FXのポジションと申しますのは?決済するというのはどういったこと?

FXのポジションと申しますのは?決済するというのはどういったこと?

FXのポジションと申しますのは?決済するというのはどういったこと?

FXを開始して行くに際して、「ポジションを持つ・ポジションを保持する」というような言葉を耳にすると思います。これはFXのずいぶん基本な言葉でございます。FXを行なううえでは十中八九避けて通ることができません用語ですので、こちらの記事でしっかり把握していってくださいね。さほど難しくはないことでございますので、張り切って学習してまいりましょう!

FXのポジションと申しますのは?

FXのポジションと申しますのは、通貨を購入いたしましてそのまま持っています(保持しています)ことでございます。どうしてポジションを持ちますのかと言いますと、買いました時のタイミングで即売りましても、プラスマイナスゼロでございます。ですが、ポジションを持っておいたら、相場は常に変動しておりますので、買いました時よりも利益になりましたり損になりましたりするんですね。
買いポジションと申しますのは
買いポジションと申しますのは、買い注文の時に使います。例を挙げれば、ユーロと円のクロス円で通貨を扱うとしましたら……ユーロ/円の買いポジションをした=ユーロと円の買い注文をしましたってことでございます。
売りポジションと申しますのは
売りポジションにつきましては買いポジションと反対ですので、売り注文の時に使います。例を挙げれば、ユーロと米ドルのドルストレートを扱っていましたケースは…… ユーロ/米ドルの売りポジションをした=ユーロと米ドルの売り注文をしましたってことでございます。
ポジションの保有期間(期限)
ポジションは持っていますのみで損益に繋がりますのでしたら、利益になりますまでそのまま保持してましたらよいのでは?そんなふうに考えたヒトは素晴らしいです!ここにつきましてお伝えしていきますね。実のところFXにおいてはポジションの保有期限がございません。収益になりますまで待ち続けますと、損失が保証金よりも大きくなった場合にこのようなことが起こります。収益になります前に損失になりましてストップオーバーになる!さらに入金しませんとゼロカットシステムが発動しまして口座がゼロになります。また、売りポジションのケースはスワップがかかってくるので僅かずつでございますが資産が減っていきます……。そのような事を考慮すると……中上級者は別と致しまして、FXビギナーがポジションを長いこと保持し続けますのは、おすすめしません。

FXにおけます決済と申しますのは?

ポジションといった言葉と合わせまして、決済するといった言葉もFXでは出てきます。 FXのケースの決済と申しますのは、ポジションを終わらせる(解消する)といった意味を持ちます。一言で言えば、利益・損失を確定させる感じでございます。例を挙げれば、ドル/円でポジションを持ちました際に1ドル=100円だったケース。 1週間ポジションを持っていましたら110円になりましたので、下がる前に利益を確定させる時に「決済する」と申します。またはポジションクローズと申しますが、これも好みの方を使用してください。同様の意味でございます。自分自身は決済すると申しておりますが、クローズの方がなんだかかっこ良いですよね!決済後、口座に利益が反映されましたら、ようやく自らの資産になります。

FXは注文→ポジション→決済のサイクル

ここに至るまでの説明をご覧いただいてきてわかったかとおもいますが、FXにつきましては注文を行なって、ポジションを建てて、決済をおこない口座に反映されるということが一連のサイクルでございます。ですので、ポジションの間でいかに利益を作っていくか、損失をどの位防ぐことができるかが大切になってきます。