家としまして自らの情報の入力をおこなっていきます。

FXのトレード関連用語

FXのトレードに関わりのある用語ですが、トレードに使用する基本用語と取り引き手法の用語に分けております。
トレードに使用する基本用語
通貨単位
通貨の額を表したものでございます。例を挙げれば、日本の通貨(円)の1通貨単位につきましては1円としまして考えます。
pips
為替レートが値動きをした際の最小単位のことを表します。
lot
取り引き単位のことでございます。
ポジション
通貨の購入をおこなってそのまま持ってる(保持してる)ことでございます。
ロング
通貨ペアの購入をおこなうことでございます。買いポジションを保持することもロングと表されます。
ショート
通貨ペアを売ることでございます。売りポジションを保有することをショートとも申します。
ショートカバー
売りポジションを保持していたケースに、買い戻し決済をおこなうことでございます。買戻しとも申されてます。
スワップポイント
ポジションを持ちました通貨同士が日付を跨いだタイミングでもらえる金利差のことを申します。
約定
売り買いが成立することでございます。
スリッページ
注文をおこなってから決済が通る迄の間に相場の変動が起こりまして価格が変わってしまいますことでございます。
レバレッジ
わずかな金額で大きな金額を扱えるやり方のことでございます。
利食い
取り引きを完了いたしまして、利益を確定することを申します。
順張り
相場の状況に沿いました取り引きをおこなうことでございます。
逆張り
相場の状況と逆の取り引きをおこなうことでございます。
損切り
必要以上に損失を増加さないように損失を確定させる決済のことでございます。ロスカットというふうにも申されております。
マージンコール
証拠金が不足しました時に教えてくれるアラートでございます。このタイミングで入金をおこなえれば、引き続きトレードがおこなえます。
マージンカット
マージンコールで入金をおこなえなかったケース、 FX業者より強制的に取り引きを終了させられることでございます。
追証
証拠金が足りなくなりましたケースにFX業者が立て替えた不足分のことでございます。簡単に申しますと借金でございます。
Bid
売り値のことでございます。
Ask
買い値のことでございます。
指値
リミットというふうにも申します。希望します価格になりました際に売り買いする指示をすることでございます。
逆指値
ストップであるとかストップロスオーダーとも申されております。
始値
1日の取り引きがスタートしてはじめに付いた金額のことでございます。
終値
その日の最後に取り引きされた金額のことでございます。
高値
一定期間中につきました高い金額のことでございます。見ているチャートの中で、最も近い時間で高い金額の事を「直近高値」と申します。
安値
一定期間中につきました安い金額のことでございます。見ているチャートの中で、最も近い時間で安い金額の事を「直近安値」と申します。
両建て
同様の通貨ペアで売買のポジション両方を同時に保持することでございます。
反対売買
買いポジションを売りまして決済しまして、売りポジションを買いまして決済することを申します。
建玉
反対売買をしていない、未決済のポジションのことでございます。
成行注文
取り引き価格を指定しないで、相場の現在の値段で売り買いをおこなう注文のことでございます。
OCO注文
新規注文あるいは決済注文で、別々の2種類の指値注文を同時に出して、どちらか一方が成立しました段階で、自動的にもう一方をキャンセルするようにする注文のやり方になります。
IFD注文
イフダン注文とも申されております。新規注文で使用する注文のやり方でございます。新規注文が成立しました段階で、決済注文を一緒に出すことができる注文のやり方になります。
IFO注文
OCO注文とIFD注文を組み合わせましたハイブリッドな注文のやり方。新規注文で選択でき、新規注文が成立しました段階で別々の指値注文を同時に出せる注文のやり方になります。
FXのベーシックなトレード手法用語
トレードスタイル
トレードを行なうスタイル(型)のことでございます。トレード手法とも申されます。
スキャルピング
数秒から数分の短期間で取り引きをおこなうやり方。ポジション保有期間が長くないため、 1日の内にチャンスがたくさんあるのがいいところのトレード手法でございます。
デイトレード
当日中に売り買いをおこなった通貨を、当日中に全て売り買いをおこなって収益を挙げるやり方。取り引き回数がそれほど多くないということがいいところのトレード手法でございます。
オーバーナイト
その日のポジションを当日中に決済しないで、次の日以降に決済を持ち越すことでございます。
スイングトレード
何日間から何ヶ月に渡りまして長い期間にわたってポジションを保持いたしましてトレードをおこなう取り引き手法でございます。トレンドに乗ると勝ちやすい長所がございます。
長期トレード
スイングトレードよりも長期間、何ヶ月から年単位でポジションを保持致したしますトレード手法でございます。良いところはスワップポイントが保持しております間は付与されることでございます。
難平
「ナンピン」と読みます。損失のございますポジションを更に買い増す(ないしは売り増す)ことでございます。計画性のございますやり方であったり別の手法等と組み合わせますことによって効果を高めますことができると申されております手法でございます。
アービトラージ
業者間をまたぎまして取引をおこなうやり方でございます。同様の通貨ペアだったとしましても価格差がありますため、高い方を売り、安い方を買うトレード手法でございます。鞘取り(サヤ取り)というふうにも呼ばれていて、このやり方を禁止して居ります業者もございます。

チャートの基本用語

チャート
通貨ペアの相場を図表化しましたものでございます。 FXのトレードの予測等にチャートを使用していきます。
横軸
現在と過去の時間を示しています軸のことでございます。
縦軸
為替レート(今の相場・金額)を示したものでございます。
グリッド
横軸と縦軸、チャートのラインを把握しやすいようにしてくれる目盛りのことでございます。
ボリューム
全世界で取り引きされております量を示したものでございます。
時間軸
時間の流れを示しているもののことでございます。1分足および5分足および15分足および30分足および1時間足および4時間足および日足および週足および月足がございます。
ローソク足
その時間で通貨の価値がどのぐらい変わったのかということを示す指標でございます。 1本で始値・高値・安値・終値の4本の値を把握できるので、世界的に採用されております指標でございます。
陽線
ローソク足であったりバーチャートで表示している際に、前より高い金額でスタート時に表示される線のことでございます。始値は下で、終値が上でございます。
陰線
前よりも低い金額でスタートしていますので、始値が上になりまして、終値が下になります。
ヒゲ
終値や始値との差を示したものでございます。
バーチャート
ローソク足のシンプル版みたいなものでございます。国外ではこっちを使用します方が多いです。
ラインチャート
チャートをラインで示したものでございます。

相場が急激に上昇いたしましたり、下がりましたりしている際にチャート上にできる穴のことを窓と申します。
窓開け
ローソク足の間にぽっかりと穴(窓)が開くことでございます。急激な相場の変化で窓が空きます。
窓埋め
窓(穴)が閉じることでございます。

FXに関連します通貨の基本用語

FXに関連します通貨の基本用語をお伝えてしていきます!
通貨ペア
別々の国が発行している通貨の組み合わせのことでございます。
基軸通貨
支払う通貨のことを申します。
決済通貨
基軸通貨と反対の購入する通貨のことを申します。
通貨コード
世界で決められました、その国の通貨のコード名でございます。 3つのアルファベットで表示されます。ドル円だとしたらUSD/JPY、ユーロドルだとしたらEUR/USDって表記されます。
取引量
取り引きされている通貨ペアの量のことでございます。
メジャー通貨
よく知られている国の通貨のことでございます。ドルであったりユーロ、ポンド、円等。
マイナー通貨
新興国の通貨を一般的には申します。金利が高いことと、値動きがデカいということが特徴でございます。ランドであったりトルコリラ、メキシコペソ等。
クロス円
ドル円とは別の日本円が絡みます通貨ペアのことでございます。レートを掛け合わせて、アメリカドル以外と円の通貨ペアのレートを算出しています。ユーロ円、ポンド円、スイス円等々。
ドルストレート
アメリカドルが絡みます通貨ペアのことでございます。ドル円、ユーロドル、ポンドドル等々。

FXの分析関連用語

FXにおいてはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の2つの分析のやり方がございます。項目を分けまして用語をまとめました。
テクニカル分析の基本用語
テクニカル分析
チャートに対しまして、予測などを立てるのに作られました理論であったり手法を使用して、すなわちテクニックを使用して、分析をおこなっていきますことを申します。
トレンド相場
上げ下げを繰り返しつつ上がっているか下がっているかの相場状態のことでございます。
上昇トレンド
上昇しておりますトレンド相場のことでございます。
下降トレンド
下降しておりますトレンド相場のことでございます。
レンジ相場
相場が横ばいになってるケースのことでございます。持ち合い相場であったり揉み合い相場というふうにも申されます。
移動平均線
一定の期間の平均価格を計算しまして導き出されました答えが折れ線になりまして表示されたもののことでございます。
ボリンジャーバンド
相場の勢いであったり反転、方向性を見るために役に立つ指標でございます。
σ(シグマ)
ボリンジャーバンドに使用される数値でごいます。一定期間のデータを算出しまして、移動平均線を基準にしたものをσ(シグマ)と申します。
+1σ、+2σ、+3σ
シグマに各々、1倍・2倍・3倍したものでございます。
-1σ、-2σ、-3σ
シグマに各々、-1倍・-2倍・-3倍したものでございます。
バンド幅
ボリンジャーバンドの幅のことでございます。
トレンドライン
いかなる感じでトレンド相場が動いておりますかを確認しますために自らが引く線のことでごいます。
サポートライン
相場を安値同士で結んだ線のことでごいます。下値支持線とも申されております。
レジスタンスライン
相場を高値同士で結んだ線でございます。上値抵抗線とも申されております。
チャネルライン
サポートラインとレジスタンスラインのセットでございます。現状把握であったり売り買い検討、予測を立てますのに役に立つラインでございます。
ヘッドアンドショルダー
人の頭・右肩・左肩みたいなチャートになって居ります状況でございます。トレンドが切り替わりますタイミングが把握できる指標になります。
三角保ち合い
チャートにつきましては三角の形をして居ります指標状況でございます。動きにくい相場でありますが、ブレイクしますと相場がデカく動きます。
ダブルトップ
最高値の相場が2度来た際、上昇トレンドが終了していく相場状況のことでございます。
ダブルボトム
最安値が2度来た際のチャートパターンでございます。このケースはダブルトップとは反対で、下降トレンドが終了していきます。
エリオット波動理論
「市場の価格変動には一定の秩序が存在する」というような考え方をベースに、 8つのリズムが1周期としまして相場を作ってるというような考え方でございます。
フィボナッチ理論
フィボナッチの黄金比を使用し、相場の変動を把握していきます理論でございます。
ファンダメンタルズ分析の基本用語
ファンダメンタルズ分析はずいぶんいっぱいの要素がございます。ですので、基本用語につきましてはファンダメンタルズ分析において大切なもののみ記載しています。
ファンダメンタルズ分析
その国の経済状況のことをファンダメンタルズと申します。経済につきましてはその国の通貨に影響を与えることがございますため、こちらの分析に於いても必要になってきますことがございます。
ファンダメンタルズトレード
ファンダメンタルズを主に分析をおこなってトレードをしますことでございます。この分析を主にしています方たちの事を、ファンダメンタルズトレーダーと申します。
経済指標
経済に関します指標となるもののことでございます。政策金利であったり景気、雇用であったり貿易、企業活動等、その国の経済状況が把握できるもののことを総じて申します。
CCI
消費者信頼感指数のことでございます。 5,000人を上まわる調査結果より、消費者信頼感であったり消費力を測定しまして、平均を算出します。
CPI
消費者物価指数のことでございます。 200を上まわるカテゴリーで、サービスであったり消費財(消費されるもの)の価格変動が見られる統計推定でございます。インフレの測定に使用されることが多いです。
IFO
経済研究所のことでございます。ドイツとヨーロッパの現状であったりこれから先の経済情勢の評価が把握できる指標でございます。製造、建設、卸売、小売にカテゴライズされる7000社を上まわるドイツの企業の最新経済データを基にしました調査でございます。
短観
全国企業短期経済観測調査のことでございます。クロス円等円が絡みます通貨ペアにでかい影響を与えやすいです。
FOMC政策金利
とても大事な経済指標の一つでございます。米国の金融政策を決定します最高意思決定機関が発表します政策金利でございます。 FBR政策金利とも申されております。
失業率
失業者の割合のことでございます。労働人口総数に対しまして、非雇用で仕事をする意思ないしは能力のあります人口の比率が算出されます。
非農業部門雇用者数
米国の労働省が発表します、農業従事者以外の雇用数のことでございます。経済活動を予測するのに使用される大事な経済指標の1つでございます。
ECI
行動コスト指数のことでございます。労働コスト(人件費等)の上昇・下降傾向を示しております。
PMI
購買担当者景況指数のことでございます。PMIが50以上で経済の拡大、50以下で経済の縮小を示していると申されております。
GDP
国内総生産のことでございます。その国の経済成長を、生産高、収入、支出より算出しました数値でございます。とても大切な経済指標になります。
小売売上高
消費支出を測定した数値のことでございます。 GDPのうちのひとつ。とりわけ米国においては大切な指標になっています。幅広い消費者の支出傾向を示しました数値なので、経済の現状であったり直近の傾向を判断する為に使用されています。
IP
鉱工業生産のことでございます。製造業であったり鉱業等の工業系の生産高の推移を示す指標でございます。国の生産能力を表す1つの要因になります。
IPCU
鉱工業生産と設備稼働率のことでございます。米国の指標で、連邦準備制度理事会が、米国鉱工業生産の総額等の前月のデータを発表しております。 IPCUの数値につきましては、特定業界の購買であったり販売を促進する性質がございます。
ISM
製造業景況感指数のことでございます。経済全般の指数ではございますが、とりわけ製造業の状況が中心になります。米国の300社以上を集計しまして、生産であったり新規受注、雇用データ等の指標を作成いたします。
国際貿易
貿易支出のことでございます。輸入額と輸出額の差額を示しました数値でございます。輸入・輸出額等も合わせて見ること。
PPI
生産者物価指数のことでございます。製造業であったり鉱業、電気の公益事業と農業の販売価格の平均変動を表しております。
耐久財受注
耐久財を国内の製造業者が受注しました新規注文数等の指標のことでございます。この先の製造業を予測していくための大事な指標でございます。
要人発言
国の重要人物(大統領であったり総理、閣僚等)が発言しました内容のことでございます。発言内容によりましてデカく相場が動きますケースもあります。

FXに関連します法律・税金の基本用語

FXをおこなう上で、法律であったり税金は必ずかかってくる事柄ですので、把握していない事は必ずチェックするようにしましょう!
金融商品取引法
日本国内のFX業者につきましては国の認可・登録を受ける必要がある法律でございます。手数料がかかることであるとかリスクの表示を義務付けました法律でもございます。又、電話勧誘がかつては可能でありましたがこの法律でNGになりました。
金商業等布令
いろいろな内容がFXに定められておりますが、日本国内のFX業者につきましては信託保全をすることと、ロスカットの整備、証拠金の規制等がメインの内容でございます。
申告分離課税
申告をおこなった分に課税される税金項目でございます。日本国内FXのケースは一律20パーセントでございます。
確定申告
その年の利益・損失等生産活動に関わります諸項目をまとめて税務署に申告をおこなうことでございます。毎年1月1日から12月31日迄の所得に対しまして、翌年の2月16日から3月15日迄の1ヵ月間に提出する必要がございます。
雑所得
所得のうち、定められております項目に当てはまらない所得のことでございます。
累進課税制度
稼げば稼いだ分課税される税金項目でございます。海外FXにつきましては最低15パーセント、最大50パーセントがかかります。
繰越控除
損失が埋まらないケースに受けられます控除のことでございます。

FXの基本!わからないことにつきましてはすぐにチェックする!

FXビギナーさんたちに、ラストに自分自身が伝えたいことがあります。それは、FXををやろう!と考えてくださった事に対する感謝でございます。自身は自らの人生がFXで変化しました。良い方向に変えてくれたFXを、現在、あなた自身がやっている・やろう考えてくれた事。そのことがかなり嬉しいのです。ですので、いっぱい資産を増やしていただきたいと願っております。それについては、実践もすごく大事ですが、行なっているうちに生じたわからないことはすぐにチェックするということです。調べるってことは、これ以外のどのようなことでも基本であると自身は考えてます。調べて、実践に活かしますということが、FXでステップアップしていきますのに不可欠な1つの大事なことでございます。 ……こちらの記事を見てるってことは、そのことができてるってことだと思いますので今後も続けてください。