FXというのはギャンブルであるのか。FXのギャンブル性と依存性

FXというのはギャンブルであるのか。FXのギャンブル性と依存性

FXというのはギャンブルであるのか。FXのギャンブル性と依存性

皆さんはFXにつきましてどういう風にお考えでしょうか。「FXと申しますのはギャンブルだ!」と書かれておりますインターネットサイトであったりウェブログもいっぱいあるように思います。将来においてFXを行なって利益を得て行こうと考えている方からすれば、ちょっと足踏みしちゃうことになる言葉なのじゃないでしょうか? FXについては実際にギャンブルであるのでしょうか?

そもそもギャンブルと申しますのは?

そもそもギャンブルと申しますのはいかなるもののことでありますと考えますか?ちょっと考えてみてください。ギャンブルと申しますのは、どうなるかわからない不測のものに金銭をかけることでございます。ですので、答えについてはどなたにもわかりません。ツキのいい方が勝利して、ツキの悪い方は負けてしまうゼロサムゲームでございます。 win-loseの関係により、胴元が必ず儲けがあるとされております。それのみ耳にすると、絶対損に感じてしまうのございますが、勝利すればとてもデカく勝てることがございます。僅かな額のケースもたくさんありますが、負け続けましたところに時にはそういう様な勝ちゲームが来ますので、そのことが刺激になりまして、興奮を忘れられずにのめり込んでいってしまいます方が少なくないんです。よく言う依存になり易いというのがギャンブルでございます。海外ではギャンブル依存が問題になっております国もある位、大きな問題となっております。ギャンブルの存在全部がよくないとは考えておりませんが、自らの感情を上手にコントロールしつつ楽しむことが不可欠であると考えております。

それでは、投資と申しますのは?

それでは、お次に投資と申しますのはどういったものなんでありましょうか?さて、こちらでは自分自身が思います投資の話しをいたします。投資につきましてはギャンブルと異なって、勝ち負けではございません。確かに結果と致しまして勝ち負けはございます。しかしながら、不測のものに金銭を支払っていますわけじゃないです。パターンであったりルールがありまして、そのことを学習することである程度の予測ができまして、実践に活用することが可能なようになったら勝つ確率がアップします。その結果収益を手にすることが出来るのであります。これは自らがFXを行なっていまして思っていることでございます。ただ、投資といった面で見ますと、それが大事なことじゃないのです。社会(あるいは世界)が良くなりますのに、自らが手にした収入を社会に還元いたしますこと。そして還元いたしましたものの対価と致しましてリターンを得ます。言うなればwin-winの関係でございます。そのことが投資でございます。社会は人の心理と行動によりまして、良くなりますこともありますし、悪くなりますこともございます。投資は、その動きを見ながら社会の価値を買いましたり売りましたりいたします。そこで生じた差額で収益を手にすることが出来るのであります。例を挙げれば、株式投資なんてものがそうです。いいと考えた会社の株を購入して、その会社のリターンを得ます。もしその会社を自らがいいと考えなかったと致しましたら株を売却して、支払いましたものを返してもらう。 win-winと申しますか、パートナーみたいな関係でございます。 (ですので国内のFX業者ではなくて海外FXのXMTradingを使用しているというのもございます) ちょっと世間の投資の感覚と異なるかもしれないのですが、自分自身は投資につきましてはそういったものだと考えてございます。お互いが、そして社会が、世界が、 win-winの関係になりますのに金銭を使用したやりとり。そういった風に考えれば投資が良いものでありますと思いませんか?最低限ギャンブルには見えておられないのではないでしょうか。
ギャンブルと投資の相違
・ギャンブル:不測のこれから先に金銭を支払う。いずれかが勝利・いずれかが負ける仕組みお金を奪われる。勝利が時にはございますことにより興奮を得られますゲーム。
・投資:社会のために自らがいいと考えたものに金銭を支払う。win-winの関係お金を社会に還元いたしまして、そのリターンを得られるパートナーみたいな関係。
FXと申しますのはギャンブルであるのか?
では、FXと申しますのはギャンブルでありますのでしょうか?記事の流れより把握できる人も少なくないと考えられますが、結論より申しますと、ギャンブルではございません。どうしてなのでしょうか? FXと申しますのは国の通貨に対しまして投資を行ないます。どういったことかおわかりですか? FXと申しますのは、国同士の通貨を使用いたしまして、自らがいいと考えた国の価値に、自らの得ました収入を還元するのであります。国、ひいては世界を良くしますための投資でございます。ただ、FXのケース、リターンは国同士の通貨の取り引きをおこなった際の差額しかございません。ですので、相場の動き=その国の動きを把握しつつ、通貨の差で収益を上げいくのでございます。 ……ちょっと簡単ではないかも知れませんのですが、良い国のために自らのお金を還元致しまして、良い相場と悪い相場の時の差で収益(リターン)を受けていく投資がFXでございます。ですから世界と自らがパートナー! FXを通じまして自らも世界との関係を作っていけます投資。そのことがFXの本質でありますと考えています。

FXのギャンブル性と依存性につきまして

FXのギャンブル性と依存性といったところにつきましてお伝えしていきます。それより先に、FXがギャンブルになってしまいます方の特徴をお伝え致します。 FXがギャンブルになってしまいます方にはこのような特徴がございます。
FXが投資なのだということを忘れ去ってしまいました方(知らない方)
勝ち負けのみのツールになっている方
FXにつきましての学習をおろそかにした方
ただ金銭を儲けたいのみの方
元来ギャンブルが好きだというような方
こういった方たちは、FXがギャンブルであると考えて居りますケースが少なくございません。前の方にてお伝えいたしましたように、FXはギャンブルではございません。投資でございます。投資でありますからこそ、その国につきましての学習であったりFXにつきましての知識が不可欠になってくるのです。そのことを怠りましたら、当然チャートを見まして、完全に当てずっぽうで金銭を払うことになってしまいます。そのような状況は、丸っ切りギャンブルでございます。当たりましたらデカく、負けましてもデカく。 ……ずいぶん刺激的でございます。人間はそのような感情の刺激を無意識的にいい気持ちと感じます。その刺激を忘れることができませんで止め処なくのめり込む。依存のスタートでございます。ギャンブル依存より脱出するっていうのはとても多くの時間と金銭と労力が必要でございます……。 FXにつきましてはギャンブルではありません。何回もお伝えしておりますが、世界と、国と、自らと、皆がハッピーになりますための投資でございます。自分自身はこちらのウェブログを読んでいます方にギャンブル依存になっていただきたくございません。 FXがギャンブルであるとも考えていただきたくございません。そうなりませんようにしていきたいと考えております!
FXがギャンブルになりませんためには
FXがギャンブルになりませんために、どうするかをお伝えしていこうと思います。自身のウェブログは精神論が少なくないなぁと思う方もたくさんいるかもしれません。しかし、FXもどれもこれも、まずは心・在り方が重要であると考えています。そうじゃないと、ブレちゃうからでございます。何かございました際にFXがギャンブルに陥ってしまいかねない。それは嫌なのであります。ですので、FXビギナーさんたちに向けまして、精神論を踏まえつつ、自分自身が把握してきた知識を提供しております。FXがギャンブルに陥らないのにできます事。そしてギャンブル依存になりませんためにしていただきたいことをお伝え致します!そのことはずいぶんイージーです。 ひとつ目。貴方がなぜFXを行うのかをはっきりさせる事。そしてそのことについてを曲げない事。もしかしたら、FXを行なっている間にさまざま学習して、途中でそのわけが変わってしまう可能性もありますが、出来る限りブレないことでございます。 ふたつ目。 FXの本質につきましては何なのかを把握する事。そのことを踏まえましたうえで、取り引き通貨を決定する事。 みっつ目。取り引き通貨に選んだ国同士の学習をする事。 FXの知識・技術を学習する事。わずか3つ。この3つを忘れなかったら、FXがギャンブルになりますことはございません。もしそうなってるかも……と考えた際は、この3つを思い出してみてください。きっとアナタの力になると思います。