FXと申しますのは?海外FXと日本国内FXの違いを説明

FXと申しますのは?海外FXと日本国内FXの違いを説明

FXと申しますのは?海外FXと日本国内FXの違いを説明

FXをスタートしよう!そのように考えたはいいものの、FXというのはなんだろう? 日本国内FXと海外FXが存在するの?とさっぱりわからないことばかりのFXビギナーも少なくありません。事実、自分自身にしてもそのひとりでございました。「これだ!」というようには考えていたのですが、本当に大丈夫なのだろうか?といった気持ちがございました。そのようなFXビギナーでありました自分自身も、試行錯誤はあったのですが、現在では仕事のサラリーを上回る資産を毎月着々と増加しております。

FXと申しますのは?ビギナーが把握しておく一番基本的なこと

さしあたって本当に一番基本的なことでと言える、FXと申しますのは?といったところから把握してまいりましょう。
FXと申しますのは
FXと申しますのはForeign eXchange margine tradingを短くしたものです。日本語であれば「外国為替証拠金取引」と申します。言葉を一つ一つ詳細に観て参りましょう。
外貨為替→異なる国同士の通貨の売り買いをおこなう事
証拠金→FXをおこなうのに担保としまして預けますお金の事
(証拠金)取り引き→証拠金を使用いたしまして何倍から何百倍の差額決済(取り引き)をおこなう事
すなわちFXと申しますのはひとことで言えば、証拠金を使用いたしまして異なる国同士の通貨の売り買いをおこなって利益を得る投資!ということでございますが、どうしてそれで利益が出ますか不思議だと考えませんか?
FXで利益が出ますわけ
FXの事はちょっと置いといて、米国であったりハワイトラベルをおこなうという事を思い描いてみてください。米国を訪れる際に米ドルを用意して行くと思います。そして、帰国する際はアメリカドルを日本円にしますよね。お金の価値につきましては日々刻々と変化しております。米国に出かけた際は1ドル100円で10000円を換金しましたら100ドルでありました。日本に帰国しました際は1ドル120円で100ドルを換金しましたら12000円になりました。そうすると2000円の利益になります!旅する際っていずこで・いずれのタイミングで換金をおこなおうかなって考慮する方もいらっしゃると思われます。それはなぜかというと、上記をほぼ無意識で理解しておりますからであります。 (スクール学習・トラベルが気軽に行けますようになりました世の中、ありがたいですね) このでかい金額版がFXであります。トラベルの両替的みたいなイメージなのですね。そのように考えればイージーな気持ちがしてこないですか?両替と同様でFXもいずれの業者を使用するか、いずれのタイミングで決済をおこなうかが大事です。

日本国内FXと海外FX7つの相違を説明!

日本国内FXと海外FXといった言葉につきましては耳にしたたことがある方も少なくないかもしれないですね。日本国内FXと海外FX、いずれを使用するかで結果が違ってきます。ですので、FXビギナーの皆様!これだけは、この相違のみにつきましては、こちらで把握していって下さい。そのぐらい大事なことですので、ノートの準備を忘れずに。
日本国内FXと海外FXの相違
日本国内FXと海外FXの相違はずいぶんイージーです。日本国内FXにつきましては国内のFX業者を使って取り引きをやること。海外FXにつきましては海外のFX業者を使って取り引きをおこなうこと。単に日本国内の業者を使用するか、海外の業者を使用するかの相違なだけでございます。しかしながら、それのみではないのが日本国内FXと海外FX。いろいろな点で相違があります。詳細に相違を説明いたしますと、大よそ50を上回る相違があります!とはいいつつも、いきなり50個も知識が多くない中で説明されますというのは苦行に過ぎないと考えられます。ですので、まず把握しておきますべきは7つの相違。この相違が、運命の分岐点であります!それじゃお伝えして行こうと思います。
1.日本国内FXと海外FXの相違①…取り引き方法が異なる!
はっきり申し上げてしまいますけれど、国内のFX業者は投資家が損失すれば損失する程儲けになります!言い方が良くありませんのですが、口座開設をおこなってくれた投資家につきましては「カモ」のような感じで扱われます。ひどいと思うのですが、わけがありましてこういった言い方をしております。どうしてかといえば、日本国内FXと海外FXは取り引き方法が異なるからでございます。大方の日本国内FXはDD取引(ディーリング・デスク)というような手法で取り引きをおこないます。 (DD取引だけじゃなく、OTC方式・相対取引というふうにも申します) この取り引きのやり方につきましてはオーダーを呑む形で取り引きが進められるので、FX業者は通貨を払っておりません。ですので、勝ったならば投資家が儲かりまして、負けたならばFX業者が儲けになります。オーダーがそのままFX業者の収益になりますのであります。何となしにずるい感じがしませんか?このやり方にちょっぴり胸を痛めております日本国内FX業者も存在してまして…… そのケースは、購入金額の何割かを充てるカバー取り引きなんてものを採用しておりますが、結局負けた場合は収益になりますということは変わりございません。仮に日本国内FXをおこなうのであればそのようなFX業者を選択する方がいいかもしれません。じゃあ海外FXは?と申しますと、NDD取引(ノン・ディーリング・デスク)を採用しております。これはオーダーに対しまして100パーセント買い付けをしていますので、投資家が負けましたらFX業者も負け、勝ったならばFX業者も勝ちになります。ですから、海外FX業者は投資家に「勝利していただきたい」と考えております。負けてほしいと考えてる日本国内FX業者と勝利してもらいたいと考えてる海外FX業者でしたら、いずれを選択するかといえば……無論はっきりしてますのではないでしょうか?
日本国内FXと海外FXの取り引きの相違
日本国内FX:DD取引(ディーリング・デスク) 投資家が負けましたならば負けたました程FX業者が儲かる
海外FX:NDD取引(ノン・ディーリング・デスク) 投資家が勝ちましたならば勝ちました程FX業者が儲かる
2.日本国内FXと海外FXの相違②…安心感・信頼度が異なる!
出来るだけ日本国内FXを使用したい!!どうしてかって言うと安心感も信頼もできますから!!このことはFXビギナーのどのような人も考えることと思います。日本国内FXのケース、知名度であったり認知度のおっきいFX業者を使用することと思います。どんな人でも聞いたことがある業者でありますし、金融庁に登録されております。それのみで十分安心することができますし、信頼もできるというわけですよね。そのうえ信託保全が義務化されております!信託保全と申しますのは信託分別管理というふうにも呼ばれておりますFX独自のシステムでございます。どういったものでありますかと申しますと、日本国内FXの業者は業者の資産と自らの投資の資産を分けまして管理しておいてくれるのでございます。ですので、FX業者が何かございました際に範囲内で資産を返金してくれます!
※しかしながらこちらよりは請求できない、それと元本を保証いたしますものじゃないということは気をつける必要があります。
とてもあり難いですよね!そのシステムを日本国内FXの業者は義務付けられましておるのでございます。自分自身がFXをスタートした際は、いの一番に日本国内FXに決定しました。「国内」ブランドこれ以上ない!とても信頼がおける!と考えておりましたからであります。海外FXのケースは、信頼が可能な業者もある一方で不可能な業者がございます。数多くの海外FX業者につきましては何処かの国のライセンスを持っておりますが、中には無登録の業者もあります。海外FX業者を選択する際は、国内で名の知れた業者にいたしますことをおススメいたします。日本人がたくさん使っている=日本人に信頼のある業者なのであります。 (ついでに申しますと自分自身は信託保全をしてるXMTradingを絶賛オススメしております)
日本国内FXと海外FXの安心感・信頼度の相違
日本国内FX:安心感・信頼度につきましても◎ 信託保全が義務化されましております。有名・よく知られている日本国内FX業者を選択する事
海外FX:安心感・信頼度につきましては日本国内FXに劣るのですが、ライセンスを所持して居ります業者につきましては安心国内でよく知られている業者がおススメ
3.日本国内FXと海外FXの相違③…レバレッジ規制が異なる!
レバレッジ?といきなり登場してきて知らないといったFXビギナーさんにイージーに説明致しますと、レバレッジと申しますのは証拠金の何倍から何百倍を上回るでかいお金を動かせますシステムのことを申します。「てこ」みたいなシステムですのでレバレッジと申します名がついたのでございます。このレバレッジの倍率が高ければ高い程、でかい資産を生み出せるのでありますが…… 日本国内FXのケースでは、個人トレーダーにつきましては最大でございましても25倍であります。国内ではレバレッジに対します規制が存在するため、いずれも25倍なのですね。 25倍だったとしましても十分大きいでしょうか?海外FXにつきましては驚いてしまいますが最大3000倍が可能でございます!日本国内の120倍!!海外FXにつきましてはレバレッジ規制の対象外ですのでこの倍率になってございます。
日本国内FXと海外FXのレバレッジの相違
日本国内FX:レバレッジ規制対象。最大25倍コツコツ利益を手にしたい方向け
海外FX:レバレッジ規制対象外。最大3000倍デカく利益を手にしたい方におススメ
4.日本国内FXと海外FXの相違④…追証(おいしょう)が異なる!
新たに頭に入れる言葉が増加していくのですが、追証(おいしょう)と申しますのは、「証拠金(保証金)が足りなくなりましたので追加してくれ!」といった、追加補償金を短くしたものです。読み方につきましては決してついしょうじゃありませんので注意しましょう。ちょっぴり簡単ではないのでもうちょっと詳細に伝えてまいります。 FXにつきましては証拠金を担保として数倍、数十倍、数百倍というでかいお金を動かせますレバレッジというようなシステムがございますっていうのは、前の方にてお伝えいたしました。しかし、それが間違いなく収益になりますってわけじゃございません。例をあげればですのでざっくり申しますが、2万円を預けまして300倍のレバレッジをかけますと、600万円分の取り引きが出来ます。そして、アメリカドルが120円の際に5万ドル(600万円分)購入しましたといたします。少し経ってアメリカドルが100円になりましたら5万ドルは500万円になってしまいます。すなわち、100万円マイナスを被ったことになるのでございます。 100万円分は300倍のレバレッジがかかっておりますので、100万円÷300=おおよそ3333円が証拠金より引かれることになります。仮にその間に別の取り引きもおこなっておりまして、保証金が5000円だけしか残っておりませんでしたら、FX業者よりマージンコールというようなものが入ります。マージンコールと申しますのは「うちの会社が設けております損切りラインが近くなってるので、損切りをされたくなければ追加で証拠金の入金をおこなってください」といった呼びかけであります。 FX業者が各々設けております損切りラインになりましたタイミングで取り引きがおこなえなくなることを強制ロスカットと申します。そうなってしまったら、これまでの取り引きが無駄になってしまいますので、マージンコールをしてくれるのであります。ただ、このマージンコールが間に合いませんで、強制ロスカットも間に合いませんような損失が出てしまいますと、一時的にFX業者がその損失を負担してくれます。一時的にでございまして、証拠金を上まわる損失につきましては、後からFX業者より損失分の請求がきます。このような仕組み・システムが「追証」でございます。たぶんたくさんの方がリーマンショックの際で経験しておりますし、この頃でしたらトルコリラで経験しております方もいるのではないでしょうか。こういった話しを耳にしたら、FXはハイリスク!マズイ!危険だ!!と考える方もいらっしゃると思います。しかしながらそれがありませんとFX業者も困りますのでやむを得ないのではないかというふうにも考えます。追証、正直なところツライものではございますのですが、レバレッジがありますからデカく利益を手に出来るので、即座に止める!と考えるっていうのは尚早といったように思います。それに、この追証と申しますのは日本国内FXにしかございません。海外FXにおいては追証はございません。マイナスになりますとFX業者がゼロにリセットしてくれます。このことを「ゼロカットシステム」と申します。
日本国内FXと海外FXの追証の相違
日本国内FX:追証あり。証拠金がマイナスになりましたら自らで払います必要がございます
海外FX:追証なし。証拠金がマイナスになりましたらゼロカットシステムで保証金が0円にリセットされる
5.日本国内FXと海外FXの相違⑤…スプレッドが異なる!
再び容易ではないと申しますか、わかりづらい言葉が出てまいりました。スプレッドと申しますのは、買いました際の為替レートと売りました際の為替レートの差のことでございます。もうちょっとわかりやすくお伝えいたしますね。つまり「うちのシステム使用してるんだったら売買おこなった際に手数料払いな」ってことでございます。俗にいう利用料金でございます。払いたくない、可能だとしたら手数料が低いほうが好ましいといった心のうちは理解できますが、FX業者は独力ではとうてい作り得ないシステムを使用させてくれております。そこには、人件費であったりサーバー代であったり維持費であったり…… なんだかさまざまかかってございます。ですからその利用料を為替レートに上乗せして居りますのでございます。とてもでかい金額じゃございませんが、取引をおこなう額がでかくなったケースは何百円から何千円かかります訳でございます。これを取引をおこなうごとに引かれますので、スプレッド幅が狭い方がおトクでございます。スプレッド幅につきましては日本国内FX業者の方が狭く、海外FX業者の方が広いです。業者によりまして相違しますが、3倍以上相違するなどといったこともございますくらいですので、日本国内FXのスプレッドの狭さにつきましては優秀であるとも申せます。しかしながら、海外FXにおきましてもスプレッドが狭い業者はございますから、セレクトして利用することをオススメいたします。
日本国内FXと海外FXのスプレッドの相違
日本国内FX:スプレッドが狭くて優れている
海外FX:スプレッドが広い
6.日本国内FXと海外FXの相違⑥…プラットフォームが異なる!
日本国内FXと海外FXはプラットフォームの仕様が異なります。とりわけ日本国内FXのケースは、業者によりまして各々違ったプラットフォームを使用しておりますので操作性であったり利便性にいくぶん欠けます。海外FXのケースはMT4(Meta Trader4)といったプラットフォームを大方の業者が採用しておりますので、使用方法さえ把握してしまえば操作し易いプラスの面がございます。
日本国内FXと海外FXのプラットフォームの相違
国内FX:業者によりまして相違する
海外FX:多くがMT4を採用している
7.日本国内FXと海外FXの相違⑦…税金が異なる!
このことにつきましては、ずい分大事です!「ビギナーなので大丈夫でしょ」という軽い気持ちはダメでございます。税金を納めないとお縄になりますこともあり得ますので! FXを行うことによってお金を稼いでおりますため、海外FXを行なっても日本国内FXを行なっても税金につきましてはかかります。 日本国内FXはどれだけ稼ぎましても一律20パーセントであります。申告分離課税といった税項目になります。計算もイージーです。しかしながら、海外FXは累進課税対象項目ですので、利益を手にしたら利益を手にした分税金がかかります。雑所得といった項目になります。ビックリするのはその税金であります! 15パーセントでございましたらまだしも、1800万円を上まわるケースは50パーセント!330万円以下ならば20パーセントですので、日本国内FX同様の税率になります。海外FXにおきまして資産を作りたいのだけれど節税したいなという様に思っている方は、収益が330万円を上回らないようにしますことをおすすめいたします。また、海外FXであったり日本国内FXを行なって収益を得たケースは確定申告をおこなう必要がございます。
日本国内FXと海外FXの税金の相違
日本国内FX:申告分離課税で一律20パーセント
海外FX:雑所得による累進課税制度で15パーセントから50パーセント

FXにつきましては奥ふかい!

FXと申しますのは?といった所から、海外FXと日本国内FXの相違をお伝えいたしました。 FXビギナーさんであったり、将来においてFXをスタートしようと考えているヒトは、見慣れない言葉のみで簡単ではなかったと考えられます。はじめは大変かもしれませんですが、こちらのウェブログを何回も目を通してみましたり、FXを実践したりやっていくうちに徐々に把握していきます。収益をあげ始めた際には、「そういった事であったんだ!なるほどね」って思いますことが増加していくだろうと思います。 FXにつきましては奥ふかいんです。
PS. 日本国内FXと海外FXを使用するのであれば、断然海外FXをおすすめいたします。追証がございませんし、プラットフォームも整っておりレバレッジも高いことから、ハイレバレッジといった手法を使用して利益を手にしやすいです。 (最たるわけは自らが日本国内FXで失敗しましたからでございますが……) とりわけXMTrading(XMトレーディング)は日本語対応でサポートにつきましても24時間体制、信託保証制度がございますのでオススメしたい海外FXの業者でございます。